「とある魔術の禁書目録」の名言まとめました

アニメ「とある魔術の禁書目録」の名言をまとめていきます。

とある魔術の禁書目録

1話 学園都市

「お腹へったって言ってるんだよ!」
「ねえ! お腹一杯、ご飯を食べさせてくれると嬉しいな!」

アパートのベランダに突然現れた、白い修道服を着ている少女。
驚く当麻に対して、お腹へったアピールを繰り返す。
これが「禁書目録(インデックス)」との出会いになる。

 

「そこはかとなくバカにしてるね?」

インデックスは当麻に魔術結社に追われていることを話し出す。
理解できず適当に返事する当麻に対し、バカにされた気になるインデックスだった。
当たり前のように話していくが、全然当たり前ではない話。

 

「神様を信じてもいなさそうな人に、神様の奇跡だって打ち消せますとか言われても~!」

自分の右手には神の奇跡でも打ち消せる力があると話す当麻。
信じないインデックスは、さっきの件もあるのでバカにする。
しかしこれにより、あるトラブルが起こる。

 

「じゃあ、私と一緒に地獄の底まで着いて来てくれる?」

追手が来るからと言って、出ていこうとするインデックスを止める当麻。
その時に不穏なことを話し、去っていくインデックスだった。

2話 魔女狩りの王(イノケンティウス)

「地獄の底まで着いて行きたくなけりゃあ」
「地獄の底から、引きずり上げてやるしか、ねえよな!!」

ある作戦を思いついた当麻は引き返してくる。
ステイルの魔術を封じ込めた当麻は、怒りをもってステイルをぶっ飛ばす。
当麻の攻撃は、基本的に拳での直接攻撃。

 

「魔術っていうのは、君たちみたいに才能のある人間が使うためのものじゃないんだよ」
「才能の無い人間が、それでも」
「才能のある人間と同じことがしたいからって
生み出されたのが、魔術」

学園都市に通うような超能力が使える生徒には、魔術は使えないと話すインデックス。
それは魔術自体の由来によるものだった。

 

3話 必要悪の教会(ネセサリウス)

「良かった、背負わせることがなくて」
「ここで私が死んだら、あの人に背負わせちゃうかもしれないからね」

回復魔術は無事に成功するが、体力自体は回復しないインデックス。
月詠先生に抱えられながら話したのは、当麻への心遣いだった。

 

「なにげに格好いい台詞を吐いて誤魔化そうたって、先生は許さないですよ~!」

協力するため事情を聞く月詠先生に対して、巻き込みたくないため話さない当麻。
格好いい台詞だが、誤魔化されたように感じる先生。
ただ立場ある人に対しては、あまり深く話せないのも事実かも。

 

「知りたい?」
「私の抱えてるもの、ホントに知りたい?」

当麻に魔術の怖さを話していくインデックス。
それでも知りたいかと問いかける姿は、祈るような感じだった。

 

「十字教なんて元は一つなのに、どうしてこんなに分かれちゃったんだと思う?」
「宗教に政治を混ぜたからだよ。分裂し、対立し、バラバラの道を歩くことになった」

自分たちが所属する宗教が、バラバラになった理由を問いかけるインデックス。
分からない当麻に対し、宗教が政治と一体になった弊害を話していく。
初めは純粋だったとしても、力を持つと組織の理論が働いてしまう。

 

「10万3千冊は、全て使えば世界を例外なく捻じ曲げることが出来る」

当麻に対して、自分の持つ魔術知識の意味を話すインデックス。
それは1人の少女には重すぎるものであり、当麻は怒りをあらわにする。

 

4話 完全記憶能力

「魔法名を名乗る前に、彼女を保護したいのですが?」
「何度でも問います」

当麻の前に現れた神裂火織は、インデックスの引き渡しを要求する。
断る当麻に対し圧倒的な力を見せつけるが、攻撃自体はわざと外していく。

 

「それに何より、私は魔法名すら名乗っていません」
「名乗らせないで下さい、少年。私はもう、二度とあれを名乗りたくない」

実力差を感じながらも突っ込んだ当麻だが、近寄ることすら出来ない。
改めて話しかける神裂だが、魔法名を名乗らない理由は分からない。

 

「けど、その時のことは、あんまり突っ込んで欲しくないかも」
「意識がない時の声って、寝言みたいで恥ずかしいからね」
「それに、何だかどんどん冷たい機械になって行くみたいで、怖いんだよ」

魔術を発動した時、自分の記憶が無いことを話すインデックス。
さらに頭から魔術書を読み解く機械のようであり、自分自身で嫌っていた。

5話  十二時(リミット)

「何の実績も持たないあなたの賭けは、信用できません」
「それは努力でも挑戦でも無い。無謀という一言に変換できませんか?」

神裂から魔術ではインデックスを救えないことを聞いた当麻は、科学の可能性を問いかける。
しかしリミットまでは数時間であり、当麻の言葉は可能性に過ぎない。
その点を指摘する神裂は、冷静に当麻の言葉を否定する。

 

「結局、分かり合うことなんざ出来ねえんだな」
「上等だ。それじゃ潰すぜ、宿敵!」
「あいつを助けて、てめえの見せ場を全部横取りしてやるかならな!」

神裂とは分かりあえないとの結論を出す当麻。
全てを助けると宣言するが、現在の所はアイデアすら持たない。

 

「最後に、素敵な悪あがきを」

当麻の宣言を聞いた神裂。
聞き流し状況を伝えた後、最後に当麻に語りかける。

 

「それでも出来るか、あの子の前で?」
「これだけ苦しんでいる女の子の前で取り上げることが出来るのか?」
「そんなに自分の力を信じているならやってみろ」
「ヒーロー気取りのミュータントが!」

リミットが訪れても、記憶を消すことに抵抗する当麻。
しかしインデックスは目も開けれないほど苦しみは進行している。
ステイルは儀式に必要な十字架を、当麻の眼の前に出して問いかける。
当麻が触れば儀式を中止に出来るが、その決断は出来なかった。

 

「ヒーロー気取りじゃねえ。ヒーローになるんだ!」

インデックスに何らかの魔術がかけられてると判断する当麻。
自分の持つ右手の力で、インデックスを助ける行動に出る。
しかし簡単には行かず、イレギュラーな状況が展開される。

 

6話 幻想殺し(イマジンブレイカー)

「冷静に考えてみろ」
「禁書目録なんて、残酷な役目をこいつに背負わせやがった連中が」
「てめえら下っ端に、心優しく真実を全部話すとか思ってんのか!」

魔術を使えないはずのインデックスが魔術を使う姿を見て、驚きを隠せないステイルと神裂。
当麻は目に見える現実を語り、魔術教会の問題を指摘する。
言葉に実績がついてくると、当麻のうざさも軽減される。

 

「お前らだって主人公の方がいいだろ。脇役なんかで満足してんじゃねえ」
「命を賭けて、たった一人の女の子を守りてえんじゃないのかよ!」

状況を把握できず、判断に迷うステイルと神裂。
インデックスの攻撃を食い止める当麻は、2人に対して本心を問いかける。

 

「そりゃ、決まってますよ。心に、じゃないですか」

インデックスの件により脳に致命的なダメージを受けた当麻は、記憶を失ってしまう。
しかしインデックスには、記憶が残っていると嘘をつくことを決めた当麻。
全て忘れているが、心の片隅に気持ちだけが残っていたのだった。

 

7話 三沢塾(かがくすうはい)

「確かに禁じられているけれども、しかしあくまで修行中の身なので」
「完全なる振る舞いを見せることは、まだまだ難しかったり難しくなかったり」

アイスの看板を見続けるインデックスだが、修行中の身なので嗜好品は禁止されている。
その通りに解釈する当麻に対し、自分に都合よく解釈するインデックス。
食べ物のことになると、インデックスの思考回路は自分中心となる。

8話 黄金錬成(アルス=マグナ)

「戦う理由が増えたみたいだ」

ある目的を持つ三沢塾に入った当麻とステイルは、ローマ正教騎士の死体を発見する。
驚く当麻に状況を説明するステイルは、これからの戦いに理由を一つ追加する。

 

「それにしても、あの錬金術師も歪んだものだ」
「血路とは他人ではなく、己を切り開いて作るものだろうに」

当麻とステイルは三沢塾の中で、生徒から攻撃を受ける。
その攻撃は生徒本人を傷つけるものであり、結果を見たステイルは嫌悪感を示す。

 

「だから約束した」
「殺すためでなく、助けるために、この力を使うって」

三沢塾の中で出会った巫女服を着た少女・姫神秋沙。
吸血鬼を呼び寄せて殺してしまう、「ディープブラッド」の力を持つ。
錬金術師アウレオルスに力を貸し、憎むべき自分の血を解放しようとするのだが。

 

「結局、最後の最後にきさまはディープブラッドにすがり、頼り、願った」
「そこに私と何の違いがある?」

アウレオルスに攻撃を受けそうになる当麻は、秋沙により救われる。
さらに秋沙の力を頼ろうと考えた時、アウレオルスは当麻に問いかける。

 

9話 吸血殺し(ディープブラッド)

「てめえが何でも思い通りに出来るってんなら」
「まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!」

アウレオルスは状況の変化により秋沙が不要になったため、早々に排除する。
しかしその行動を止めた当麻は、怒りを持って対決を決意する。

 

「助けるのに理由なんていらねえだろ」

戦いも終わり、入院している当麻の所にお見舞いに来る秋沙。
自分を助けた理由を問いかけた時、当たり前のように話す当麻だった。

 

10話 お姉様(みさかみこと)

「知ってるわよ。裏技があんのよ」
「お金入れなくても、ジュースが出てくる裏技がね」

当麻は自販機にお金を入れたが、ジュースもお釣りも出てこない。
そこに現れた美琴は不穏なことを話しながら、ステップを踏み蹴り飛ばす。
ちなみに短パンです。

 

「女子校なんてそんなもんよ」
「女の子に対して、夢見んなよ!」

眼の前の光景に驚く当麻は、美琴に問いかける。
美琴は性格のサッパリ(単に雑?)した少女だった。

 

11話 妹達(シスターズ)

「問題です。この俺、一方通行(アクセラレータ)は」
「果たして何をやっているでしょう?」

なぜか御坂妹に銃で撃たれているアクセラレータ。
しかしその弾丸は御坂妹に跳ね返り、不敵に問いかけるアクセラレータだった。

 

「変態とは聞き捨てなりませんね」
「人間、人には言えないものの、心の中ではこんぐらいオッケーと考えているものです」

美琴の女子寮に来た当麻は、相部屋の白井黒子の許しを得て部屋に入る。
その時になぜか美琴のベッドでゴロゴロしている黒子。
「変態?」と問いかける当麻に対し、自分に都合のいい解釈を話し出す。
黒子は美琴の後輩であり、憧れのお姉様として常にベタベタしている。

 

「前任の同居人には出ていってもらって、わたくしが代わりに入ったんですの」
「あくまで合法的に!」

後輩なのに相部屋なのが不思議に思う当麻。
黒子は悪い顔で理由を語っていく。

12話 絶対能力(レベル6)

「あの子達ね、自分たちのことを、実験動物って言うのよ」
「それがどういうことなのか、正しく理解しててね」

実験を知っていることを美琴に問い詰める当麻。
美琴もいろいろしているが、実験を止めさせることが出来ない現実を語る。
そして御坂妹たちのことを話す表情は、いつもと違い寂しげだった。

 

「あいつらが死んでもいい存在だなんて思わねえ」
「だからって何か他に方法があるって訳でも無い。それでも嫌なんだ!」

御坂妹たちの実験を止めるため、アクセラレータと戦うことを決めた美琴。
戦いに向かおうとする美琴に立ちふさがる当麻。

 

「戦う気があるなら拳を握れ。戦う気が無いなら立ちふさがるな!」
「半端な気持ちで人の願いを踏みにじってんじゃないわよ!」

美琴を行かせない当麻だが、戦わないという選択をする。
その中途半端な行動に、美琴は怒りを爆発させる。

 

13話 一方通行(アクセラレータ)

「レベル0が存在するってことは」
「つまり、まだ解明されていない法則があるってことですから」
「それこそが、システムにつながる鍵かもしれないのです」

学園都市のシステムを使えば、誰でもが能力を開発できると話す月詠先生。
しかし実際にレベル0で居続ける当麻の存在。
開発されないからこそ、逆に発展の可能性を話していく。

 

「ダメだよな~。そんなんじゃ、全然ダメだ」
「そんな最強じゃ全くつまんねえ!」
「俺が目指しんてんのは、その先なんだよ」
「挑戦しようと思うことがバカバカしくなるくらいの」
「戦おうって思うことすら許されねえほどの、そんな無敵な存在なんだよ!」

戦い開始まで少し時間があるため、話をするアクセラレータと御坂妹。
既に最強なのに御坂妹は、さらに強さを求めるアクセラレータを理解できない。
その時にアクセラレータは、戦い勝利する以上を求めていることを語りだす。

 

「おっせーな!」
「お前そんな速度じゃ、100年おせえつってんだよ!」

御坂妹の戦いの場に来た当麻は、助けることを約束する。
そして殴り掛かる当麻だが、あっさりアクセラレータに撃退される。
もちろん主人公なので、致命傷はなぜか受けない。

 

「狩人を楽しませるなら、狐になれ!」
「食われるための豚で止まってんじゃねえぞ、三下!」

当麻のあまりの弱さに、呆れるアクセラレータ。
見下すようにして奮闘に期待する。

 

14話 最強VS最弱

「負けたことが無い、ね」
「あらゆる敵を一撃で倒し、どんな攻撃も反射する」
「そんな奴が、ケンカのやり方なんか知ってるはずがねえよな!」

当麻の右手のパンチに対応できないため、焦りを見せるアクセラレータ。
純粋なケンカには自信のある当麻は、立場を逆転しアクセラレータを追い詰める。

 

「何だかね、勝手なことかもしれないけどさ」
「それでも...それでも私は、きっとあんたに生きて欲しいんだと思う」

一度は優位に立ったが、遠距離攻撃に徹するアクセラレータは当麻を追い詰める。
現れた美琴は通じないのを知りながら、アクセラレータに攻撃姿勢をとる。
それは自分を犠牲にする覚悟の上だった。

 

「歯を食いしばれよ、最強」
「俺の最弱は、ちっとばっか響くぞ!」

再び立ち上がる当麻に対して、能力を知らないアクセラレータは接近戦をしてしまう。
待ってましたとばかりに当麻は、右手の拳でなぐりつける。

 

15話 御使堕し(エンゼルフォール)

「はあ、うっとおしい」
「無礼にして品性下劣なその態度。あなたは少しも成長していませんね」

海に来ている当麻は、人々の外見が入れ替わる不思議な現象に遭遇する。
そこに現れるロシア教会のミーシャ・クロイツェフは、当麻を突然攻撃する。
さらに現れる土御門と神裂は仲裁に入る。
訳も分からず叫ぶ当麻に対し、神裂は冷たく言い放つ。

 

16話 父親(かみじょうとうや)

「こればっかりは、当人じゃないと分からない」
「けど、上やん。幸運な奴ってのは、どんな気持ちなんだろうな?」
「常に、たった一本しかない当たりくじを引いてしまうってことは」
「周りに絶対にハズレを引かせちまうんだぜ」

自分のことを不幸と話す当麻に対して、神裂の前では言わないようにと話す土御門。
神裂は数少ない「聖人」として、幸運に恵まれてるゆえの悩みを持つ。
自分の権利として受け入れられればいいのだが、逆に考えてしまうと。

 

17話 大天使(かみのちから)

「私は何も、無駄死にするつもりはありません」
「かつて私の前であの子を救った時のように、今度は私の命を救ってもらえると助かります」

敵の正体が分かり立ちはだかる神裂に対し、自分も戦うことを告げる当麻。
しかし神裂は自分が戦う代わりに、当麻には別の目的を依頼する。

 

「思えば何と無謀な」
「この身を十字教に置く以上、同じ十字教の天使を倒すことなど、出来るはずも無いのに」

圧倒的な力を持つ神裂だが、相性も含め勝利は望めないことを自覚する。
しかし日本独自の天草式十字凄教の使い手でもあるので、活路を見出そうとするのだが。
なぜか当麻が関わらない実力者同士の戦いは、非常に面白く感じるのだが?

 

「寝ていろ、素人が!」

土御門はあることを当麻に告げたため、2人は敵対関係?になる。
周りを守るために戦う当麻だが、純粋な格闘を得意とする土御門はあっさりと撃退する。

 

「そんな願いは聞き入れられないにゃ」
「上やん。俺って実は、嘘つきなんだぜ!」

当麻と敵対しているように見えた土御門。
しかしそれは全てある作戦のためだった。
チャラく見える土御門だが、個人的には本作屈指の好きなキャラの一人。

 

18話 偽者(レプリカ)

「あいつは、無自覚でああいうことを言う奴なのよ」
「別に、私が特別って訳じゃないんだから」
「勘違いって分かってんだけど。紛らわしいのよ、あのバカ!」

美琴に関係する敵と戦う当麻は、戦いの後にある言葉を話す。
それを隠れて聞いていた美琴は、自分の気持ちを確認する。

 

19話 打ち止め(ラストオーダー)

「上条って奴との一戦以来、どうやら俺は学園都市最強では無くなっちまったらしい」
「俺がレベル5であることも、能力にも一切変わりは無いっていうのに」
「何度証明したって、バカどもがこの俺に貼ったレッテルははがれねえ」
「一体、俺の何が変わったっていうんだよ?」

当麻に負けて以降、雑魚どもの挑戦が途切れないアクセラレータ。
もちろんあっさり勝利するが、「弱い」というレッテルがはがれなかった。

 

「ここまで完全無反応だと、むしろ清々しいというか」
「でも悪意を持って無視しているにしては、歩くペースも普通っぽいし」
「これはもしかして究極の天然さんなのかな~って、ミサカはミサカは首をかしげてみたり」

部屋に帰ろうとするアクセラレータの後ろをくっついて歩く、謎の少女は話しかける。
少女は自分のことを「ラストオーダー」と呼び、御坂妹の最後の存在だった。
この「ミサカはミサカは」という話し方は、好みが大きく分かれるかな?

 

「それは嘘。て、ミサカはミサカは断じてみたり」
「あなたは本当は実験なんてしたくなかった、て」
「ミサカはミサカは推測してみる」

アクセラレータは全てを知っているラストオーダーが、平然と一緒にいる理由が分からない。
問いかけた時、アクセラレータの本音を見透かすように話し出すラストオーダー。
さっきまでのふざけた感じと異なり、理論的に話していく。

 

20話 最終信号(ウィルス・コード)

「人間ってのは、余裕を失うたびにどんどん行動が単純になって行くもんなんだぜ」

ラストオーダーにウイルスが埋め込まれていることを知るアクセラレータ。
助けようとするが元研究員である天井亜雄にさらわれてしまう。
同じく元研究員の芳川桔梗と話している時、アクセラレータは天井の行動を予測する。

 

「出来るさ、俺を誰だと思ってやがる」
「感染前のデータと照合して、余分なデータを全て消しちまえばいいだけだろが」
「簡単なんだよ!」

ラストオーダーの状況は予想より早いため、処分しかないと判断する芳川。
連絡を受けたアクセラレータはその判断を拒否し、助けるために動き出す。
自分の処理能力があれば可能と判断するのだが。

 

「全く、考えが甘すぎんだよ」
「誰かを救えば、もう一度やり直すことが出来るかもしれねえだなんて」

ラストオーダーの書き換えは順調に進むが、その時に天井が銃口を向ける。
普段なら簡単に跳ね返せるが、計算途中のため余力がゼロに等しい。
ラストオーダーを諦めればいいだけなのだが。

 

「けどよ、このガキは関係ねえだろ!」
「確かに俺は、1万ものシスターズをぶっ殺した」

「だからってな、残り1名を見殺しにしていいはずはねえんだ」

天井の銃弾を額に受けたが、致命傷の前で反射に成功するアクセラレータ。
何とかラストオーダーを助けることに成功する。
立ちふさがり守ることを誓うが、重傷には変わりなく。

 

21話 正体不明(カウンターストップ)

「あれ? 当麻、お昼ごはんは?」
「どうしよう。未曾有の大ピンチかも!?」

夏休みも終わり、今日から学校が始まる当麻。
寂しく思いながらも見送るインデックスだが、お昼ごはんが無いという大ピンチに遭遇する。
インデックスにとってお昼ごはんが無いということは。

 

「動くなと申し上げております」
「日本語、正しく伝わってませんの?」

外国からの不法侵入者と思われる女性を捕らえようとする、風紀委員の白井黒子。
相手は戦う姿勢を示したが、テレポートの能力を使い拘束するのだが。

 

22話 石像(ゴーレム)

「当麻。今までのラッキーが自分の実力だと思ってない?」
「所詮、当麻は魔術の素人なんだから!」

地下街で閉じ込められた当麻たちは、魔術師から宣戦布告を受ける。
戦おうとする当麻を魔術の素人として止め、自分が戦うと話すインデックス。
しかしそんなことを聞く当麻ではなかった。

 

「あんたも、頼んでないのに駆けつけてくれたくち?」

地下街で美琴と出会うインデックス。
関係を聞かれた時、インデックスは命の恩人と話していく。
それを聞いた美琴は当麻のことを話し、2人でため息をつくことになる。

 

23話 風斬氷華(トモダチ)

「今からお前に見せてやる。お前の住んでるこの世界には、まだまだ救いがあるってことを」
「そして教えてやる。お前の幻想は、これくらいじゃ簡単に、壊れはしないってことを!」

魔術師に追われている風斬氷華は、人の形をした幻想のような存在と知る当麻。
それでも氷華を助けるために敵と戦い、他の隊員たちも合流する。
その状況に対して、当麻は氷華に語りかける。

 

「化物の相手は、化物がすればいいんです」

魔術師は逃げたが、次の標的はインデックスと考える当麻。
助けに行こうとするが地下街が封鎖されているため、身動き取れない状態。
その時に氷華は自分を「化物」と話し、おとりになる提案をする。

 

「私には魔術は使えない。でも、魔術を混乱させることなら出来る」
「強制詠唱(スペルインターセプト)」

美琴と分かれ1人でいるインデックスに、ゴーレムが襲いかかる。
攻撃は出来ないが自分の持てる力を使い、何とか攻撃を回避するのだが。
インデックスが直接戦う珍しいシーンであり、かっこいいインデックスが見られる。

 

24話 虚数学区・行機関

「大丈夫。私も、人間じゃないから!」
「ごめんね、今までずっと騙してて」

インデックスを救うため、ゴーレムの前に立つ氷華。
止めるインデックスに対して、自分が人でないことを泣き笑いの表情で話していく。

 

「化物と戦うのは、同じ化物がしなくちゃ」
「私はもうあそこには戻れない。あの時間は、もう二度と返って来ない」
「だからって...だからって、見捨てられるはずがない!」
「だって、友達だから!」

インデックスを助けたとしても、前と同じように自分に接してもらえるとは考えない氷華。
しかしそれでも、助けるという選択を変えることはない。
氷華もピンチになった時、現れたのは。

 

「私はもう、帰らないと」
「心配しなくても大丈夫。私の身体は、大勢の人の力で出来ているんだよ」
「仮に消えたって、私が死ぬ訳じゃないの。ただ、姿が見えなくなるだけ」
「たとえ、あたなには分からなくても、私はずっと、あなたのそばにいるから」

インデックスにお別れを話す氷華。そして...

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
とある魔術の禁書目録 Blu-ray BOX

 

→とある科学の超電磁砲
→とある科学の一方通行
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました