「ワンピース」サカズキ(赤犬)の名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」サカズキ(赤犬)の名言・台詞をまとめていきます。

 

ワンピース エニエス・ロビー編

278話

「やるんなら徹底的にだ」
「万が一、あの船に学者が1人でも潜んでいたら、今回の犠牲の全てが無駄になる」
「悪は、可能性から根絶やしにせねばならん」

 

マリンフォード編

462話

「(とんでもねえもん?) 何を今更言うちょるんじゃ」

 

463話

「全く、あいつら…勝手に持ち場を離れてしもうて」
「わしらが出払ったら…誰がここを守るんじゃ!」

 

「派手な葬式は嫌いか? 白ひげ」

 

465話

「わしら海兵はのう、背中に世界の”正義”を背負って、海賊とたたこうとるんじゃ」
「その背中を敵に見せて逃げ出すような奴は、海兵とは呼べんじゃろう?」
「そいつはただの…クズじゃ!」

 

「本当に家族を思うちょるんなら、生き恥をさらすな」

 

466話

「あいつがそう(麦わら)か。英雄ガープの孫にして、革命家ドラゴンの息子」
「あいつも確実に消しとかにゃいけんのう」

 

472話

「この戦いの結末も上のもん同士で話はついちょる」
「どうあがこうが真実は1つ、お前達は犬死にじゃ」

「まだ分からんか? 今にそうは言うとれんようになる。嘘じゃ思うのなら、よう見とれ」
「これから始まる集中攻撃。お前ら傘下の者達のみが攻撃される」
「海軍は、白ひげ海賊団には一切手を出さんけんのう」

 

「わしはこの作戦に反対なんじゃ」
「真実を知らぬ者が伝説の海賊などと呼び、白ひげを奉ってるようじゃが、なんのことはない」

「所詮は自分達の保身のために海軍に裏取引を持ちかけ、仲間をだまし、売るようなゲスな男よ」

 

「伝説の一切は虚像に過ぎん。この戦いで討つべきは白ひげ」
「それをみすみす逃がすとはもっての他じゃ」
「わしに協力するなら、お前ら傘下の海賊達を助けちゃる」
「白ひげを刺せ」

 

474話

「白ひげ、お前の時代は終わりだ!」

 

「堂々としちょるのう、ドラゴンの息子」

 

「お前さんの執念だけは褒めちゃろう」

 

476話

「そう好き勝手暴れてもらっちゃあ、この島がもたんわい!」

 

477話

「貴様もその世代なら、目の前の敵に気ぃつけい!」

 

「寄る年波は越えられんか、白ひげ」

 

「冥土への引導、このわしが渡しちゃろうかいのう」

 

481話

「慌てるな!」
「奴等はここから出しゃせんわい!」

 

482話

「本気で逃げられると思うちょるんか?」
「めでたいのう」

 

「火拳のエースを解放して即退散とは、とんだ腰抜けの集まりじゃのう、白ひげ海賊団」

 

「まあ船長が船長、それも仕方ねえか」
「白ひげは所詮、先(せん)の時代の…敗北者じゃけえ」

 

「取り消せだと? 断じて取り消すつもりはない」
「そりゃそうじゃろうが。お前の父親ゴールド・ロジャーは、グランドラインを制し、更に自らの死と引き換えに、大海賊時代という新たな時代の扉を開いた」

「海軍のわしが言うのもなんじゃが、まさしく海賊王の名に恥じぬ男だった」

 

「それに比べて、白ひげはどうじゃ」
「果たしてそのロジャーとまともに戦う気があったのかどうか」
「大方、安全な場所で大所帯を持ち、お山の大将で満足してたんじゃありゃせんのか?」

 

「世間では白ひげの名で、今もいろんな島の平和を守っちょるとかいうバカ共もいるようじゃが、わしに言わせりゃたかが雑魚の海賊共を相手ににらみを利かせたくらいで、英雄気取りとは笑わせる」

 

「ロジャーが生きてる間もその後塵をを拝し続け、死んでも名実ともに王になれずじまい」
「つまりは永遠にロジャーには勝てん、永遠の敗北者」
「それが白ひげじゃ、どこに間違いがある」

 

「人間は正しく生きなけりゃ生きる価値なし」
「お前らゴロツキ共の海賊なんぞに、生きる場所はいらん!」

 

「白ひげは敗北者として死ぬ。ゴミ山の大将にあつらえ向きじゃろうが!」

 

「白ひげも、それをオヤジと慕うお前らも、結局同じ敗北者じゃき」

 

「悪魔の実の能力最強のロギアじゃいうて、油断しちょりゃあせんか?」
「お前はただの火、わしは火を焼き尽くすマグマじゃ!」
「わしと貴様の能力は、完全に上下関係にある」

 

「海賊王ゴールド・ロジャー、革命家ドラゴン」
「この2人の息子達が義兄弟とは恐れ入ったわい。貴様らの血筋は既に大罪だ」
「誰を取り逃がそうが、貴様ら兄弟だけは絶対に逃さん」
「よう見ちょれ」

 

483話

「裏切り者への制裁も必要なようじゃのう」

 

484話

「(白ひげ) 往生せいや」

 

486話

「わしが”逃さん”言うたら、もう生きることを諦めんかい、バカたれが!」

 

488話

「そこをどけ言うちょるんじゃ」
「お前ら悪党の海賊が命懸けで守ろうとしちょるのが」
「これまた世界最悪の犯罪者、革命家ドラゴンの息子とはのう」
「この世の正義っちゅうもんを、ナメるのもいい加減にせんか!」

 

「ええか、お前ら。海兵である限り、海賊という悪を許すな!」

 

「あっ? 誰じゃい、貴様」
「数秒無駄にした。正しくもない兵は、海軍にゃあいらん!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました