「魔法使いの嫁(2期)」羽鳥智世(チセ)の名言・台詞まとめ

アニメ「魔法使いの嫁 SEASON2(2期)」羽鳥智世(チセ)の名言・台詞をまとめていきます。

 

魔法使いの嫁 SEASON2

1話

「少し前から考えてたんです」
「私は全然ものを知らないんだって」

 

「だから、必要に迫られた時に、私は私自身使うことしか思いつけなかった」
「みんながそれを悪いことだって言うのに…」

 

「でも…何かを知ることで自分を使わないで解決できるなら」
「やりたいことを、誰も傷つけずに出来るなら…学びたいんです」

 

「それがいつか来ることの、私や誰かの助けになるかもしれないから」

 

「だけど…たくさん探すために私はここに来たんだ」
「よし」

 

「大丈夫…(クラスメイトが)久しぶりなだけ」
「お腹に穴空く方が大変だったし…」

 

「何をどうしよう?」
「(助けるのは)いつもと逆だから…分からない」

 

2話

「(何をしたらいい?) しまった…何をもらうか決めないでやってしまった」

 

「(エリアス) すごい…先生してる」

 

3話

「ドラゴンの嗅覚ってすごい」

 

「たくさんしゃべって、授業に出て、検査もあって、ちょっと疲れました」

 

「(つらい?) いえ、今はやりたいことを見つけたから、大変だけど楽しいです」
「少し気がかりはあるけど…」

 

4話

「お嫁さん…普段あんまり機能してることでもないので、がっかりは特に」

 

「それに、お嫁さんでもそうじゃなくても」
「あの人のそばにいることは変わりませんから」

 

5話

「(ルーシー) 電話でも怖いんだな」

 

「口は悪そうだけど、気にしてくれてる?」

 

「命令じゃなくて…」
「お願い、かな」

 

6話

「でもどう呼んだって、本当の中身は変わらないんだよ」
「考え方が違うってだけで、やっぱり中身は一緒なんだ」

 

「(失望?) 正直、かなり想定内です」

 

「夫婦とか師弟っていうのも、解釈も…役の1つですよね」

 

「この世には親子とか友達とか、たくさんの関係や役があって」
「それぞれ受け持ったり、相手にそれを願ったりしてるんじゃないのかなって」

 

「ただ…始まりがどうであれ、役がどうであれ、私はあなたのそばにいるのが嬉しいし」
「あなたが私を手放せないと思ってくれるのが、嬉しいと思います」

 

7話

「キャンプ…(ぼっちの)小中学校の遠足がよぎる」

 

8話

「まさか分身が出来るとは…」

 

「(隣人が多くて)落ち着くけれど…少し怖くて、神経がとがっていく気がする」

 

「腕が変わったあの日から、前にも増していろいろな感覚が広がった」

 

「見えなかったものの輪郭が見えるようになり」
「どううごめくか、どうささやくか、どう触れてくるか分かりやすくなった」

 

「だから少しだけ油断していた」
「分からないものは…まだ闇の中にある」

 

「ああしなきゃ私の方が死んでた」
「けど…まだ、感触が残ってる」

 

9話

「(心配?) 頭と内蔵がソワソワして、嫌な未来ばかり思い浮かんで、こう…」

 

「(怖い?) それも混じってる感じで」

 

「エリアス」
「ルーシーとあなたじゃ役が違うんですからね」

 

「あそこまでするべきじゃなかったような…でも、ああするしかなかったって」

 

10話

「えっと…セスさんは私の恩人なんだ」
「(なんの?) それは…秘密」

 

「(引け?) それは出来ない」

 

「(どうして助けた?) あそこで見ないフリをする選択肢はなかったから」

 

「もっと…いろいろ考えなきゃいけないんだね」

 

11話

「私の無茶を止めたり怒った人の気持ちって、こんな感じ?」

 

12話

「あの人は…あの人は…私を人として扱ってくれた」
「だから私はあなたのものには絶対ならないし…あなたなんていらない!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

魔法使いの嫁 1-19巻セット (コミック)

 

→魔法使いの嫁のインデックス

→アニメの名言インデックス