「異世界ワンターンキル姉さん」軍場朝陽(弟)の名言・台詞まとめ

マンガ「異世界ワンターンキル姉さん」軍場朝陽(弟)の名言・台詞をまとめていきます。

 

異世界ワンターンキル姉さん

1巻

「異世界に召喚されたんだ……無双できるものだと思うだろう?」
「しかし異世界で無双しているのは俺ではなく──…俺の姉だった」

 

「俺に手を出さない方がいい──…」
「いいな? 忠告したぞ」

 

「相変わらず容赦ないね…マヤ姉」

 

「俺ツエー!!ではなく、姉ツエー!!なのだ」
「この物語は!」

 

「思ってもみなかった」
「自分が車から子供を庇えるような人間だったなんて」

 

「思ってもみなかった」
「流行りの異世界転生」
「そんな奇跡体験が、この俺に訪れるなんて!」

 

「俺のステータス、弱ッ!!」
「村人なのかな!?」

 

「俺、マヤ姉のこと(ステータス)が知りたいんだ」

 

「バ…バレてはいけない!!」
「マヤ姉ぇ! 絶対に俺以外の人にステータス見せないで!!」

 

「姉の強さも、弟の弱さも周囲にバレてはいけない…」
「それが軍場姉弟が定めた、異世界でのルールとなったのであった」

 

「弟の悪口言ったヤツぶっ殺すマンだぁ──!!」

 

「いいから! あとで何でも言うこと聞くから!!」

 

「カッコいい名前の奥義が、クソダサ命名魔法に一蹴された……!!」

 

「(情け?) ”姉”なら”弟”の言うこと、少しは聞けよな!」

 

2巻

「弟以外には、どこまでも非情になれる姉……!!」

 

「チートで最強とか、ゲームの楽しさ放棄してるよ!」

 

「いや…俺には(パーティーより)マヤ姉だけでいいかなって」

 

「ダンジョン!」
「それは、RPG好きにとって、心躍るワード!!」

 

「ダンジョンでいつもの特大魔法なんてぶっ放したら、どうなると思うよ!!」
「崩落! 生き埋めになるよ!!」

 

「ここを解放すると」
「この子グマたちは他の冒険者に討伐されてしまうかもしれない…」

 

「状態が不安定で、崩落の危険性が高い」
「ダンジョンとして解放するのはオススメしない(と報告する)」

 

3巻

「そんな(ベッタベタ)姿、あの女の子に見られたくなかった!」
「せっかく、この世界での正統派ヒロイン枠と出会えたと思ったのに……!」

 

「お、俺を認める人間には寛容なんだな…」

 

「なんだこの子ぉぉぉ!?」
「清楚キャラかと思いきや、鬼畜毒舌キャラなんかぁぁぁい!?」

 

「いか──ん!!」
「俺が実はたいして強くないってバレてしまうー!!」

 

「無闇に殺生するなんて素人冒険者のすることだよ」
「モンスターの生態系をイタズラに乱すだけ……」

 

「アイテム収集クエストでそれをする必要はない」
「討伐クエストだったら──…一網打尽にしていたさ!」

 

「(ワイバーン) お前らいっつもイヤなタイミングで現れるな──ッ!!」

 

「ここには今、俺しかいないんだ…引けねえか、そりゃ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】 
 
アマゾンリンク
異世界ワンターンキル姉さん 1-10巻セット (コミック)

 

→異世界ワンターンキル姉さんのインデックス

→マンガの名言インデックス