「ダンまち」春姫の名言・台詞まとめ

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」サンジョウノ・春姫の名言・台詞をまとめていきます。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ

6話

「一夜限りの出会いでしょうが、春姫はクラネル様のお力になりとうございます」

 

「わたくしも本の世界のように、英雄様に手を引かれ、憧れた世界に連れ出されてみたい」
なんて、ただのはしたない夢物語でございます」

 

「連れ出されてもらえる資格は、わたくしにはございません」

 

「英雄にとって、娼婦は破滅の象徴です」
「穢れていると自覚したあの日から、わたくしにあの美しい物語を読む資格はございません」
「憧れを抱くことは許されません」

 

「わたくしは、ただの娼婦なのです」

 

8話

「わたくしはもういいのです」
「お2人を逃がすのは、わたくしの最後のわがまま」
「アイシャさん達も、大目に見てくれます」

 

「わたくしは、春姫は幸せです」
「命様に、あなた様に、そこまで思って頂けるなんて」
「そのお言葉を聞けて、もう思い残すことはありません」

 

「クラネル様。早く、お逃げになって下さい」

 

9話

「あの子に助けてって言えばいいの?」
「こんな穢れた身体で、側に置いて下さいとすがればいいの?」
「あの子が危なくなるって分かってるのに」
「私には出来ない、出来ないよ!」

 

10話

「もう身体を売りたくない、誰も傷つけたくない、死にたくない」
「助けて!」

 

「ありがとう…ありがとう、英雄さま」

 

ダンまちⅢ

1話

「ただの同情かもしれませんが…わたくしもベル様と同じです」
「あの子を、ウィーネ様を見捨てたくない」

 

3話

「ウィーネ様を助けたこと、どうか後悔しないで下さい」
「わたくしは皆様に助けられ、今しあわせです」
「ウィーネ様もきっとそうでございます」
「ですから!?」

 

9話

「あなたに一度救われた身です」
「どうして今更、破滅を恐れるでしょうか?」

 

12話

「はい、また会えます。約束しましたから」

 

ダンまちⅣ 深章 厄災篇

14話

「体が燃え尽きそう…いいえ、燃え尽きてもいい」
「灰の中からこの歌を届けられれば!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ダンまち 1-10巻 セット (コミック)

 

→ダンまちのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました