「超時空要塞マクロス」ミリアの名言・台詞まとめ

アニメ「超時空要塞マクロス」ミリア・ファリーナの名言・台詞をまとめていきます。

 

超時空要塞マクロス

12話

「その役目(スパイ)、わたくしめにお任せを」
「相手はたかがマイクローン。私1人で十分です」

 

「これが監察軍より危険な敵とはな?」
「手応えのない連中だ」

 

16話

「敵には手を出すな?」
「そうはいってもそういう命令って実行しにくいんだな」

 

「ほ~ら、もう命令違反だ」

 

18話

「マクロスの中に凄腕が?」
「面白い、相手になってやる」

 

「いいか。私の目指す相手が出て来たら、手出しは絶対に無用」
「お前達は、私がその者と1対1で戦える状況を作ってくれればそれでいい」

 

「バカな!?」
「私の攻撃をかわしたな」

 

「私が負ける? そんなバカな!」

 

「この恥辱…いつか必ず晴らしてやるぞ」

 

19話

「私をマイクローンスパイに任命して下さい」
「私は、マイクローンになります!」

 

「幾百幾千にも渡る監察軍との戦いに、一度として負けたことのない私が…」
「たかがマイクローンごときに負けた」
「あの機体、あのパイロットに会ってみたい」

 

24話

「(ゲームの手合わせ?) それ(勝ち金)を賭けるなら」

 

「まさかこの男が!?」

 

「負けた…このゲームで生活していた、この私が…」

 

「名前はミリア、電話はない」

 

「(会ってくれるか?) 承知」

 

25話

「忘れたか?」
「お前は私自身の仇だ」

 

「ゼントラーディ軍の中でも撃墜王の名を欲しいままにしたこの私に」
「屈辱を与えたお前を許さん!」

 

「私に一度ならず二度までも、敗北という汚名を着させたお前を…憎む!」

 

「負けた…三度までも…」
「こ…殺せ!」

 

「私も一緒に行く」
「お前は妻はそばで手伝うものだと言った。その通りにする」

 

「私もゼントラーディではエースと言われたパイロット」
「必ず役に立つ」

 

「(元味方を)殺すには忍びない」
「あそこを狙えばマシンだけが壊れる」

 

「すまぬ、殺したくないのだ」

 

「(やられるかもしれない?) 構わん。お前と一緒なら」

 

26話

「マックス。お前と一緒に、それも戦(いくさ)の中で死ねるなんて最高だ」

 

30話

「子供が抱きたかったら、自分で作ればいいだろ」
「これは私が作った子供だ」

 

「(戦場でも)自分の子供ぐらい、ちゃんと守ってみせる」

 

「これは赤ん坊というものだ」
「名前はコミリア・マリア・ファリーナ・ジーナス」

 

「段々大きくなって、我々と同じ大きさになる」
「これは私と、彼が作ったものだ」

 

「お前達にプロトカルチャーが撃てるか!?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
超時空要塞マクロス [Blu-ray Box]

 

→超時空要塞マクロスのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました