「超時空要塞マクロス」カムジンの名言・台詞まとめ

アニメ「超時空要塞マクロス」カムジン・クラヴシェラの名言・台詞をまとめていきます。

 

超時空要塞マクロス

8話

「(出撃?) これは飛行訓練なんだよ。その途中で敵と遭遇するってわけだ」
「今度はカムジン一家のやり方でやらしてもらう」

 

10話

「うちの船に…退役寸前のポンコツがあったな?」
「ポンコツが撃つと、照準が狂ってたりすることはよくあることだよな?」

 

「こいつが威嚇射撃をやろうとして、敵艦に命中しちまうなんてのもありうることだよな?」
「一発ぐらいこんなのがあった方が、脅しには効くぜ!」

 

16話

「なんとしてでも奴等の尻に火をつけて、宇宙にいぶり出してやる」

 

19話

「命令違反が怖くてカムジン一家が務まるかってんだ」

 

22話

「どいつもこいつもマクロスごときにおたおたしやがって!」
「こうなったら、マクロスは俺が抹殺してやる!」

 

27話

「いい歌だ」
「俺達も行くぜ!」

 

「(味方?) バカヤロー! 俺は味方殺しのカムジンよ!」

 

29話

「(不平分子が1万以上?) 面白え」
「2年もの間、こんなひでえ所でじっと待ったかいがあったってもんだぜ」

 

「文化なんてもんにみんな浮かれやがって」
「どうせ一時的な熱狂に過ぎねえ…そう俺は思ってた」

 

「おい、野郎共!」
「街のあぶれた連中をみんな連れてこい!」

 

「もうコソコソすることはねえ。おおっぴらに動き回れ」
「マイクローンになった奴等には教えてやれ」
「カムジン様の所にくれば、必ず元通りにしてやる、とな」

 

31話

「バカヤロー! パトロール隊なんざひねり潰しちまえ!」

 

「久々の戦闘だ。血がたぎりやがるぜ!」

 

32話

「(歌で)な~んてやると思ってたのか?」
「俺達はな、もうお前さんに騙されるほどうぶじゃねえんだ」

 

「俺達がお前の歌に驚いたのは、あの頃文化のぶの字も知らなかったからだよ」

 

「そうよ。大体お前の歌に人を感動させる力があると思ってたのか?」
「単に物珍しかっただけさ」

 

「文化文化とうるせえ奴だな。俺達は文化の仕方ぐらい知ってらあ!」
「いいか。文化ってのはな、こうするんだ」

 

「待つなんて俺には合わねえのさ、野郎共も同じよ」
「やっぱり戦ってるのが一番なんだ。腕が鳴るぜ!」

 

35話

「俺達に文化を伝えたことを後悔させてやるぜ」
「てめえらが教えてくれた修理の技術を、俺達がどう使うか…よ~く見せてやる!」

 

「やっと俺の趣味になってきやがった」

 

36話

「これでまた昔みたいに、大暴れ出来るぜ!」
「手始めにマクロスだ! 潰して宇宙に帰るんだ!」

 

「行くぜ、ラプラミズ!」
「(死ぬな?) お前こそ。後で文化しようぜ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
超時空要塞マクロス [Blu-ray Box]

 

→超時空要塞マクロスのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました