「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」藤宮周の名言・台詞まとめ

アニメ「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」藤宮周の名言・台詞をまとめていきます。

 

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

1話

「俺が彼女、椎名真昼と話したのは…この時が初めてだった」

 

「別に用はない。ただ、この雨の中1人でこんな所にいたら気になるだろう」

 

「(傘を貸したのは) 通りすがりの迷子の子?」
「そうか…迷子みたいな顔だったのか」

 

「”天使様”。それが我が学校における、椎名真昼の呼び名だ」

 

「うちの男子生徒のほとんどが、彼女と付き合いたいと思っているはずだ」
「まあ俺には縁のない世界の話だ」

 

「なんか周りの男が、かわいいかわいいって言ってたの、ちょっと分かる気がした」

 

「いや…料理もできるんだな…と」

 

「いいよ別に。俺が勝手にしたことだし、罪悪感を抱かれても困る」
「椎名と関わるのもこれっきりだし」

 

「まさか俺が、恩を着させてあわよくば…とか考えてると思ったか?」

 

「面倒くさいだろ、お前だって。好きでもない男に構われるのは」

 

「やっぱりか。別にいいと思うぞ、むしろ安心した」
「天使も人並みにそういうのは迷惑なんだって」

 

「まあ…だから用事もないのに、わざわざ関わることはないよ」

 

「明日からは、顔見知りの他人…」

 

 

「(人気っぷり?) なんたって”天使様”だからな」
「俺等には手の届かない、高嶺の花みたいなもんだろ」
「関わることなんてないし、見てるだけで十分だわ」

 

「(料理) うま…すげえな天使」

 

「そういうことならありがたくもらうけどさ」
「普通こんなことしてたら、相手が好意持たれてるんじゃないかと勘違いするぞ」

 

「それから…次の日も、また次の日も、椎名から中身の入ったタッパーを手渡される」
「不思議な日常が始まった」

 

「こういう時くらい、素直に甘えといた方がかわいげがあるぞ」

 

「(掃除) 正直、途方に暮れてた…」

 

「美味しそうに食べるなって」

 

「なんというか、お前ってホントかわいげがないな」

 

「多少愛想が悪くても、素直な感情表現してる方が接しやすいってことだ」

 

「そういうもんなのかな…」
「こうして、俺と天使様の、奇妙なお隣付き合いが始まった」

 

2話

「いや、なんでもないなら途方に暮れたような顔で(公園で)座ってるなよ」
「どうかしたか?」

 

「じゃあ湿布するから、変態とか痴漢とか怒るなよ」

 

「別にいいから」
「ケガ人放って帰ったり歩かせたりするほど、男は廃ってないから」

 

「お…自分がかわいいって自覚してるな」

 

「なんつうか…奥さん持った気分」

 

「実際、(料理)美味いからな。美味い物には敬意を表するべきだろ」

 

「それに…無表情で食べるより、素直に美味いって言った方がどっちも気分いいだろ」

 

「(作らなくてもいい?) いや、作って下さい。お願いします!」

 

「お前(千歳)の”仲良く”は過剰なスキンシップだから」
「架空の彼女がかわいそうになるわ」

 

「じゃあ(誕生日プレゼントは)日頃の感謝の印でいいよ」
「俺が勝手に恩を感じて渡すだけだから」

 

「(喜んでる姿を)見るんじゃなかった…クソ…」

 

3話

「諦めてくれ、椎名。母さん興奮状態だと、話聞かないから」

 

「真昼」
「名前くらい、誰だって呼んでくれるだろ」

 

「(警戒?) お前を信用して(鍵を)渡してるつもりなんだが」

 

「(天使様は頭の出来が違う?) 隠れて努力してるんだよ」
「せめて俺くらいはな…」

 

「それ(毎回)でも、いつも頑張ってるし」
「たまにはご褒美って形もいいんじゃないか?」

 

「食べさせられた感想は?」

 

「こういうの(あ~ん)人にすると勘違いされるぞ」

 

「ホント、真昼に駄目人間にされてる」

 

「いや、それはその…まだまだ真昼の料理が食べたいというか」
「情けなくておこがましいことを言ってるけどさ…」

 

4話

「もう少しだけ、2人だけの秘密でよかったのに」

 

「(幸せそう?) 事実幸せというか、真昼の料理がうまいからな」

 

「(お安い幸せ?) いや、割りと高いぞ」
「お前、自分の価値を把握しろよ」

 

「まあ、俺にとっちゃお前のが幸せの味なんだが」

 

「なんで卑下してるのか分からんが…」
「毎日食いたいくらいには美味いぞ」

 

「真昼って初めて会った時に比べて、少し表情柔らかくなったなって」
「前より、ずっといいなって思うよ」

 

「さっきみたいに笑ってた方が、ずっとかわいいのにもったいないって思ってたし」
「自然に笑ってもらえると、俺としても慣れてもらえたのかなって、うれし…」

 

「ホント、この2ヶ月、感謝しきりだよ」
「ありがとな」

 

「逃げないように捕まえて見張ってるだけだから気にするなよ」

 

「今日のところは俺がいるよ」
「早く元気になってもらわないと、俺が困るし」

 

「そういう意味じゃない」
「嫌だろ。いつも一緒にいる奴が元気ないの」

 

「このバカ…」
「ったく…ホント、心臓に悪い奴め…」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 1-2巻セット (コミック)

 

→お隣の天使様のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました