「ささやくように恋を唄う(ささこい)」木野ひまりの名言・台詞まとめ

マンガ「ささやくように恋を唄う(ささこい)」木野ひまりの名言・台詞をまとめていきます。

 

ささやくように恋を唄う

1巻

「その日、私は──先輩に一目ボレをした」

 

「私バンドってものを見るの初めてなんだよねー」

 

「…べーす? ギターみたいなやつ」

 

「なに、すごい。声が頭にひびいてくる」
「かっこいい」

 

「わたし! 一目ボレしちゃったよ!」
「ファンになったよ、大ファン!」

 

「今日! 新歓の演奏見ましたっ!」
「すっごく声がきれいでかっこよくて、かがやいてました」

 

「(ほめすぎ?) そんなことないです!」
「わたし、一目ボレしました」

 

「こうやって先輩に会って、ちゃんと伝えられて嬉しいです」
「また歌聞けるの楽しみにしてます!」

 

「あんね聞いて聞いてミキちゃん!」
「昨日、例の先輩に下駄箱で会っちゃった」
「気づいたら声かけちゃってた!」

 

「(新歓は代理?) じゃあもう、依先輩の歌聞けないの!?」
「うう、この世の終わりだぁ」

 

「上手いとか下手とかは分かんないけど、すっごいかっこいいなって思った」
「それだけ」

 

 

「あれから先輩の歌声が頭から離れない」
「もっと、もっとたくさん聞きたいな」

 

「えっと…(名前は)友だちに調べてもらいました」

 

「え、え──っ」
「先輩も一目ボレ…ってことは、それってつまり」
「先輩もボーカルに一目ボレしてバンドを始めたってことですか!?」

 

「すごーい、一目ボレ仲間だー」
「私も歌のセンスあったら、バンドやってみたかったかもなー」

 

「あ、そういえば自己紹介がまだでした」
「私、木野ひまりって言います! よろしくお願いしますっ」

 

「先輩? なんか顔赤いですよ? 大丈夫ですか?」

 

「もっとたくさん(屋上に)聞きにきます! 毎日来ます!」

 

「(趣味でも)全っ然、構いません!」
「依先輩の歌が聞きたいんです!」

 

「ほんとのほんとに大ファンなんです!」
「先輩にベタボレしちゃってるんです!」

 

「だから、聞きにきちゃダメ…ですか?」

 

「20分前くらいに来てました」
「ホームルームの後、全速力で走ってきたので」
「そのっ、先輩に少しでも早く会いたくて…」
「でもちょっと早すぎましたね」

 

「依先輩。すごく笑った顔キレイだな…」

 

「(ベタボめ禁止?) だって仕方ないじゃないですかー」
「私、先輩の歌、すっごく好きなんですもん」

 

「私は先輩の作った歌、すっごく聞きたいです」

 

「いえ…全然! 全然私は平気なんですけど」
「平気なんですけど、その、なんか…」
「依先輩に(頭ポン)されると、なんか照れちゃいます」

 

「だって私、依先輩に会うのが一番の楽しみなのでっ!」

 

「かっこいいー」
「私服の依先輩、想像の5億倍かっこいいです」

 

「(かわいい?) ほんとですか!?」
「はりきっておしゃれしてきてよかった──」

 

「先輩! これめっちゃおいしいんで一口どうですかー?」
「はいっ、ど──ぞっ」

 

「(ペアストラップ) 依先輩とつけたいなって」

 

「(プレゼント) ほんとにありがとうございます」
「一生大切にします」

 

「なんていうか、ちがうんです」
「屋上では二人っきりですごく特別な感じで、ギターの音と先輩の声がやさしくて」
「バンドのときはステージに立って堂々としてて、キラキラしててかっこいいんです」

 

「私はすっごくわがままなので、どっちの依先輩も見たいんです」

 

「(私を好き?) 嬉しい!」
「私も依先輩、大好きですっ」

 

「どうしよう…たぶん私の好きは先輩のと違う」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ささやくように恋を唄う 1-6巻セット (コミック)

 

→ささやくように恋を唄うのインデックス

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました