「わたなれ」王塚真唯の名言・台詞まとめ

マンガ「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)」王塚真唯の名言・台詞をまとめていきます。

 

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!

1巻

「(友達に?) もちろんだとも。話しかけてくれてありがとう」
「よろしく、れな子」

 

「れな子、いけない!」
「っこの私の見ている前で、そんな真似をさせるものか!」

 

「心配するな」
「この王塚真唯が一緒なら、助かるに決まっているだろう」
「私は運がいいんだ」

 

「そうか、すべて私の勇み足だったのか……」
「ふふ。こういうこともあるんだな、人生というのは」

 

「私も似たような気分になるときはある」
「皆が私といることを居心地よく思い、喜んでくれるのは気分がいい」

 

「だがこう思うときもある」
「果たして皆は本当の私を見てくれているのだろうか、と……」
「急に寂しくなる日だってある」

 

「私は求められている王塚真唯像を、ただ演じているだけなのかもしれないな」

 

「君と出会えてよかった」
「友達になろう、れな子」
「本当の友達になろう」

 

「すまない……どうやら私は君のことを」
「ひとりの女性として好きになってしまったようだ」

 

「だが君だった」
「その(へこんでる)瞬間、私の前にいたのは君だったのだ」

 

「(友達として好き?) それは勘違いだよ、れな子」
「君は私のことを恋人として好きなんだ」

 

「渋っているのは、私が女だからか?」

 

「脈は無さそうでもないな」

 

「私のことを好きじゃない人がいると?」

 

「無論、誰とも付き合ったことなどない」
「私の恋人になるのは、初めての相手が最後の相手と決まっているからな」

 

 

「ならば折衷案といこう」
「私は恋人関係を、れな子は親友関係を望んでいる」
「だが実現には互いの協力が必要だ」

 

「ある日は恋人、ある日は親友」
「そうやって交互に試してみようじゃないか」

 

「恋人の日は私が君に、恋人の素晴らしさを教える」
「その上で君がどうしてもムリとなった場合は、私も大人しく身を引こう」
「君を落とし切れなかった、私の魅力が足りなかったのだからな」

 

「私は諦めないから、れな子が諦めてくれ」

 

「いや、むしろもっと好きになった」
「ひとつぐらい思い通りにならないことがあるのは楽しいな」

 

「でもそうなんだよ」
「最近れな子が私の推しなんだ」

 

「カフェよりプールのあるカフェのほうが、より需要を満たせると思わないか?」

 

「無理矢理は趣味じゃないんだ」
「今日はこれで我慢しておくとしよう」

 

「次のキスは唇に」

 

「もちろん私だってそのつもりさ。親友としても本当に楽しかったからね」
「恋人としてならきっと、もっと楽しいに違いないと私も確信しているよ」

 

「今日の私と君では協力プレイよりむしろ」
「対戦プレイのほうがふさわしいと思うのだけれど」

 

「だったら勝ったほうが相手に、なんでもひとつお願いをしても構わない」
「というのはどうかな」

 

「恋人同士はこういう遊びをするものだろう?」

 

「私はれな子にウソはつかないよ」
「だからあの帰りにゲーム機を買ってね、特訓したんだ」

 

「あわよくばという気持ちは、いつまでも持っていたい」

 

「(止めなければ?) 子を、孕んでもらおうかと、な」

 

「どっちみち冗談だ。大切なことを、こんなゲームで決めたりはしない」
「しっかりと君自身の意志で、わたしを選んでほしいからな」

 

「どうせ最終的にはそうなるのだ」

 

「(本当にわたしのこと好きだったりするの?) 今さらか!?!?!?」

 

「サプライズなどに頼る必要はない」
「私が本気で喜ばせると決めたのなら、世界中で喜ばない者などいない」
「君は必ず喜ぶさ」

 

「私の主観を交えない客観的な事実を告げるならば」
「体が目的なら君を選ぶことはない」

 

「私は、恋人になった相手には触れたいし」
「心はもちろんのこと体も結ばれたいと願っている」
「そんなに意外なことだったか」

 

「確かに(容姿は)多くの人に褒められる」
「だがなそれよりも、ただひとりの好きな相手に喜んでもらえるほうが嬉しい」

 

「君は私を孤独の檻から救ってくれた、運命の人だからな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! 1-4巻セット (コミック)

 

→わたなれのインデックス

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました