「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(わたなれ)」の名言・台詞まとめ

マンガ「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!

1巻

「お母さんも安心してくれた。中学時代は(不登校気味で)ごめん」(甘織れな子)

 

「れな子。ちゃんとクラスに馴染んで、立派な量産型女子になるからね!」
「よーし! リア充陽キャ目指すぞー!」(れな子)

 

「ななな、なんだ、あのオーラ! 王塚さん何者……!?」
「お母さんは有名デザイナーで!? 本人もプロのモデルを…!?」
「すげえ!」(れな子)

 

「最強の高校生活を送るための一番いい環境」
「それは……王塚さんの隣だ!」(れな子)

 

「(友達に?) もちろんだとも。話しかけてくれてありがとう」
「よろしく、れな子」(王塚真唯)

 

「……やば。しかも最初から下の名前だよ!」
「リア充に認められた。わたしリア充じゃん!?」(れな子)

 

「こうしてわたしのリア充陽キャ生活は始まり」
「そして……あっという間に限界を迎えた……」
「これがデビューに成功しすぎた代償……」(れな子)

 

「ここ二ヶ月でつくづく実感した。わたしはどんなにがんばったところで」
「根がコミュ症の陰キャなのだ」(れな子)

 

「コソコソとぼっちで過ごした中学時代」
「そんな自分から変わるために、人生再スタートを目指して今まで頑張ってきたけど」
「今日ついに、作動不良を引き起こしてしまったのだ」(れな子)

 

「ここ(屋上)にはだれもいない。周りの顔色を窺う必要もない」
「今のわたしはおふとん。いったん人間はおやすみです」
「疲れるからね、人間」(れな子)

 

 

「れな子、いけない!」
「っこの私の見ている前で、そんな真似をさせるものか!」(真唯)

 

「心配するな」
「この王塚真唯が一緒なら、助かるに決まっているだろう」
「私は運がいいんだ」(真唯)

 

「運の良さとか、RPGでいちばん役に立たないステータスじゃん!」(れな子)

 

「いや、あの……わたし別に飛び降りるつもりとかなかったんだけど……」(れな子)

「そうか、すべて私の勇み足だったのか……」
「ふふ。こういうこともあるんだな、人生というのは」(真唯)

 

「あの、わたしは!」
「大勢の輪に入って人と話すのが苦手でして!」(れな子)

 

「(元気で明るい?) しゃべるたびにマジックポイントを消費しているんですよお!」(れな子)

 

「だから……逃げ出してきて息継ぎするみたいに、ひとりの時間を噛み締めていたの」
「そうしないと死んじゃうの、わたし!」(れな子)

 

「私も似たような気分になるときはある」
「皆が私といることを居心地よく思い、喜んでくれるのは気分がいい」(真唯)

 

「だがこう思うときもある」
「果たして皆は本当の私を見てくれているのだろうか、と……」
「急に寂しくなる日だってある」(真唯)

 

「私は求められている王塚真唯像を、ただ演じているだけなのかもしれないな」(真唯)

 

「大丈夫だよ、わたしもいるから!」
「自分はこんなもんじゃない。もっともっとうまくできる……」
「なんて考えていると、どんどんつらくなっちゃうもんね」(れな子)

 

「いいんだよ別に、たまには休んでもさ……」(れな子)

 

「これはきっと、わたしが誰かに言ってほしかった言葉だ」
「頑張り続けてときどき立ち止まりたくなったときに」
「いいんだよってそばで言ってくれる友達が、わたしはほしかったから」(れな子)

 

「君と出会えてよかった」
「友達になろう、れな子」
「本当の友達になろう」(真唯)

 

「うん……友達になろう、王塚さん」
「ううん、真唯!」(れな子)

 

「すまない……どうやら私は君のことを」
「ひとりの女性として好きになってしまったようだ」(真唯)

「……は?」(れな子)

 

「翌日の屋上でだ。わたしはお天道様の下で、真唯に告白された」
「待って? 友達はどこいったの!?」(れな子)

 

 

「だが君だった」
「その(へこんでる)瞬間、私の前にいたのは君だったのだ」(真唯)

 

「わたしは友達として!」
「友達としてあんたのことが好きなの」(れな子)

「それは勘違いだよ、れな子」
「君は私のことを恋人として好きなんだ」(真唯)

 

「渋っているのは、私が女だからか?」(真唯)

 

「脈は無さそうでもないな」(真唯)
「ないの! ムリ! ムリだから!」(れな子)

 

「なんでわたしがあんたのこと、好きって話になってんの!」(れな子)
「私のことを好きじゃない人がいると?」(真唯)

 

「そんなにうまくいくはずないって」
「……好きな気持ちが、急に冷めちゃうようなことだってあるんだから」(れな子)

 

「(経験?) ……ありませんけど」(れな子)

 

「無論、誰とも付き合ったことなどない」
「私の恋人になるのは、初めての相手が最後の相手と決まっているからな」(真唯)

 

「ならば折衷案といこう」
「私は恋人関係を、れな子は親友関係を望んでいる」
「だが実現には互いの協力が必要だ」(真唯)

 

「ある日は恋人、ある日は親友」
「そうやって交互に試してみようじゃないか」(真唯)

 

「恋人の日は私が君に、恋人の素晴らしさを教える」
「その上で君がどうしてもムリとなった場合は、私も大人しく身を引こう」
「君を落とし切れなかった、私の魅力が足りなかったのだからな」(真唯)

 

「私は諦めないから、れな子が諦めてくれ」(真唯)

 

「そのなんでもうまくいくと思っている」
「真唯の思い上がりをぶっ壊したくなってきた……」(れな子)

 

「いや、むしろもっと好きになった」
「ひとつぐらい思い通りにならないことがあるのは楽しいな」(真唯)

 

「急に褒められても笑顔ぐらいしか出ないよ?」(瀬名紫陽花)

 

「やっぱこのグループ集まると……みんな一目置かれる存在だしね」
「わたし以外はな!」(れな子)

 

「人から遊びに誘われた際に断ってはいけない」
「過去の過ちを繰り返さないために」(れな子)

 

「最近、マイとれなちんなんかあった?」
「ほらそうゆうとこ! 目配せとか、なんかエロい!」(小柳香穂)

 

「こんなの顔がいいだけの俺様野郎よ」(琴紗月)

 

「でもそうなんだよ」
「最近れな子が私の推しなんだ」(真唯)

 

 

「こうして水着姿を見ると、小さい頃に買ってもらったお人形みたいだ……」
「日本人離れどころか、現実離れしているよね……」(れな子)

 

「カフェよりプールのあるカフェのほうが、より需要を満たせると思わないか?」(真唯)
「そのチーズハンバーグカレーみたいな考え方やめなさい!」(れな子)

 

「はいはい……ありがとね。あなたのセンスだけはすてきだよ、もう」(れな子)

 

「……今よりもっと真唯と打ち解けたら」
「わたしも水着になって一緒に泳いだりできるのかな」(れな子)

 

「……付き合って一週間のやつとキスするような、チョロい女じゃありませんから」(れな子)

 

「無理矢理は趣味じゃないんだ」
「今日はこれで我慢しておくとしよう」(真唯)

 

「次のキスは唇に」(真唯)

 

「恋人同士はやっぱり息が詰まる」
「照れたり恥ずかしかったり、意識しすぎて緊張したり」
「こんなのぜんぜん楽しくない」(れな子)

 

「やっぱり今日の(私の部屋に来た)真唯は何かが違う」
「無防備で素直すぎる」(れな子)

 

「ただでさえ顔がいいんだから」
「殊勝にされるとかわいさだけが引き立ってしまう……」(れな子)

 

「これこれ……わたしが求めていたのは……」
「この(一緒にゲームをするような)安らいだ空間なんだ……」(れな子)

 

「もちろん私だってそのつもりさ。親友としても本当に楽しかったからね」
「恋人としてならきっと、もっと楽しいに違いないと私も確信しているよ」(真唯)

 

「今日の私と君では協力プレイよりむしろ」
「対戦プレイのほうがふさわしいと思うのだけれど」(真唯)

 

「だったら勝ったほうが相手に、なんでもひとつお願いをしても構わない」
「というのはどうかな」(真唯)

 

「恋人同士はこういう遊びをするものだろう?」(真唯)

 

「私はれな子にウソはつかないよ」
「だからあの帰りにゲーム機を買ってね、特訓したんだ」(真唯)

 

「唖然としたよ!」
「土日でここまで仕上げてくるあんたのその才能と執念にね!」(れな子)

 

「あわよくばという気持ちは、いつまでも持っていたい」(真唯)

 

「(止めなければ?) 子を、孕んでもらおうかと、な」(真唯)
「その○、ないだろお前!」(れな子)

 

「どっちみち冗談だ。大切なことを、こんなゲームで決めたりはしない」
「しっかりと君自身の意志で、わたしを選んでほしいからな」(真唯)

 

「どうせ最終的にはそうなるのだ」(真唯)
「決定事項みたいに言うんじゃない……」(れな子)

 

「……真唯ってもしかして……本当にわたしのこと、好きだったりするの?」(れな子)
「今さらか!?!?!?」(真唯)

 

「いや……プライドを売ってしまった気がして……おのれを恥じていた……」
「都合がよすぎる! わたしのばか!」(れな子)

 

「サプライズなどに頼る必要はない」
「私が本気で喜ばせると決めたのなら、世界中で喜ばない者などいない」
「君は必ず喜ぶさ」(真唯)

 

「私の主観を交えない客観的な事実を告げるならば」
「体が目的なら君を選ぶことはない」(真唯)

 

「私は、恋人になった相手には触れたいし」
「心はもちろんのこと体も結ばれたいと願っている」
「そんなに意外なことだったか」(真唯)

 

「(手のひらに汗?) 冷や汗だよ!」
「目の前の女がとんだ狼だって気づいた子豚のね!」(れな子)

 

「確かに(容姿は)多くの人に褒められる」
「だがなそれよりも、ただひとりの好きな相手に喜んでもらえるほうが嬉しい」(真唯)

 

「君は私を孤独の檻から救ってくれた、運命の人だからな」(真唯)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! 1-4巻セット (コミック)

 

→わたなれのインデックス

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました