「魔王学院の不適合者Ⅱ(2期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「魔王学院の不適合者Ⅱ(2期)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

魔王学院の不適合者Ⅱ(2期)

1話

「略奪剣に奪われた声は戻りはせぬ。そろそろその秩序とやらに記しておけ」
「俺の前では神の理(ことわり)すらも滅ぶとな」(アノス・ヴォルディゴード)

 

「髮ひもを新調したな」
「配下の装備に気付かぬほど、俺の目は曇っておらぬ」(アノス)

「装備とかいうのやめてくれるかしら」(サーシャ・ネクロン)

 

「気が付きすぎるのはよくない」(ミーシャ・ネクロン)

 

「2000年前を知らぬ蒙昧な君達に、知を授けるとしよう」
「まずは偽りの魔王アヴォス・ディルヘヴィアについて」(エールドメード・ディティジョン、熾死王)

 

「皆、誤った魔王の名を妄信してきた。転生した彼は、そこにいるというのに」
「魔王アノス・ヴォルディゴード」(エールドメード)

 

「まあ座れ。今のディルヘイドは平和だ。暴虐の魔王など、もはや必要もあるまい」
「認めたい者は認めよ。認めぬならそれでも構わぬ」(アノス)

 

「俺は普通の魔族と何も変わらぬ。力にもその血にも、尊さなど伴わぬ者だ」
「あるとすれば、それは己の心に宿る」(アノス)

 

「なればそれこそを磨け。悩み、迷い、葛藤せよ」
「あぐらをかきながら手に入るほど、尊さというものは安くないぞ」(アノス)

 

「下手な変装だな、天父神ノウスガリア」
「魔族の器を乗っ取って、神がここになんの用だ?」(アノス)

 

「(教鞭?) まあよい。話ぐらいは聞いてやる」(アノス)

 

 

「蒙昧な君達に教えよう」
「私は天父神ノウスガリア。神を生む秩序である」(ノウスガリア、天父神)

 

「敵意を捨てよ。奴を害しようという意思がなくば、何も起こらぬ」(アノス)

 

「随分と親切なことだが、何をたくらんでいる?」(アノス)

 

「この連中は見逃してやれ。殺したところで得もあるまい」(アノス)

 

「彼等が死ぬのは理(ことわり)だよ。変えることは出来ない」(ノウスガリア)
「そうか…試してみるか?」(アノス)

 

「世界を盾にすれば、見逃してもらえるとでも思ったか?」(アノス)

 

「2000年前の俺では出来なかったがな」
「この平和な時代に転生し、俺も1つ手加減というものを覚えた」(アノス)

 

「しばらく大人しくしてるがいい。俺の懐で授業でもしながらな」(アノス)

 

「神様はボク達と価値観が違って、秩序に乗っ取って行動するんだぞ」(エレオノール・ビアンカ)

 

「何、やることは1つだ」
「神の子を探し出し、身の程をわきまえさせてやればいい」(アノス)

 

「大丈夫だよ。君や君の友達、この平和な時代の人々を守るのが」
「勇者の、僕の使命だ」(レイ・グランズドリィ)

 

「それじゃあ…私はレイさんの平和を守りますね」(ミサ・イリオローグ)

 

「好きな人が死ぬかもしれないのに、自分が死ぬのを怖がってどうしますか」(ミサ)

 

「今の平穏より、来世の幸せより」
「欲しいのは、レイさんと一緒に歩いて行ける道です」(ミサ)

 

「式典は、皇族と混血が手を取り合う、新しいディルヘイドの始まりを意味する」
「必要なのは、凝り固まった血統至上主義をぶち壊す新しい風だ」(アノス)

 

「そんな歌は、お前達しか歌えぬ」
「俺が聴きたいのだ。呆れるくらいに平和な、お前達の調べをな」(アノス)

 

「この平和の世でわざわざ俺に挑んだのだ」
「相応の覚悟はしていような」(アノス)

 

2話

「(お前の術中?) 面白い、丸裸にしてやろう」(アノス)

 

「(俺が不利になる?) 勝負を少しでも公平にしてやろうと思ってな」
「ハンデなどいくらあっても足りはしないぞ」
「何せ、この俺に挑むのだ」(アノス)

 

「よく分かったぞ。君は許しちゃいけない人だ!」(エレオノール)

 

「サーシャの根源を2つに分けた時、本来宿るはずがなかった人格が生まれた」
「それが私…神の意は関係ない」(ミーシャ)

 

「そう、教えてくれてありがとう。でも間違ってるわよ」(サーシャ)
「うん。私達に命をくれたのは」(ミーシャ)
「神様なんかじゃ…なかったわ!」(サーシャ)

 

「なかなか面白い知恵比べだ」
「矛盾を解く鍵は、遊戯の中にないのだからな」(アノス)

 

「魔力を封じれば、俺に勝てると思ったか?」(アノス)

 

「どいて」
「私は…私」(ミーシャ)

 

「そうじゃない。想いは根源に宿るんだぞ」(エレオノール)

 

「緋碑王は凄いのかもしれないけど…ボクは魔王様の魔法だぞ」(エレオノール)

 

「知恵比べを挑んだ時点で、お前は負けていた…とは言わぬ」
「俺と戦おうなどと考えた時点で、とうに負けていたのだ」(アノス)

 

3話

「すまぬ、つい笑い飛ばしてしまった(物理的に)」
「あまり面白いことは言わぬ方が身のためだ」(アノス)

 

「(日食?) 問題ない」
「星の1つ、動かせぬ俺ではない」(アノス)

 

「この程度一夜漬け出来ねば、死は免れぬ」(アノス)

 

「勉強法なら任せておけ」
「お前達を立派な精霊学者にしてやろう」(アノス)

 

「答えが間違っているからといって、満点が取れないとでも思ったか?」(アノス)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
魔王学院の不適合者 1巻 [Blu-ray]

 

→魔王学院の不適合者のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました