「もういっぽん!」園田未知の名言・台詞まとめ

マンガ「もういっぽん!」園田未知の名言・台詞をまとめていきます。

 

もういっぽん!

1巻

「つーか(柔道は)中学最後じゃなくて、人生最後だし」
「スパっと一本勝ちで終わりにする!」

 

「いや、技名言うと気合いがはいるんですうううう」

 

「さっきの(失神した)試合映像が、もうネットで拡散されてる!!」
「誰だよ勝手に人の醜態を広めてるのは…」
「ご丁寧にアップで撮るなよ!!」

 

「最後の試合くらい逆転で…一本勝ちで終わりたかったんだもん」
「…もう長い間…投げて一本勝ちしてなかったからさ」

 

「けっこう頑張ってきたつもりだったけど、あんまり強くなれなかったねえ」

 

「高校じゃ、もうしんどい部活なんかやんない!」

 

「彼氏作って甘酸っぱい3年間を送って、卒業と共に遠距離恋愛とかになっちゃって」
「紆余曲折あるけどその後、真実の愛に気づいて幸せになるんだ」

 

「剣道ってさあ…臭いじゃん」

 

「たいして強くなれなかったから、もうやらないって決めたの」
「だから思い出させないでよぉ。『一本(こ)』の気持ちよさ」

 

「海は行く。日焼け止め、めっさ塗る。柔道もする。彼氏も作る!」

 

「忘れらんない。『一本』勝ちの試合…全部覚えてるかも」

 

「いよいよ青葉西高校柔道部…結成!!!」
「(再始動?) 『結成』のほうが高まるじゃん! 気分が大事なのだよ、早苗」

 

「(全国行った?) っつーことはさ」
「永遠ちゃんと練習すれば、私ももちっと強くなれるかもしれないってことじゃん?」
「超気持ちいい『一本』もっと取れるようになれるかも!」

 

2巻

「くうう…試合前からいちゃつく輩は負けるべし!」

 

「もっと気楽にいこ!」
「早苗がもしぶん投げられて負けたって、取り戻せる」
「1年前(あのとき)とは違う。3人いるもん」

 

「てか永遠ちゃんも天音さんも、よく我慢できるね」
「もし自分があんな豪快でド派手な」
「カッコいい秒殺瞬殺電光石火の『一本』試合で決めたら…決めちゃったら私…」
「我慢できん!!」

 

「いつもどおりいこ!」
「いつもの永遠ちゃんで! ね!」

 

3巻

「てかこないだの試合、南雲も超凄かったね。大活躍じゃん」
「一本とりまくりでカッコよかったな~」

 

「さすが籠手が全国レベルの臭さなだけあるわ」

 

「いや、なんかさ~…かっけーじゃん」
「こつこつやってきた証しがしみ込んでる感じで」

 

「剣道部やめるって言うとしたらってやつ」
「南雲がマジならいいんじゃん?」

 

「だってさ…あんなに籠手がめちゃ臭になるくらい」
「めちゃ頑張って、めちゃ強になったわけじゃん?」
「そんくらい…あんた剣道めちゃ好きなわけじゃん」

 

「なのに…そのあんたがもしマジでやめるって言うとしたらさ」
「たぶん…いや絶対さあ…ほかにめっっちゃ好きなもんでもできたってことじゃん?」
「だったらしゃあなくね?」

 

「いいんじゃん? 南雲が本気(マジ)ならさ」

 

「バカタレ、3人じゃないっつーの」
「4人! 試合に出られなくても4人で戦うの。あんたももう柔道部なんだから」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
もういっぽん! 1-21巻セット (コミック)

 

→もういっぽん!のインデックス

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました