「もういっぽん!」の名言・台詞まとめ

マンガ「もういっぽん!」の名言・台詞をまとめていきます。

 

もういっぽん!

1巻

「つーか(柔道は)中学最後じゃなくて、人生最後だし」
「スパっと一本勝ちで終わりにする!」(園田未知)

 

「いや、技名言うと気合いがはいるんですうううう」(未知)

 

「さっきの(失神した)試合映像が、もうネットで拡散されてる!!」
「誰だよ勝手に人の醜態を広めてるのは…」
「ご丁寧にアップで撮るなよ!!」(未知)

 

「最後の試合くらい逆転で…一本勝ちで終わりたかったんだもん」
「…もう長い間…投げて一本勝ちしてなかったからさ」(未知)

 

「けっこう頑張ってきたつもりだったけど、あんまり強くなれなかったねえ」(未知)

 

「高校じゃ、もうしんどい部活なんかやんない!」(未知)

 

「彼氏作って甘酸っぱい3年間を送って、卒業と共に遠距離恋愛とかになっちゃって」
「紆余曲折あるけどその後、真実の愛に気づいて幸せになるんだ」(未知)

 

「妄想が先走りすぎだよ」(滝川早苗)

 

「剣道ってさあ…臭いじゃん」(未知)
「柔道に言われたくない!」(南雲安奈)

 

「(柔道部は消滅?) 3人…先生に…聞いた」
「3人いれば部活…できるって」(氷浦永遠)

 

「たいして強くなれなかったから、もうやらないって決めたの」
「だから思い出させないでよぉ。『一本(こ)』の気持ちよさ」(未知)

 

 

「私が(中学の)柔道部に入ったのは未知(ともだち)に誘われたから」
「未知…もっかいやらない?」(早苗)

 

「海は行く。日焼け止め、めっさ塗る。柔道もする。彼氏も作る!」(未知)

 

「忘れらんない。『一本』勝ちの試合…全部覚えてるかも」(未知)

 

「購買(ここ)は戦場よ。勇気なき者に勝利の女神は振り向かない」(伊集院雅)

 

「私…柔道着着てる時は…ちょっと…勇気が出るんで…」(永遠)

 

「(青西に来たのは)一緒に…柔道したくて…」(永遠)

 

「あんな寂しそうな顔する人が…あんなに楽しそうに柔道する人が…」
「このままやめるわけないってわかってたから」(永遠)

 

「いよいよ青葉西高校柔道部…結成!!!」
「(再始動?) 『結成』のほうが高まるじゃん! 気分が大事なのだよ、早苗」(未知)

 

「(全国行った?) っつーことはさ」
「永遠ちゃんと練習すれば、私ももちっと強くなれるかもしれないってことじゃん?」
「超気持ちいい『一本』もっと取れるようになれるかも!」(未知)

 

「実力行使失礼しました、権藤先生」
「生徒たちが怯えてるように見えましたので」(夏目紫乃、先生)

 

「ご一緒した出張で現代教育における」
「生徒との適切なコミュニケーションについてともに学んだことですし」
「もう少しだけ距離感を改めてみては?」(夏目先生)

 

「それにより、ラグビー部を全国に導いたその見事な手腕が、さらに進化するかと」(夏目先生)

 

「今後、私がいない時は乱取り稽古は禁止!」
「監督する者がいないと、どうしても緊張感がなくなるもんだからね」(夏目先生)

 

「ちょっとした油断や気の緩みが、大きなケガにつながることもある…」
「大事にしなさい」(夏目先生)

 

「たった3年間の貴重な時間」
「棒に振るようなことになったら辛いからね」(夏目先生)

 

「(有名な選手?) キミらと同じ」
「初段。期待を裏切るようで申し訳ないが…普通の体育教師だよ」
「柔道も…顧問になってから本格的に始めたんだ」(夏目先生)

 

「でもその数年間で…一生懸命練習に励む生徒たちにみっちり鍛えられ…」
「そして教えられた」(夏目先生)

 

「知恵と工夫しだいで…権藤先生のような巨漢でも一蹴できるし」
「氷浦のような強者とも渡り合える」
「それが柔道だと」(夏目先生)

 

「最初の試合…団体戦を勝ち抜くために、少しは力になれるかな」(夏目先生)

 

2巻

「(氷浦) 忘れてないからね。あの日のあんたの顔」(天音恵梨佳)

 

「園田…空気は読めないが…」(夏目先生)
「…はい。気持ち(空気)…変えてくれるんです」(早苗)

 

「女子剣道部は!」
「期待のルーキー…この南雲安奈が5年ぶりのインターハイに連れてく!」
「柔道部は! あんたが連れてってやりな」(安奈)

 

「あの2人とじゃ、きついだろうけど」(安奈)
「そうかな…とっても心強いよ」(永遠)

 

「くうう…試合前からいちゃつく輩は負けるべし!」(未知)

 

「もっと気楽にいこ!」
「早苗がもしぶん投げられて負けたって、取り戻せる」
「1年前(あのとき)とは違う。3人いるもん」(未知)

 

「大黒柱を得て…強くなってるのは、きっと霞ヶ丘だけじゃないよ」(夏目先生)

 

「もつれる試合ほど終盤ポイントが生まれた瞬間、集中力が切れやすい」
「見逃さないこと」(夏目先生)

 

「勝ちたいよね。3人いるからこそ」
「全員が勝って喜びたいよね」(早苗)

 

「引退はまだ先、夏ですよ」
「優勝してインターハイ行くんだから」
「来週から妹尾と2人になるなんてヤ」(天音)

 

「氷浦に勝つ、青西に勝つ、全国も行く」(天音)

 

「てか永遠ちゃんも天音さんも、よく我慢できるね」
「もし自分があんな豪快でド派手な」
「カッコいい秒殺瞬殺電光石火の『一本』試合で決めたら…決めちゃったら私…」
「我慢できん!!」(未知)

 

「まあでも…笑顔(それ)ぐらいはいいんじゃない?」(永遠)

 

「いつもどおりいこ!」
「いつもの永遠ちゃんで! ね!」(未知)
「そ…そう、そう! 青西柔道部の永遠ちゃんで!」(早苗)

 

「でも…謝りたい」
「天音さんの代わりに選ばれた団体戦で、ふがいない試合ばっかりしてしまったこと」(永遠)

 

「あの時の弱い自分が悔しくて」
「だから青葉西に来て、少しだけ強くなれた(変われた)かもしれない今の自分で」
「もう一度、今の天音さんを超えてみせて、笑って、仲直りしたい」(永遠)

 

「でもやっぱり、謝りたい」
「自分のふがいなさを棚に上げて、氷浦を追い込んでしまったこと」(天音)

 

「あの時の弱い自分が情けなくて」
「だから霞ヶ丘に来て、少しだけ強くなれた(変われた)かもしれない今の自分で」
「今度こそ、今の氷浦を超えてみせて、笑って、仲直りしたい」(天音)

 

「…もっとだよ」
「もっと気持ちいい。ほんとに強い相手を投げたらね」(天音)

 

「ありがとう…ございました」(永遠)
「…バカ。笑うトコでしょ」(天音)

 

「勝つまでやんだから、また相手してよね」(天音)
「はい。お願いします」(永遠)

 

3巻

「(叫んでない?) 冷静な証拠かも」
「初戦は力みすぎて空回りしてたからね」
「今回はチームの勝敗がかかった大事な試合だし…」
「いつも傍にいる仲間も見てくれてる」(夏目先生)

 

「プレッシャーと安心」
「程よい緊張感が保てれば、集中力は研ぎ澄まされる」(夏目先生)

 

「(慎重に守れば?) うん、相変わらず」(早苗)
「…そうだね。いつもどおり…とっても気持ちよかった」(永遠)

 

「てかこないだの試合、南雲も超凄かったね。大活躍じゃん」
「一本とりまくりでカッコよかったな~」(未知)

 

「さすが籠手が全国レベルの臭さなだけあるわ」(未知)

 

「いや、なんかさ~…かっけーじゃん」
「こつこつやってきた証しがしみ込んでる感じで」(未知)

 

「園田。もし私が…剣道部やめるって言ったら…どう思う?」(安奈)

 

「もう…後悔したくなかったから」(永遠)

 

「中学の時…大好きな人に気持ちを伝えられないままだったり…」
「最後の試合の日も…未知さんの背中を見てることしかできなかったから」(永遠)

 

「私…南雲さんが羨ましい」
「あの時も…いや…いつも…いつも自分の気持ちに正直で…」
「堂々と行動しててカッコいいから」(永遠)

 

「剣道部やめるって言うとしたらってやつ」
「南雲がマジならいいんじゃん?」(未知)

 

「だってさ…あんなに籠手がめちゃ臭になるくらい」
「めちゃ頑張って、めちゃ強になったわけじゃん?」
「そんくらい…あんた剣道めちゃ好きなわけじゃん」(未知)

 

「なのに…そのあんたがもしマジでやめるって言うとしたらさ」
「たぶん…いや絶対さあ…ほかにめっっちゃ好きなもんでもできたってことじゃん?」
「だったらしゃあなくね?」(未知)

 

「剣道は今も大好き。剣道部の人たちもみんな凄くいい人だし」
「でも…でもごめんね、パパ」
「私…もっと一緒にいたい友達がいる」(安奈)

 

「隣じゃなくて、同じ場所で一緒に頑張ってみたい…」
「大好きな友達がいるんだ」(安奈)

 

「(楽しい子?) …でもバカ」
「きっと…私とは全然違う進路に進むんだろうなって」
「だからあと3年しか…今しかない」
「後悔したくない」(安奈)

 

「私、園田と部活したい。いい?」(安奈)
「いいんじゃん? 南雲が本気(マジ)ならさ」(未知)

 

「南雲ちゃん。今日はいよいよ…投げられよっか」(早苗)

 

「(はりきるのは)初心者だからじゃないかな」
「自分だけ白帯だから…早くみんなと同じになりたいって…」
「私も中学の時そうだったから…」(永遠)

 

「神童と呼ばれた私にとって、この(受け身)くらいは序の口よ」(安奈)

 

「氷浦ぁ。あんたが貸してくれた柔道の教本、ボロボロすぎ」
「どこの秘伝の書って感じ」(安奈)

 

「(秋まで試合は我慢?) 貴重な3年間、棒に振るようなことになったら辛いですからね」
「神童・南雲安奈の衝撃デビューは、秋のお楽しみってことで」(安奈)

 

「バカタレ、3人じゃないっつーの」
「4人! 試合に出られなくても4人で戦うの。あんたももう柔道部なんだから」(未知)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
もういっぽん! 1-21巻セット (コミック)

 

→もういっぽん!のインデックス

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました