「あやかしトライアングル」の名言・台詞まとめ

アニメ「あやかしトライアングル」の名言・台詞をまとめていきます。

 

あやかしトライアングル

1話

「妖(あやかし)って、だいたい怪しいじゃん」(花奏すず)

 

「もう大丈夫だよ。ごめんね、美味しそうなマシュマロちゃん」(すず)

 

「待てよ、すず。いつも言ってんだろ」
「妖とは関わるな。見えるからって、本来人が干渉すべきものじゃねえんだ」
「お前は無害な奴しか知らねえから!」(風巻祭里)

 

「すず、お前…」
「こんなに足太かったか!?」
「ま…まさかもう、妖から呪いを!」(祭里)

 

「モーレツバカ!」
「最近マジで気にしてんのに!」(すず)

 

「昔はこうじゃなかったのにな…」
「その格好、これから祓(はらい)の仕事なんでしょ?」
「頑張ってね、祭里」(すず)

 

「祭里は…まあ、幼馴染だね。家も割りと近所だし」
「それ以上に、おっきな共通点があったから…」(すず)

 

「あいつら、損してるよな、すず」
「こんな面白え奴等が見えねえなんてさ」(祭里)

 

「嬉しかった。お互いたった1人の、同じ世界が見える友達」
「小学校で私が人間嫌いにならなかったの、あいつがいたおかげかな」(すず)

 

「まあでも…てめえのせいとは言わねえよ」
「悪質な妖は、大体は人の怨念から生まれるからな」(祭里)

 

「風に散って、出直しな」(祭里)

 

「最近は会うと、ケンカばっかり…」
「高校生の男女なら、そろそろさ…あっても、いいよね…いろいろ」(すず)

 

 

「レベルの高い怪異ほど、力を隠すのも上手いものだ」
「奴は…シロガネは…数多(あまた)の妖術を操り、この地の妖の頂点に君臨し続ける」
「妖の王!」(風巻清弦)

 

「触り心地、マジマシュマロだわぁ。これ、たまんない!」(すず)

 

「俺、祓忍を継ぐよ。すずを妖共のエサにはさせねえ!」(祭里)

 

「ホント…配慮がズレてんだから」
「そうだったなら…初めからそう言いなさいよ、バカ祭里!」(すず)

 

「お前”生贄体質”だからだとか言えるわけねえだろ、アホすず!」(祭里)

 

「すずが行きそうたとこくらい、想像つくっつの」
「幼馴染だかんな」(祭里)

 

「このまま封じられたらあいつらきっと、イチャイチャするに決まってる!」
「吾輩を踏み台に、そんなハレンチ許せるものか!」(シロガネ)

 

「あれだ! 秘術”性醒流転”!」(シロガネ)

 

2話

「私より大きいから私のお古は使えない」
「て、何、この屈辱!」(すず)

 

「あれはしょうがねえって!」
「すずだって、急に男の体になったら、じっくり観察するだろ?」(祭里)

 

「きっと、祭里のおじいちゃんの口利きで、おんなじクラスになれたんだろうけど。でも…」
「ほらね。学校で仲良くする気ねえからって、顔に書いてある」(すず)

 

「女の子なのに、モーレツかっこいいじゃん!」(すず)

 

「俺を、すずの女友達にしてくれ。そうすりゃ、もっと近くで守れるからな」(祭里)

 

「みんなの前じゃ、ちゃんと女子やってやるよ」
「すずを守るためだ」(祭里)

 

「よく分かんないけど…私は、超ハイカロリーの悪魔的限定スイーツってこと!?」(すず)

 

「まあ…自分で思うのもなんだけど、結構いい体してるもんな」
「少しは気をつけた方がいいのかもな」(祭里)

 

「あり、なのかな? 女の子同士って…」
「あの時の祭里、かっこよかった」
「もし男子に戻れなくても、祭里ならいけちゃう? 私…」(すず)

 

「仕方ねえよ。たとえ、一生女のままだとしても…」
「人に害を成す妖は…祓うのが、俺の役目だ!」(祭里)

 

「祭里、簡単に受け入れないでよ!」
「私のせいで女の子になっちゃったんだもん」
「祭里が、一生男子に戻れないなんて…私が納得できないよ!」(すず)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
あやかしトライアングル 1-12巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました