「便利屋斎藤さん、異世界に行く」の名言・台詞まとめ

アニメ「便利屋斎藤さん、異世界に行く」の名言・台詞をまとめていきます。

 

便利屋斎藤さん、異世界に行く

1話

「(鍵は)シリンダー型とかに比べたら、ずっと簡単だったよ」(斎藤、サイトウ)

 

「サイトウは充実していた。元の世界よりずっと」(ナレーション)

 

「なんでも出来るんだな?」(ラエルザ・モーロック)
「まあ、便利屋だから」(サイトウ)

 

「でも、すごいんだな」(ラエルザ)

 

「ジジイは一度引退してるんだ」
「レベルは高いが物忘れが激しくて、よく呪文を忘れる」(ラエルザ)
「前は集合場所も忘れたよねぇ」(ラファンパン)

 

「私達のことも忘れた?」(ラファエル)
「もういい。こんなジジイ、最初からいなかった」(ラエルザ)

 

「じゃあ、カバン作ってやる」
「鍵屋と靴カバン修理は、セットでホームセンターに入ってるもんだ」(サイトウ)

 

「俺は…足手まといになっている」
「文明の進んだ世界から来たといっても、鍵開けや修理くらいしか出来ない」
「みんなに守ってもらう価値はあるのか?」(サイトウ)

 

「全部じゃないけど」
「魔力ないから魔法はダメだし、呪文だけでも覚えられればと思って」(サイトウ)

 

「暗記は得意なんだ。センターでやったから」(サイトウ)

 

「随分経ったな…魔法の使えないエリアだ」
「モーロックさんの呪文も効かないし、魔力で飛んでるラファも来られない」
「ここまで届くロープもない」(サイトウ)

 

「所詮は、鍵開けの腕を買われただけの雇われ」
「結局は、元の世界と同じ…」(サイトウ)

 

「本当にそうか?」
「違う、俺は…」(サイトウ)

 

「正直、来てくれるとは思わなかった」(サイトウ)

 

「パカね!」(ラファエル)
「わしらが見捨てるわけないじゃろ」(モーロック)
「サイトウの代わりはどこにもいないからな」(ラエルザ)

 

2話

「暗殺者の使う針?」
「ありますよ。誰を殺すんです? ラエルザさん?」(メヴェナ)

 

「一応、調理師免許を持ってる。本職には叶わないけど」(サイトウ)

 

「(この宝箱は)スルーだな」
「(罠がある) リスクは取らないんだ。魔法禁止エリアで懲りた」(サイトウ)

 

「魔法を使えないエルフが珍しい?」
「生来の才能に悲観してても仕方ないないだろ」(フランリル・リル・アーリル)

 

「だから俺は…殴る! 蹴る! 極める!」
「俺には魔法なんて必要ない」(フランリル)

 

「(サポートに徹する?) 嘘よ。本当は私…あなたの傷を見るのが好きなの」(ニニア)

 

「その傷口に私の魔力を注ぐ度、あなたが…私のものになっていく気がするから」
「神よ、私は…罪深い」(ニニア)

 

「そういう種族に生まれてしまった現実は変えられない」(ラエルザ)

 

「便利屋の技術や知恵でも、どうしようもないことはある」
「それでも…」(サイトウ)

 

「アイアンゴーレム!」
「サイトウ、絶対前に出るなよ! 私が負けたら、1人で逃げろ!」(ラエルザ)

 

「あれ? そもそも俺は、どうやってこの世界へ来たんだっけ?」
「この世界で死んだら…」(サイトウ)

 

「子供の頃から、器用な方だった。手先だけじゃなくて、運動も勉強もそこそこ」
「だけど…決して一番にはなれない」(サイトウ)

 

「気がつくと俺は」
「そこそこ便利だけど、代わりはいくらでもいる奴になっていた」(サイトウ)

 

「だから…嬉しかったんだ」
「この世界でみんなに、必要とされて…」(サイトウ)

 

3話

「(魅了にかかった?) 待て待て、サイトウ」
「ダメダメダメ…ここじゃダメェ!」(ラエルザ)

 

「もう(サイトウの)魅了解きましたけど…」
「もうちょっと待った方がよかった?」(ラファンパン)

 

「鉄砲があれば、俺でも戦いで役に立てるかもしれない」
「でも、この世界には持ち込みたくない」(サイトウ)

 

4話

「やっぱりサイトウは戻りたいのか?」
「元いた世界に…」(ラエルザ)

 

「おいおい! うちのサイトウをナメてもらっちゃ困るな」(ラエルザ)
「うちの? あんたのでしょ?」(ラファンパン)

 

「けっこういい奴だな、勇者様」
「弱いけど」(ラエルザ)

 

「未だ理解しえぬ戦士の価値観」
「されど…見守るしかない」(サイトウ)

 

「ダメよ! どんなにケガしても、石になってもいいけど…死んではダメ」
「私まだ、蘇生の魔法は使えないもの」(ニニア)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
便利屋斎藤さん、異世界に行く 1-8巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました