「解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ」の名言・台詞まとめ

マンガ「解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ」の名言・台詞をまとめていきます。

 

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ

1巻

「解雇、ですか…!?」
「四天王補佐の職を、解かれるというのですか!?」(ダリエル)

「違うわ。鈍いな馬鹿者が」
「四天王補佐ではない、魔王軍自体をクビだと言ってるんだ!!」(バシュバーザ)

 

「……あの方にご挨拶に行くか…」
「いやダメだ」
「約束も守れなかった分際で、合わせる顔はない」(ダリエル)

 

「(暗黒兵士?) ちがうぜ、リゼート」
「今は、ただのダリエルだ」(ダリエル)

 

「人間の作った武器に頼るなど魔王軍兵士の恥だ、もうそんな事は関係ないか」(ダリエル)

 

「昔見た勇者のマネをしただけだが、ここまで綺麗に決まるとは」(ダリエル)

 

「(クビ?) ダリエルさん…それおかしいですよ」
「だってそんな酷い事がありますか!?」
「ダリエルさんは頑張っているのに…!」(マリーカ)

 

「私がそこにいたら…その2代目ぶん殴ってやれたのに…!!」(マリーカ)

 

「(ある箇所を見ながら) 今の俺に、命などどれほどの意味があろう」
「俺を必要としてくれる場所があるなら、全力で応えるべきだろう」(ダリエル)

 

「あの…私、昔から頼られる事が多くて」
「だから…男の人に守ってもらったりとか初めてで」
「だから、とても嬉しかったです…」(マリーカ)

 

 

「勘違いしてたのは…俺の方だったってのか?」
「魔族の中で育ち、当たり前の様に自分を魔族だと。でも本当は…」
「俺は…人間だった……?」(ダリエル)

 

「魔族ではなく人間として、冒険者として、俺は生きていく」(ダリエル)

 

「ダリエルくん…キミはもっと広い世界に羽ばたく人かもしれない」
「これだけ稀有な才能を持つ人は初めて見た」
「こんな小村に押しとどめておくのは、ワシらのわがままだ」(エンビル)

 

「ありがとうございます。ですが…居場所が無い俺を、貴方達が救ってくれた」
「その恩を返したい…叶うなら俺はこの村で暮らしたいです」(ダリエル)

 

「冒険者にお願いするのは森の奥地とか…危険な所とか…」
「あとは、めんどくさい時とかですね!」(マリーカ)

 

「そのマリーカさんっていうのやめてほしいです…」
「そろそろ私の事は呼び捨てで…」
「『さん』付けって他人っぽいじゃないですか…」(マリーカ)

 

「胸騒ぎがする…魔王軍時代から、このざわめきを無視すると必ず後悔した」
「最善は尽くすべきだ」(ダリエル)

 

「今回は、命を懸ける必要がありそうだ」(ダリエル)

 

「時々だけど…こうやって感じるんだ。そして気付く」
「全部…繋がってるんだって」
「この世に無駄なコトなんてないってな…」(ダリエル)

 

「失われて初めて実感する……」
「我々には彼の力が必要だ…!」
「勝つために…ダリエルを連れ戻すべきではないか?」(ドロイエ)

 

「い…今…マリーカって呼んでくれた…!」
「まるで…自分のものみたいに…!!」
「好き!!」(マリーカ)

 

2巻

「ひ…退くならば…追いはせん!!」
「挑むなら、命の惜しくない者から来い!!」(ダリエル)

 

「魔王軍の兵士たちよ!」
「誇りを忘れたか!! 知っているはずだ…!」
「非戦闘員を1人でも殺せばそれは、ただの殺人だ!」(ダリエル)

 

「そんな…あんな恥ずかしい所まで見られてしまったら…私…」
「貴方と添い遂げるしかないわ…」(マリーカ)

 

「キミのプライドを傷つけないよう気遣ったつもりなんだけど、通じなかったらしい…」
「キミ、ぼくちんが思ってるより、ずっとバカなんだね」(魔王)

 

「キミはさ、もっと彼に助けてもらいなよ?」
「何ていったかなぁ…ダリエル君だ。あれこそ有能ってやつだよねぇ」(魔王)

 

「賢いし優しいし…キミのパパ君が四天王を務めきったのも」
「ダリエル君のような巧者を傍らにおいていたからだろうね」(魔王)

 

「さぁ…どうするのかな? 彼は」
「ダリエル君はもういないのに」(魔王)

 

「早く…私たちの子供にも見せてあげたいですね…!」
「あ! 心配しないでください!」
「私は子供ができても、旦那様の事もちゃんと大事にしますから…!」(マリーカ)

 

「(ダリエルさんを侮辱した?) 殺してきます」(マリーカ)

 

「(戻って来い?) 嬉しいけど」
「クビになって…途方に暮れてた俺を迎え入れてくれた人たちがいるんだ」
「今は…その人たちのために働きたいと思ってるから」(ダリエル)

 

「だからこそだ」
「ミスリルなんかのために、未来永劫…誰も血を流さないために話し合うんだ!!」(ダリエル)

 

「俺さ…どっちも大切なんだ…魔族も人間族も」
「いつか…種族とか関係なく、皆が仲良くなれたらいいよな」(ダリエル)

 

「ごめんなさい、ダリエルさん…私…汚されちゃったんです」
「だから…早く上書きしてくれませんか…?」(マリーカ)

 

「何でワシの技を教えてやらにゃいかんのじゃ!?」
「絶対嫌だね!」(スミス)

 

「これから作る武器は万人のためのものではない」
「唯一人のための…4特性全てを活かす最強の武器…」
「ワシの夢は、ダリエル…お前の剣だよ」(スミス)

 

「(手を組む?) 嫌です。あなたは俺の愛するものを傷つけ過ぎた」
「どちらにしろ喰われるなら、強く義理堅い方を選びます」(ダリエル)

 

「皆…俺の事を考えてくれてただろ」
「それが嬉しいから戦う。もう決めた」(ダリエル)

 

「じゃあ、私も決めました」
「明日の晩御飯はシチューです! ダリエルさんの大好物!」
「だから…絶対無事に帰ってきてください」(マリーカ)

 

「気を抜いて勝てる相手じゃない…」
「ケガさせたくないとか考えていられない!」(ダリエル)

 

「今のが見えないんだったら、参ったといってください」(ダリエル)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ 1-8巻セット (コミック)

 

→解雇された暗黒兵士(30代)のインデックス

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました