「ツルネ」小野木海斗の名言・台詞まとめ

アニメ「ツルネ 風舞高校弓道部」小野木海斗の名言・台詞をまとめていきます。

 

ツルネ 風舞高校弓道部

1話

「神聖な弓道場で、うっせえんだよ!」

 

2話

「入ったところで、俺は認めないぞ。あんな下手くそ」

 

3話

「俺は言うことコロコロ変える奴が一番嫌いなんだ。俺はお前を認めねえ」
「5人目としても、この弓道部の部員としても絶対認めねえからな!」

 

「弱小校が強豪校に勝つっていうシチュエーションがいいんじゃねえか」

 

「やっぱり、俺はまだ鳴宮のこと信用できねえ」
「でも遼平。仲間のために必死になってるお前のことなら信じられる」

 

「そんなお前が鳴宮を信じてるなら仕方ねえ」
「俺もとりあえずは鳴宮のことを認めてやる」
「ただしあくまでとりあえずだけどな」

 

「だがいいか、怠けたりなめた射をしやがったら、容赦なく叩き出すからな!」

 

4話

「チームワーク? 思いっ切り個人競技だろ」

 

「仲良しクラブじゃないんだ。中たればよし、外れれば負け」
「その公明正大さが、弓道のそもそものいいとこじゃねえか」

 

7話

「気楽になんかいけっかよ」
「俺達の部は今年できたばっかで、つまりデビュー戦だぜ。なんでも最初が肝心だろ」

 

「なんだてめえら!」
「出来損ないのドッペルゲンガーみたいに並びやがって!」
「もっとホラーな顔にしてやろうか!」

 

「うっせえな! 仲間、バカにされて黙ってられっかよ!」

 

「(勝ち負けは)二の次なんかじゃねえ。俺達は勝つために出場してんだ!」

 

8話

「いい音させやがって…かっこつけんな、俺」

 

「そ…そんなの全然ちげえし!」
「俺はチームメイトとして普通のことしただけだし。お前のためとかじゃねえし」

 

9話

「とどのつまり、スタイルの問題だな」
「競技としての弓を選ぶか、道(どう)としての弓を選ぶか、の話に通じる気がする」
「的中を極めるにしろ、射型を極めるにしろ、弓の道は果てしないんだよ」

 

12話

「遼平、七緒、竹早、鳴宮」
「マサさんに指導してもらったことを、しっかり思い出せ!」
「今、俺達に出来る最高の射をするんだ!」
「んで、ぜってえ決勝進むぞ!」

 

ツルネ はじまりの一射(2期)

1話

「自分をしっかり保つ心意気でやる」

 

2話

「準備万端。県大会優勝がまぐれなんて、誰にも言わせたくねえからな」

 

3話

「(辻峰は)湊と静弥が評価してんだぞ、強えに決まってんだろう!」
「だったら、研究しとかねえとダメだろうが!」

 

「(負けたのは)俺のせいだ」
「大前なのにちゃんとみんなに背中を見せることが出来なかった」
「悪かった」

 

4話

「(調子を崩したのは)湊のせいじゃない」
「事実を言っただけだ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ツルネ -風舞高校弓道部- 第一巻 [Blu-ray]

 

→ツルネのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました