「転生したら剣でした」師匠の名言・台詞まとめ

アニメ「転生したら剣でした」師匠の名言・台詞をまとめていきます。

 

転生したら剣でした

1話

「俺は、どうやら死んだらしい」
「しかし異世界で、なんとモフ耳美少女に転生…ではなく、転生したら剣でした」

 

「彼女との出会いは偶然…いや、俺達にとって偶然を越えた奇跡だったんだ」

 

「罪悪感とかあると思ったが…あれ、妙な満足感」
「ひょっとして剣としての仕事を果たしたからか?」

 

「にしても装備者のいない剣って…孤独だぁ!」

 

「装備者がいたらケガじゃ済まなかったぞ。もっと強くならないとな」

 

「もうホント誰でもいい! 拾ってくれ! 頼むから! 俺って優良物件だよ!」

 

「これで俺を装備するだけでメチャクチャ強くなれますよぉーー!!」

 

「(モフ耳) 使え! 俺を使え!」

 

「感情が表に出づらい無口っ子か」
「そんなことより、俺を抜け! モフ耳よ!」

 

「俺がお前を強くしてやる! 行くぞ!」

 

「ええ話や、分かった! 俺がお前を鍛えて強くして絶対に進化させてやる!」

 

「これは成長したら周りがほっとかないなぁ。て、ダメだ! 許しませんよ!」
「フランに近づくなら、剣の俺を倒してからにしな!」

 

2話

「何よりフランは優しい子。こんないい子が装備者になってくれたことに感謝だ!」
「俺は人生を懸けて…いや、剣生を懸けて、この子を強くしてやろうと思う」

 

「(町には)いろんな武器があるな。まっ、俺ほどの激レアはそうあるまい!」

 

「俺って激レアな魔剣だと思ってたのに…」
「俺より攻撃力高い剣、ゴロゴロいるんですけどぉ!」

 

「フランはやっぱりいい子や」
「そうだな、スキルでフランのサポートをする。それこそが俺の存在価値だ!」

 

3話

「(初めての防具) うんうん。強い上にかわいくなったぞ!」

 

「(すごい部屋?) いや、そんなにすごくないぞ。普通だ」

 

「きっと俺は…お前が進化して一人前になるまで、俺が保護者だ。覚悟しとけ!」

 

「きっと俺は、フランのためにこの世界に来たんだ」

 

4話

「俺は、フランを守ることばかりで、フランが傷つくのをただ恐れていた」
「だけど、フランが欲しいのは借りものの、見せかけの強さじゃない」

 

「傷と痛みに耐え、死線を乗り越えた先で手に入る、本物の強さだ」
「フランにはその覚悟がもう既にあったんだ」
「師匠の俺も覚悟を決めよう!」

 

「回復と背中は任せろ!」
「フランは、前から来る奴ら全部責任持ってきっちりぶった斬れ!」

 

「フランは、弱いだけの子猫じゃない」
「己の理想を目指し牙を研ぐ、猛獣の子だ」
「うちのフランは凄えぞ!」

 

「先輩達には悪いが、うちのフランが手柄は全部いただくぜ!」

 

5話

「フラン。生きて帰ったら俺の一番の得意料理を食わせてやるからな」
「ああ、その名もカレーだ」

 

「エキストラスキルに暗黒魔術。得体の知れないスキルばかりだ」
「ランデルの話によれば、グレーターデーモンの脅威度はB」
「1人で国を滅ぼしかねない奴ってことだ」

 

「大丈夫だフラン、安心しろ。すぐにくっつけた」

 

6話

「フランは、自分の進化を目指して強くなってきた」
「だが、それだけじゃなくて、フランの中で、誰かのために立ち向かえる強さも育ってきているんだ」

 

「フランはきっと、まだまだ強くなる。師匠の俺が、足を引っ張ってどうすんだよ!」

 

「フラン! 逃げるのはなしだ」
「力を貸してなんて言われたら、引くに引けねえじゃねえか」

 

「感じてるかもしれんが、このままじゃ奴は倒せない」
「だから、ここで賭けに出る」
「俺とフランの力を全て使った賭けだ。乗ってくれるか?」

 

「(全部預ける?) おう、任せろ!」

 

「おい! グレーターデーモンさんよ」
「よくも俺の大事な大事なフランを傷つけやがったな」
「フランが受けた痛み…のしつけて返すぜ!」

 

「脅威度Bの上級悪魔さんよ。大人しくフランの経験値に…なりやがれぇ!」

 

「ああフラン君、勝手に殺さないでくれたまえ」

 

「ああ。俺は魔石を食らえば魔力が回復するし、自己修復もあるから多少欠けても平気だよ」

 

8話

「フラン、大丈夫か?」
「今のお前は進化を目指す黒猫族の冒険者だろ?」
「グレーターデーモンとも剣を交えられるぐらい強くなった」
「こんな奴に、フランは負けない! 俺が保証する!」

 

「そうだった…」
「こんなにも命の軽い世界で、俺の住んでた世界の価値観を押し付けるのは違う…か」
「だったら、俺の役目は…」
「分かった! ただし殺す時は俺で斬れ! いいな!」

 

「自己満足かもしれないが」
「せめてこの子の覚悟を少しでも一緒に背負ってやることが出来れば」

 

「にしても、見境なく(魔石を)吸収してるから、スキルもすごい数になってきたな」
「だんだん把握するのが大変になってきた」

 

9話

「フラン、相手にしなくていいぞ。問題は起こさないにこしたことはないからな」

 

「あんなに嫌いだった分割思考まで使って、アマンダに本気を出させ」
「鞭技に風魔術、それに絶対防御のユニークスキルまで使わせたんだ」
「一矢報いたよな」

 

11話

「これまでに得たスキルの中に何かないか? 何か忘れてないか?」
「こういう時に使えるスキルがあるはずだ。考えろ、俺!」

 

「さすがにここで召喚魔術なんか使ったらアマンダにバレちまう」
「いや、そんなの構ってられるか!」
「何よりも大事なのはフランだろ!」

 

「フラン、お前は負けない。俺が保証する!」

 

「1人でよく頑張ったな。お前はホント…自慢の弟子だよ」

 

12話

「この先、どんな冒険が待ってんだろうな?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
転生したら剣でした 1-12巻セット (コミック)

 

→転生したら剣でしたのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました