「ワンピース」オトヒメの名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」オトヒメの名言・台詞をまとめていきます。

 

ワンピース 魚人島編

540話

「構いません! 彼のため!」
「この手が砕けても、伝えなければならないのです!」

 

「盗んだお金で育てられた子供達は、幸せになれますか?」
「子に胸を張れない生き方をしちゃいけません!」

 

「だけど…私も…謝りたい…ごめんなさい」

 

「王族なのに、同じ国に住むあなたの気持ちに気づいてあげられなくて…」
「あなたの心の声が…痛みが…胸に突き刺さる」

 

「このリュウグウ王国を、地上へ移すのです!」
「肌の色が違う、姿形が違う」
「そういう人間達が私達を理解してくれる日を待つのではなく」
「こちらから寄り添い、彼等を知るのです!」

 

「地上から海底まで1万メートル。これが私達と人間達との認識の距離」

 

「出来ないから始めないのではなく、最初の1歩を踏み出しましょう」

 

「あなた達の生きる未来…母は、きっと変えてみせます」

 

541話

「だけどあの日、とても彼(タイガー)を止めることなど出来なかった」
「彼の心から聞こえる声が、大きな悲鳴を上げていたから」

 

544話

「世界には!」
「もっと、素敵な場所があるのに…行ってはいけない場所なんてあるはずないのに…」
「何か大人びた理由をつけて自分を納得させ、諦めてるだけじゃありませんか!」

 

「勇気を出して…一番欲しいものを欲して下さい!」

 

「その障害が人間ならば、みんなでぶつかりましょうよ」
「そうすれば、魚人島の子供達の生きる未来が少しだけ…変わるかもしれない!」

 

545話

「皆さん…銃を捨てて下さい」
「子供達が見ています」

 

「あなた達の心の叫びは、痛いほど伝わってきます」
「つらいでしょうけど…その人間達への怒りを、憎しみを、子供達に植え付けないで!」
「彼等はこれから出会い、考えるのですから」

 

「まだ、お話があるようですね」
「ならば私が地上まで同行します」

 

「国王であり、大騎士のあなたならば、よもや人間に捕まることもないでしょう」
「いいえ、強いあなたでは意味がないのです」

 

「か弱き者でも、旅をして無事に帰ってこられる世界でなければ」
「国民達に地上の安全を証明することは出来ません」
「だからこそ、人一倍体の弱いこの私が、地上へ行く意味があるのです」

 

「信じて。あなたの選んだ妻と…人間を」

 

546話

「勇気ね…私はあの瞬間、本当にこの島は変わることが出来るという勇気をもらったのです」
「そう…海王類が魚人島をのぞき込んだ、あの日」
「あれは、しらほしが呼んだのよ」

 

「いつかその力を正しく導く者が現れ、そしてその時…」
「界には大きな変化が訪れる…という言い伝え」
「それが本当なら、きっとこの島にも大きな変化が訪れる」

 

「人を救おうとすれば、幾千もの命を救える愛の力」
「悪意を持てば、世界を海に沈めてしまえるほどの、この世で指折りの怖い力」

 

「この力にはまだ、彼女自身も気づいていないし、コントロールも出来ない」
「もしもしらほしの身に、前以上にショックな出来事が起きたら、今の彼女は無意識に海王類を大暴走させてしまうかもしれない」

 

「今はまだ、私がなんとかしますから大丈夫」
「だから、あなた達はいつの日か、立派な戦士に成長し、兄として、戦士として」
「妹のこと、命を懸けて守って下さい」

 

「早く火を! 署名を守るのです!」
「大事な署名なのです! 守らなければ!」
「無駄にしてはなりません…みんなの思いが詰まっているのです」
「魚人島の未来が懸かっているのです!」

 

「そばにいて、私の天使達…そんなに怖い顔しないで…」
「油断しちゃった…みんなの署名が嬉しくて…幸せで…」

 

「フカボシ王子、悔しいのは私です…」
「だから…犯人がどこの誰であれ…私のために怒らないで下さい…」
「私のために…怒りや憎しみに取り込まれないで…」

 

「もうひと息よ…本物の、太陽のもとまで…」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました