「ワンピース」ナミ(新世界編)の名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」ナミ(新世界編)の名言・台詞をまとめていきます。

 

ワンピース 魚人島編

→ワンピース(ナミ)

517話

「結構です。私、男待ってんの」
「もう一度だけ言うわよ。あんたじゃ私に釣り合わないから飲まないって言ったの」
「お分かり? 麦わらの…誰だっけ?」

 

「ウソップ、久しぶり!」
「何よ、ちょっとたくましくなっちゃって!」

 

519話

「呆れた…ロビンは20年も世界政府から逃げ抜いたのよ」
「袋に詰められて連れていかれるなんて…考えられない」

 

521話

「あっ…確かにルフィだもんね。穏やかに出航できた試しがないわ」

 

522話

「待って、ルフィ!」
「(メカへの) 気持ちは分かんないけど後にして!」

 

523話

「でも…魚人島を目指す船は到達前に、7割沈没するので注意」

 

527話

「勝機はゼロ、だから逃げる!」
「この船の空気全部使って、クー・ド・バーストで魚人島に突っ込むの」
「そうしなきゃここへ来て、全滅よ」

 

530話

「ちょっと、ここあんた(パッパグ)のお店なんだって?」
「何よ、この値段! ぼったくり!」

 

「私も行きたい! 竜宮城…お宝の匂いがプンプンするわ」

 

533話

「残念ね。こんな大きなバブリーサンゴ見つけちゃった」

 

「はぁ…ただ平和に観光とショッピングを楽しんでたのに」

 

「本当に急いでるの。だから意地悪しないで教えて」
「宝物庫はどこ?」

 

535話

「なんでこうトラブルに巻き込まれちゃうのかしら?」

 

「どうしてこういう奴等ばかりなのかしら?」
「うちの一味って」

 

537話

「(みんなは)大丈夫よ。心配して心配が当たったことないもん」

 

539話

「何があっても、今更アーロンを不憫だなんて思うつもりはない」
「だけど…私は2年前、シャボンディ諸島に着くまで、あんなに強い魚人達が、人間から迫害を受けていたなんて知らなかった」

 

「ケイミーが人さらいに捕まって、それを追ってた時、私は目を疑った」
「目の前に広がるシャボンディパークが、アーロンの建てたアーロンパークにそっくりだったから」

 

547話

「やめて!」
「やめて、私が嫌いなのはアーロン」

 

「とにかく、あんたがアーロン一味の黒幕じゃなくてよかった」
「だって、ルフィの友達なんでしょう」

 

「確かに、アーロン一味にはひどい目に遭わされたけど」
「そんなひどい渦の中、出会った仲間もいるのよね」
「全部つながって、私が出来てんの」

 

「魚人だからって、恨みはしないわ」
「だから…私の人生に勝手に謝らないで」
「捨てたもんじゃないのよ。今、楽しいもん!」

 

553話

「大丈夫よ、初めから急いでた」
「ルフィが作戦通りにじっと待つなんて、そんな奇跡あるわけないもの」

 

554話

「10万が何よ! やってやろうじゃないの! (みんなが)」

 

556話

「私は外怖いから(新兵器に)乗ってんの!」

 

557話

「弱いなんて失礼ね! 私は怖がりなだけよ!」

 

「魔法の天候棒(ソーサリー・クリマ・タクト)」
「突風にご注意を」
「突風(ガスト)ソード!」

 

「これで分かってくれた?」
「ウェザリアの天候の科学を…ナメないで!」

 

561話

「やめてよ、魔術師なんて」
「”魔法使いちゃん”って呼んでね!」

 

「魔法っていうより、ホントは計算された科学だけどね」

 

570話

「あんた達! なんであいつ(財宝泥棒)吹き飛ばしたのよ!」
「なぜここで殴って縛り上げなかったの!」

 

573話

「さあ、みんな! 気持ちを入れ替えてね!」
「海に出たら、安全な場所なんてないわよ!」
「また、暗黒の海を通るんだから」

 

「いいわよ。(新世界の)どこへでも連れてったげる!」

 

574話

「魚と命と、どっちが大事なのよ!」
「目を離したたった10分で、よくもここまでトラブルを呼び込めたわね」

 

「(新世界では) 指針、的外れ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました