「ワンピース 東の海(ココヤシ村)編」の名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース 東の海(ココヤシ村)編」の名言・台詞をまとめていきます。

 

ワンピース 東の海(ココヤシ村)編

31話

「帰ってきたわ、またここに。私の…ふるさと」(ナミ)

 

「魚人に手を出すな、忘れたの? この町は…ゴサの町は、たった1人の村人が魚人に背いたために皆殺しに遭ったのよ」(ノジコ)

 

32話

「じゃあ死ね」
「死ぬの覚悟でやるんなら復讐上等。でもこれだけは覚えとくんだね」

「あたしと、そのアーロンパークの魔女があんたを邪魔したことで、あんたは二度命拾いしてるんだ」(ノジコ)

 

「ガキだろうとなんだろうと、死にたい奴は死なせてやりゃいいんだよ。つらい中で生きていく意地なんて、どうせそいつにはないんだ」

「私は知ってる。遠い未来を見据えて、今は死ぬよりつらい生き方に耐えてる子を。だからこいつみたいに、真っ先に死ぬことを考えてる奴が大っ嫌いなの!」(ノジコ)

 

「てめえこそ、なんのつもりだよ?」
「人1人も見殺しに出来ねえ小者が、粋がってんじゃねえぞ」(ロロノア・ゾロ)

 

「(貢ぎ金) その名の通り、あいつらに差し出してる金のことさ。私達は毎月、自分の命を金で買ってるの。大人も子供もね」(ノジコ)

 

「戦って死ぬことで支配を拒むつもりなら、8年前のあの時、既にそうしていた」
「だが、みんなで誓ったはずだ。私達は耐え忍ぶ戦いをしようと…生きるために」(ゲンさん)

 

「死んでしまっては全てが終わってしまう。耐え忍ぶ戦いをやめるな、私が死んでも…」(ゲンさん)

 

「あいつとの約束までもう少し」
「何がなんでも1億ベリー稼いで、私はこの村を買うの!」(ナミ)

 

33話

「なんで邪魔をするの?」
「もうすぐ全てが上手くいくのに…もうすぐ」(ナミ)

 

「何事もなく、事は運ぶはずだった」
「あんた達は私の8年間のビジネスを無駄にしかねない。だからせめて…私の手で消してあげる」(ナミ)

 

「私のビジネスのためよ…」
「こうするしかなかったの…」
「おとなしく死んで」(ナミ)

 

「仲間? 私に仲間なんていないわ!」
「私がこの一味に入った理由は一つ…ココヤシ村を買い取るため」(ナミ)

 

34話

「デタラメ言うな! ナミがウソップを殺すわけねえだろうが!」
「俺達は仲間だぞ!」(モンキー・D・ルフィ)

 

「なんだと、コラ。恋はいつもハリケーンなんだよ!」(サンジ)

 

「寝る!」
「島を出る気はねえし、この島で何が起きてんのかも興味ねえし、ちょっと眠いし、寝る」(ルフィ)

 

「これが現実だよ。私達は、アーロンの支配から抜け出すことが出来ないの」(ノジコ)

 

「この島に残る理由? あるさ、あいつがここに残ってる」
「俺にはどうでもいいことさ。誰を航海士にするかは、あいつが決めることだ」(ゾロ)

 

「なぜ泣いてたんだろう、ナミさんは?」
「心ん中でな」(サンジ)

 

「聞いたよ。あんた一緒に旅してる間、楽しそうに笑ってたって。あんたのそんな姿、何年も見てないのにね。話して、あの連中は何者?」

「私にはなんでも話すって約束だろ?」(ノジコ)

 

「あいつらのこと、忘れるつもりだった…心の中から、消したはずだった…」
「だけど、消そうとすればするほど思い出した」(ナミ)

 

「私ね、自分の背負った運命を一時忘れたことがあったわ」
「出来ることなら、ずっとこの連中と一緒にいたいって本気で思ってた…」(ナミ)

 

「仲間か…この子には、一番…つらい言葉だ」(ノジコ)

 

「俺はいい」
「あいつの過去になんか興味ねえ」(ルフィ)

 

35話

「もう少しだよ、ベルメールさん。もう少しで何もかも返ってくる」
「ココヤシ村も、ミカン畑も、私の夢も」(ナミ)

 

「私は、私の航海術で世界中の海を旅するの。そして、自分の目で見た世界地図を作るんだ!」(ナミ)

 

「血がつながってないから何?」
「そんなバカなこと、二度と口にしないで!」(ベルメール)

 

「ベルメールさん、私達3人は家族だよ。ナミだってきっとそう思ってる。さっきはつい…」(ノジコ)

「私が大人げなかったね。ナミを連れ戻して来てくれる。とびっきり美味しい夕食作って待ってるから」(ベルメール)

 

「ベルメールさんは私達がいない方が幸せなのよ…」
「子供が2人もいればお金もかかるし、私のせいで村の人にも嫌われちゃうし…」(ナミ)

 

「安心しろ。あいつもお前くらいの頃は、この村で有名な悪ガキだった」
「その悪ガキが海兵になると言い出した時には、村中驚いたっけ」

「『なんの罪もない人々を殺戮する海賊が許せない』、そう言って村を飛び出していきおった」(ゲンさん)

 

「(戦場で赤ちゃん笑ってる) 人の気も知らないで…」(ベルメール)

 

「(私は)いいから早く!」
「お願い、死なせないで! その子達を助けて! お願いだからぁーー!!」(ベルメール)

 

「私がこの子達の親になる…そう言ったの」
「もう決めたの! 私だってもう大人よ。海軍だって入ったし、少しはまともな人間になったつもり。この子達は、私が責任をもって育てる」

「こんな時代にも負けないような、立派な人間に育ててみせる」
「私は、この子達と生きていく。ナミとノジコは、私に命をくれたの」(ベルメール)

 

36話

「残念ね、私は元軍人なの」
「グランドラインの海賊が、はるばるこのココヤシ村へなんの用?」(ベルメール)

 

「無力、無力、無力、無力、無力! 下等な種族が、何と無力なことよ!」(アーロン)

 

「ベルメール! つまらん正義感で命を無駄にするな」
「意義のない戦いもある、金で解決できる問題もある」(ゲンさん)

 

「私やだ。どうして(島を)出て行かなきゃいけないの? 勝手にやってきたのはあいつらの方だよ。私…この村に住んでたいよ」

「貧乏だから? もうベルメールさんの子でいちゃダメなの?」
「どうして? どうしてなの?」(ナミ)

 

「待ちな、誰が私の分だって言った」
「その10万は2人の娘の分。私のは足りないよ」(ベルメール)

 

「ごめん、ゲンさん。私、家族がいないなんて言えないや。たとえ、命を落としても…」
「そりゃ確かに血のつながりはないけどさ…家族なんだ」

口先だけでも親になりたいじゃない。あいつらは、私の子でしょ?」(ベルメール)

 

「もっといろいろ、本でも服でもいっぱい買ってあげたかった」
「ごめんね…母親らしいこと、何もしてあげられなかったね」(ベルメール)

 

「あんたは、夢を叶えるんだよ…生きてね」(ベルメール)

 

「ノジコ! ナミ!」
「大好き」(ベルメール)

 

「誰にも負けるな。女の子だって、強くなくちゃいけない」
「人に褒められなくたって構わない。生まれてきたこの時代を憎まないで」

「いつでも、笑ってられる強さを忘れないで」(ベルメール)

 

「もういいよ! やっぱりいいよ! 助けなくていいから! お願い!」
「もう誰も死なないでぇぇぇーーー!!!」(ナミ)

 

「生き抜けば、必ず楽しいことがたくさん起こるから」(ベルメール)

 

「正しく生きてベルメールさんみたいに殺されるなら、私正しくなんて生きたくない!」(ナミ)

 

「ねえ…ベルメールさん、言ってたよね。生き抜けば、必ず楽しいことが起こるって。たくさん起こるって」

「私、分かった。自分で何とかしなきゃって」
「村を買えば、自由になれる。もう誰も死ななくても済む」
「1人でやるしかない。誰かに助けを求めたら、また人が傷つくから」(ナミ)

 

「つらいよ…ベルメールさんを殺した奴と一緒にいるなんて、つらいよ」(ノジコ)
「平気。あいつの顔見たって私、笑っててやる。もう泣かないって決めた」
「1人で戦うって決めたの!」(ナミ)

 

「これ以上あの子を苦しませないで」
「1人で戦わなきゃいけないあの子にとって、仲間と呼んでくれる奴等がいることが一番つらいんだよ」(ノジコ)

 

「後、たった一回の航海で全てが終わる。ココヤシ村のみんなも、私も、アーロンから解放されるんだ

「そしたら…そしたら私やっと、心の底から笑えそうな気がするよ…ベルメールさん」(ナミ)

 

37話

「この子の金は、このココヤシ村を救うための金だ!」
「それでも貴様らに、金を奪う権利がるのか、海軍!」
「知っていたよ…ナミ」(ゲンさん)

 

「あの時、お前の行動がどうしても信じられず、ノジコを問い詰めたんだ。あの時から村中のみんなが知っている。村を救うために、お前がアーロン一味に身を置いてきたことを」

「だが我々は知らぬフリをしてきた。お前がアーロンから逃げ出したいと思った時、私達の期待が足を引っ張ってしまうからだ」(ゲンさん)

 

「幸せをかみしめてるのさ」
「ナミさんは人の何倍もの苦しみを背負って生きてきた。その苦しみを俺が取り除いてあげる、こんな幸せがあるか?」

「美しい人のために戦う、それのどこが悪い?」(サンジ)

 

「お願い、早まらないで」
「死んじゃいけない、全て終わっちゃう! 生き抜かなきゃ、何もかも終わっちゃう!」(ナミ)

 

「もういいんだ。無駄なことぐらい分かってるだろう」
「我々の命を1人でしょってよくここまで戦ってくれた。お前にとってあの一味に入ることは、身を切られるよりつらかったろうに」

「よく戦った…」(ゲンさん)

 

「行かせない! やめてよ、みんな。もうあいつらに傷つけられる人を見たくないの!」
「死ぬんだよ」(ナミ)
「知っている」(ゲンさん)

 

「何よ、何も知らないくせに。8年間、この島で何があったのか知らないくせに」(ナミ)
「ああ、知らねえ」(ルフィ)

「あんたには関係ないから。島から出てけって言ったでしょ」(ナミ)
「ああ、言われた」(ルフィ)

「出てけ! あんたなんか、出てけ! 出てけ! 出てけ! 出てけ! 出てけ! 出てけ! 出てけ! 出てけぇ…」

「ルフィ…助けて」(ナミ)
「当たり前だぁぁぁーーー!!!」(ルフィ)

 

「アーロンってのはどいつだ?」(ルフィ)

 

38話

「うちの航海士を泣かすなよ!」(ルフィ)

 

「戦う理由? ナミの姉貴が泣いていた」(ジョニー)
「命を懸けるのに、これ以上の理由がいるのかい?」(ヨサク)

 

「まいったね、どうも」
「俺はとんでもねえアホのキャプテンについてきちまったらしい」(サンジ)

 

「俺の騎士道が生ぬるいかどうか試してみろよ。これでも俺は半生を無敵の海賊に育てられたんだ」(サンジ)

 

「もう状況は変わってんだよ。お前らが俺達を潰してんじゃねえ、俺達がお前らを潰してえんだ!」(ゾロ)

 

「お前の相手は、俺だろうが!」(ウソップ)

 

「水中で呼吸も出来ねえとはな」
「人間はつくづく哀れな生き物だ」(アーロン)

 

39話

「魚がコックに逆らうな!」(サンジ)

 

「俺には会わなきゃならねえ男がいるんだ」
「そいつにもう一度会うまでは…俺の命は、死神でも取れねえぞ!」(ゾロ)

 

「魚野郎のパンチが40段?」
「それなら、いつもくらってたクソジジイの蹴りは400段だな」(サンジ)

 

「3本だろうが…6本だろうが…そんなことは関係ねえ!」
「俺の剣とお前の剣じゃ、1本の重みが違うんだよ!」(ゾロ)

 

「たとえ普通は気絶するほどの傷でも…俺は倒れちゃいけねえ」
「たとえ普通は死んじまうほどの傷でも…俺は死んじゃいけねえ」

「普通じゃねえ鷹の目に勝つためには…普通でいるわけにはいかねえんだ!」(ゾロ)

 

「もう、泣くだけ泣いた! 弱音も吐いた! 覚悟も決めた!」
「行かなきゃ、みんな戦ってるんだ!」(ナミ)

 

40話

「こいつ絶対に許さん。俺が…俺が誰も守れねえだと?」(サンジ)

 

「俺の騎士道が甘いだと?」
「俺が誰も守れんだと?」
「デザートは…いらねえか?」(サンジ)

 

「しょせんは雑魚。コックに逆らおうなんざ100と5万年はええ」
「このゲーム…俺達の勝ちだな」(サンジ)

 

「いやあ…俺の戦いっぷりときたら…なんて…なんてみっともねえ!」
「なんて…みっともねえんだ!」(ウソップ)

 

「村を一歩出た瞬間から、もう捨てたはずだ。平穏や安全なんて」

「毎日命張って生きてるから、あいつらは本当に楽しそうに笑うんだ。だから海へ出ようと決心したんだ、俺も目一杯笑いたくて」

「今ここで全力で戦わなかったら、あいつらと同じ船に乗る資格なんてあるはずがねえ!」
「あいつらと本気で笑いあっていいはずがねえ!」(ウソップ)

 

「ちょこざいだろうがなんだろうが関係あるか。とにかく、この戦い男ウソップ逃げるわけにはいかねえんだ」

「負けりゃ死ぬさ。俺はもう、海賊なんだ」(ウソップ)

 

「俺は海へ出て海賊になった! 俺は戦う!」
「ウソじゃねえ。本物の勇敢なる海の戦士になるために、もうのんびりと楽しいだけの海賊ごっこは、終わったんだあ!」

「この勝負さ。酒は燃えるんだぜ」(ウソップ)

 

「(アーロン) あんたを殺しに」(ナミ)

 

41話

「でも! ルフィ…」
「あいつの言葉を、疑っちゃいけない」(ナミ)

 

「みんな、ごめん! 私と一緒に、死んで!」(ナミ)

 

「(違い?) ああ、見せてみろよ。魚なんかに俺が負けるか」
「俺は、海賊王になる男だ!」(ルフィ)

 

42話

「何も出来ねえから助けてもらうんだ!」(ルフィ)

 

「俺は剣術を使えねえんだ、このやろー!」
「航海術も持ってないし、料理も作れねえし、嘘もつけねえ」

「俺は助けてもらわねえと生きていけねえ自信がある!」(ルフィ)

 

「てめえに一体なにが出来る?」(アーロン)
「お前に勝てる!」(ルフィ)

 

「あいつは…ナミは…」
「俺達の航海士だ!」(ルフィ)

 

43話

「使う?」
「お前、あいつをなんだと思ってる?」(ルフィ)

 

「魚人がどう偉いとか…海図がどうとか…事情とか、そんなことはよく知らねえけどな」
「やっとあいつを助ける方法が分かった!」

「こんな部屋があるから、いけねえんだ」
「いたくもねえあいつの居場所なんて、俺が全部ぶっ壊してやる!」(ルフィ)

 

「ナミ! お前は、俺の仲間だぁぁぁーーー!!!」(ルフィ)
「うん」(ナミ)

 

44話

「ベルメールさんが生きてたらさ、私が海賊になること止めたと思う?」(ナミ)
「止めないね」
「もし止めたとしても…あんたが言うこと聞くの?」(ノジコ)
「絶対聞かない!」(ナミ)

 

「止めたって無駄だよ、私は行くからね。私がそう決めたんだ」(ベルメール)

 

「ナミはお前の船に乗る、海賊になる。危険な旅になる、それはしょうがないことだ」
「それいはいい。だがな…お前達がナミの笑顔を奪うようなことがあったら、私がお前を殺しに行くぞ」(ゲンさん)

 

「こら、泣くな。嵐で畑が全滅したくらいなによ。つらいことが合ったって、笑ってられる強い女の子になるんだ。そしたら、楽しいことがやってくるから」

「必ずやってくるから」(ベルメール)

 

「じゃあ、初めて書いたこの島の地図は夢の一歩ね」(ベルメール)

 

「終わったよ、ベルメールさん。8年もかかったけど、やっと自由になれた。私も、みんなも。ベルメールさんの言ってた通りだね」

「生き抜けば、きっと楽しいことがやってくるって。ホントだった」(ナミ)

 

「8年間いっぱい海図や地図を描いたけど、残ったのはこの1枚だけだった」
「でも、だからこそ、私は今度は自分のために海図を描いていこうと思ってる」

「あいつらと、仲間と一緒に世界中を旅して回ろうって…それが夢だったんだから」
「だから…だからこの島に戻るのはいつになるか…」

「もう、行くね」(ナミ)

 

「みんな、元気でね!」(ナミ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました