「異世界おじさん」エルフ&メイベルの名言・台詞まとめ

アニメ「異世界おじさん」エルフ(黒色)&メイベル(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

 

異世界おじさん

1話

「触らないで! 勘違いしないで!」
「あんたみたいなオーク顔と一緒で吐かずにいられるのは、あたしぐらいなものね」

 

「勘違いしないで、これは貸しよ。生涯かけて、地べたをはって償うといいわ」

 

3話

「醜い顔…でも隠さないのね。ぶきっちょ…バカね。逃げて!」

 

「伝説(の武具)と言えば聞こえはいいが…つまるところは骨董品だ」

 

「(お礼に)今晩、ご飯おごって。それでチャラ」

 

4話

「(支えてくれてよかった?) えっ? にゃっ!」

 

「だ…だらしないわね!」
「いいわ、仕方ないからこの先もずっと…ずーっと支えてあげるわよ!」

 

5話

「あなたが魔炎竜を凍神剣で封印せずに倒してくれたおかげさまで、剣を護り時代につなぐ私、そんなしょうもない義務から解放されましたよーっと!」

 

「そうね…花屋さんでお花に囲まれたり、ケーキ屋さんで味見したり、お人形屋さんでモフモフしたり…私にはそんな過酷な重労働、耐えられないよ」

 

6話

「お母さん…お母さん…」
「労働いやーっ! お母さん言ったじゃない」
「『人生クソチョロ、凍神剣一生絶対食いっぱぐれない』って言ったじゃない」
「働きたくないよ、お母さん」

 

8話

「氷の刃に溺れて、お眠りなさい」

 

「(おじさん) 帰れよ~!」

 

「王国の正規騎士になったんだよ」
「お賃金も福利厚生もしっかりしててね。これもう冒険者なんてカスだよ、カス」
「将来とか考えたら、やるだけ時間の無駄だって」
「ウルフ君もさあ、早くこっちまで上がってきなよ。待ってるよ~!」

 

 

9話

「やっと見つけた!」
「オークが竜に変化したとかで、王都は大騒ぎ。巷はその噂で持ちきりよ」
「面倒なことになってるじゃない…ったく」

 

「バカ。あんたなんか…オークで十分よ」

 

「私を王女と呼ぶな!」

 

「(”じゃあ”で終わり?) 待ちなさい! もう、なんであんたはそう…」

 

「(匂いは)寝てる時、しっかり嗅いだわよ」
「ち…違うわ! 別に好きで嗅いだわけじゃなくて、抱きしめ…し・め…」
「絞め殺そうとして嗅いだのよ」

 

「私はオーク顔ほど優しくない」
「まばたきで終わる!」

 

10話

「わぁ~! お布団地べたに敷いてあるわ! 粗野だわ!」

 

「何よ…1ヶ月も捜しまわったのに、バカオーク」

 

12話

「(正規騎士?) 視野が狭いね」
「まっ、性分…かな。王都の空は私には狭くて…ねっ」

 

「はっ? 銭ジャブ? 日本バハマル、クソチョロじゃん」

 

「もしよかったらなんだけど…ウルフの故郷の歌、私、歌おっか?」
「だって…とても寂しそうに見えたもの」

 

「いつかは元の世界に帰るの?」
「私も行きたいな、ウルフのふるさと。不思議な世界」

 

「はいはい、出ました出ました。メイベルメイベル、アリシアアリシア」
「何よ、あの子達の名前ばっかり呼んじゃって。私の方が付き合い長いのに」
「あんた1度も私の名前…」

 

「な…なんで急に教えるのよ」
「”なんて”って、名前は大事でしょうが」

 

「わ…私は…スザイル ギラーゼ ガルネルブ ゼギルレア グランゼルガ=エルガよ」
「スザイル ギラーゼ ガルネルブ ゼギルレア グランゼルガ=エルガよ!」

 

「バカ陽介! 他の人がいる所では呼んじゃダメってことよ」
「私もあんたの名前、呼ばないわ」

 

「だって、独り占め…」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
異世界おじさん 1-8巻セット (コミック)

 

→異世界おじさんのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました