「異世界おじさん」たかふみ&藤宮の名言・台詞まとめ

アニメ「異世界おじさん」たかふみ(黒色)&藤宮澄夏(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

 

異世界おじさん

1話

「2017年秋…17歳の時にトラックにはねられ、17年間昏睡状態だった叔父が…目覚めた」
「頭がおかしくなっていた」

 

「一週間後…退院したおじさんの力を、金に変えて食っていこうと心に決めた」

 

「重い! 皿洗いしながら聞く話じゃない」

 

2話

「おじさんにとって、SEGAハードが無駄遣いなはずなかった」

 

3話

「(伝説級の魔獣1000体?) おじさん…なんでこんな時にそんな面白そうな話するの」

 

「それは僕がこれまで悪意のゴミためばかりを見てきただけで、善意や助け合いのネット世界も確かに存在した」

 

「ニートの高齢化が深刻な問題になってるらしいんですよ」
「無職の叔父が甥っ子の家に転がり込んで、人生メチャクチャにしたり…あり得ませんよね」

 

「今はやっぱりクソむっさいおっさんよりバーチャルユーチューバー!」
「美少女アバターの時代だよ!」

 

4話

「男物のシャツか…たかふみ、こういうのにグッと来たり? ないか」

 

「裸ぐらい見せてやったら…ちょっとは変わるかな?」
「まあ見られて減るもんでも…」

 

「ごめん…そういうの意識しないようにしてるんだけど、藤宮かわいいから、つい…」
「友達にそういう目で見られるの、嫌だよな…ごめん」

「そういう風に見られて…私はむしろ嬉しい…よ」

 

「俺…友達の着替えを見てしまったんだ。責任を取りたい、記憶を消して欲しいんだ」
「や…やめろ! 記憶を消すなんて、バカ! 私は嫌でもなんでもない!」

 

「藤宮…ありがとう。昔のままだ、お前は本当に優しいな」
「それやめろ! いい話にするの、ホントやめろ!」

 

6話

「(最初は)上手くいった部類だったのか、これ」

 

7話

「現代人がスマホなしで外出するのは、コントローラーなしでゲームするようなものだよ」

 

「だって…男子大学生は人間じゃないから」
「虫…駆除しないと。藤宮が新歓コンパでお持ち帰りされてしまう」

 

8話

「たかふみ。異世界の話に救いを求めてるのかな?」

 

「これって…”現代倫理観無双”!」
「中世の人権意識の低い高慢な異世界人を、現代の倫理観の棒でぶっ叩く一方的論破力!」
「これは…叩きがいがある」

 

「(田淵先生) レスバ最強すぎる」
「これ(鉄拳制裁)が90年代教師の力」

 

9話

「(暑い?) 氷の魔法使えば部屋冷やせるんじゃないんですか?」

 

「分かる。将来の不安とか何もなくていいよね、竜」
「竜に逃避するのやめろ」

 

「(人類絶滅寸前からスタート?) そんな地獄みたいなゲームばっかりしてるから…」
「90年代のゲーム会社は人類に何か恨みでもあったの?」

 

10話

「おじさん…むやみに記憶消そうとしないで下さい」

 

「聞こえますか? 偉大なる記憶の精霊様」
「ここは成人しかいませんから、修正基準ザルで大丈夫です」
「朝チュンは逃げです、よろしくお願いします」

 

「幼馴染ってそんなに(恋愛に)弱いのか?」

 

11話

「俺はおじさんの強さを信じてる。おじさんは必ず立ち直る」
「だから、映像見ながら信じて待とう。だから、はい! 早く、続きを!」

 

12話

「メイベルさん、なんでマウント取りたがるんだ」

 

「おじさんには、敵を倒して先に進む以外の選択肢はないの?」
「場当たり的にも程がある」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
異世界おじさん 1-8巻セット (コミック)

 

→異世界おじさんのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました