「不滅のあなたへ」ヒサメの名言・台詞まとめ

アニメ「不滅のあなたへ」ヒサメの名言・台詞をまとめていきます。

不滅のあなたへ(2期)

1話

「知らないことはいいことです。だってこれから新しい驚きや感動に出会えるんでしょ?」
「正しいことや間違ってること、あなたのことや愛のこと」

 

「ダメです! この(腕の)ノッカーは祖母から母へ、母から私へと受け継いだ、守護団の意志そのものなんです」

「この子は私の血を吸って生きている。私の言うことは聞いてくれます」
「よしよし…ほら、もう大丈夫」

 

「私は、ハヤセの生まれ変わりなのです」

 

「あなたをサポートする。それが守護団の仕事です」

 

「この人はノッカーがいるために、ずっと島に引きこもっていました」
「そういった心の檻から解放し、居場所を作ってあげるのが私達の仕事です」

 

2話

「怖いですね、このオバサン。あなたを殺そうとして…でも大丈夫、私が守ってあげます」

 

「いいんです! この左手はもうこの子にあげたんです」

 

「ダメ…私にはまだやらないといけないことがある」

 

「(これからは)守護団の維持に努めます」
「いずれ子供を産み、私の血を…いえ、ハヤセの血を未来へつなげるのです」

 

「ハヤセにはある望みがありました」
「それは守護団の活動とは別の秘密の目的で、我々親子の間でのみ共有されてきました」
「フシ。私はあなたとの子供が欲しいです」

 

「母が言うには、一緒に寝ればいいとのことです」

 

「年頃の娘じゃないと妊娠できないらしいです。それと”欲しい”と思わなければ…」
「いいですよね?」
「母には『お前にはまだ早い』と言われましたが、、私がんばって産みますから」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
不滅のあなたへ 1-18巻セット (コミック)

 

→不滅のあなたへのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました