「BLEACH(ブリーチ)」石田竜弦の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」石田竜弦の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 破面・出現篇

110話

「やれやれ」
「無様な姿だな、雨竜」

 

「(竜弦?) 父親の名を呼び捨てか。相変わらずだな、雨竜」

 

111話

「超速再生など取るに足らん。それをさせる前に、片付ければいいだけのことだ」

 

「(能力を捨てた?) だから、お前はバカだというんだ」
「言ったろ? 『私には興味がない』『お前には才能がない』と」

 

「石田竜弦。好むと好まざるとに関わらず、それが先代・石田宗弦から全ての力と技術を継承し、最後の滅却師(クインシー)を名乗ることを許された、唯1人の男の名だ」

 

「雨竜…お前は未熟だ」
「未熟なまま尸魂界(ソウル・ソサエティ)へと向かい、そしてその未熟な力すらも失った」

「そして、己の小さな自尊心に突き動かされるまま動き、何も果たせず終わった」
「だが…私なら、お前のその失った力を元に戻してやることが出来る」

 

「信じられないか? だが事実だ」
「ただし、それには1つ条件がある」
「今後一切、死神には関わらんと誓え」

 

122話

「(力を取り戻せるのか?) 無論だ。お前が、死にさえしなければな」

 

126話

「全く…なぜ五架縛(グリッツ)を使ったのだ?」
「あそこで使っていたのが聖噬(ハイゼン)だったら…手傷くらいは負わせられたものを…」

「だからお前はバカだというんだ。ヘドが出る」
「だがまあ、今日のところは見逃してやる」

 

破面・虚圏潜入篇

143話

「滅却師(クインシー)の力は取り戻してやった。後は、それを生かすも殺すも奴次第だ」
「生きるも、死ぬもな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました