「不滅のあなたへ(2期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「不滅のあなたへ Season2 (2期)」の名言・台詞をまとめていきます。

不滅のあなたへ(2期)

1話

「この世界に遣わされた神秘の存在。永遠の生命を有する者…フシ」
「巡り合う人々、その感情、痛み、死」
「それらの刺激によりフシは成長する。そして、獲得する。フシの旅は続く」
「願わくは、それが彼自身の人生であらんことを」(ナレーション)

 

「なあ、俺がこの島に来てからどれくらい経つ?」(フシ)
「もうすぐ40年だ」(観察者)
「何年も何年も何やってんだろ」(フシ)
「お前には万物を保存するという課題がある」(観察者)

 

「たとえばあの海を再現できるようになれば、お前は完成したと言えよう」(観察者)

 

「お前には意識が必要だ」
「”あれは自分のものだ”という意識が」(観察者)
「きっと1000年後だな」(フシ)

 

「(やりたいことをする) だから、もう誰にも会わない、そう決心したんだ」
「俺はカニとして生きていくことにした」(フシ)

「素晴らしい。人の姿では獲得できないものを手に入れようとするのだな」(観察者)

 

「人間をやめると考え込む必要もなくなった」
「好きな食べ物や匂いを想像し、時々警戒する。それだけだ」(フシ)

 

「急に罪悪感に襲われたりもした」
「みんなの死を使って生きている自分が嫌だったんだ」
「かといって、みんなを失うのも嫌だった」(フシ)

 

「その後もノッカーは来た。俺は戦い、倒して、食うだけだった」
「40年…みんな、元気だろうか」(フシ)

 

「知らないことはいいことです。だってこれから新しい驚きや感動に出会えるんでしょ?」
「正しいことや間違ってること、あなたのことや愛のこと」(ヒサメ)

 

「ノッカーが襲った場所へ行けば、また新たなノッカーを引き寄せてしまうかもしれない」
「でも、ヒサメ達を上手く利用すれば、みんなを助けられるかも」

「ヒサメ…ハヤセの孫だからといって、危ない奴じゃなさそうだ」(フシ)

 

「ダメです! この(腕の)ノッカーは祖母から母へ、母から私へと受け継いだ、守護団の意志そのものなんです」

「この子は私の血を吸って生きている。私の言うことは聞いてくれます」
「よしよし…ほら、もう大丈夫」(ヒサメ)

 

「私は、ハヤセの生まれ変わりなのです」(ヒサメ)

 

「人もよく、生きながらえる方法を思いつくものだな」
「確かに意志さえ引き継げば存在は残り続ける」(観察者)

 

「動物を動かすには肉体という器と、それを満たすファイが必要だが、一度使われたファイを新たな器へと移し替えることを生まれ変わりというのだろう」(観察者)

 

「ファイは器を動かすエネルギー体。人間はそれを魂や精霊などと呼んでいる」(観察者)

 

「今の状態が気持ち悪いなら免疫をつけるべきだな」
「少しずつ接触するのだ。最初は苦しいが、やがて平気になる」
「相手のことをよく知らないから苦に思うのだ」(観察者)

 

「あんたは若い。誰かに支配されるには、まだ早すぎる」(フシ)
「やっぱりあなたは優しい方ですね」(ヒサメ)

 

「あなたをサポートする。それが守護団の仕事です」(ヒサメ)

 

「この人はノッカーがいるために、ずっと島に引きこもっていました」
「そういった心の檻から解放し、居場所を作ってあげるのが私達の仕事です」(ヒサメ)

 

「毒に侵された人間はね、毒に強いんだよ」(トナリ)

 

2話

「あんたは分かってない。ノッカーはフシにも、あんたにも害を及ぼす」(トナリ)

 

「怖いですね、このオバサン。あなたを殺そうとして…でも大丈夫、私が守ってあげます」(ヒサメ)

 

「大丈夫だよ、フシ。私、今いい気分なんだ」(トナリ)

 

「こんなオバサンのために何かしてくれるの? 嬉しいねえ」
「それじゃあ、私がおっ死ぬまで、隣にいてくれる」(トナリ)

 

「(それだけ?) 十分だ」(トナリ)

 

「それ(島を出なかったの)は…誰かが死ぬ姿を二度と見たくなかったから」(フシ)

 

「俺はピオランって人と、ずっと一緒だった」
「彼女が死んだ時、誰にも会わなければ、こんなつらい思いをしなくて済む、そう考えたんだ」(フシ)

 

「私は、あんたを理解してくれる人が…仲間ってのが、あんたには必要だと思うんだよね」(トナリ)

 

「違うね。みんなは死ぬ、俺は生きる。それがずっと続く」
「俺は1人でも生きていける。仲間なんていらない」(フシ)

 

「フシ。みんなの生きてた時のこと、たくさん思い出してあげて」
「それだけで、生きててよかったと感じるの」(トナリ)

 

「1本の矢より、たくさんの矢ですよ」
「あなたの仲間は、あなたを悲しませるために生きてきたのではありません」(サンデル)

 

「お前がそう思うならば、それが次にお前のやるべきことだ」(観察者)

 

「いいんです! この左手はもうこの子にあげたんです」(ヒサメ)

 

「ダメ…私にはまだやらないといけないことがある」(ヒサメ)

 

「(これからは)守護団の維持に努めます」
「いずれ子供を産み、私の血を…いえ、ハヤセの血を未来へつなげるのです」(ヒサメ)

 

「ハヤセにはある望みがありました」
「それは守護団の活動とは別の秘密の目的で、我々親子の間でのみ共有されてきました」
「フシ。私はあなたとの子供が欲しいです」(ヒサメ)

 

「母が言うには、一緒に寝ればいいとのことです」(ヒサメ)
「それだけで? 今までいろんな人と一緒に寝たけど、子供なんて出来なかったぞ」(フシ)

 

「年頃の娘じゃないと妊娠できないらしいです。それと”欲しい”と思わなければ…」
「いいですよね?」
「母には『お前にはまだ早い』と言われましたが、、私がんばって産みますから」(ヒサメ)

 

「仲間探しははかどらなかった」
「俺を理解してくれそうな人を見つけても、死を見届けなければと思うと、なかなか先には進めない」(フシ)

 

「その人が死んだ後に残るもの。それが俺にとっての仲間だ」(フシ)

 

3話

「意見なら我々(守護団)を受け入れた街の領主に言うがいい」
「我々は市民の安全しか考えていない」(カハク)

 

「仲間にはならない。でも…」
「死ななくていい誰かが死なずに済むなら、あんたらと一緒にいるよ」(フシ)

 

「彼等(騎士)の鎧より、信仰心の方がより強固です」(カハク)

 

「黒いの。俺の知らない所で、今まで何人ノッカーに殺された?」(フシ)
「1万3036人だ」
「自然災害で死んでる人数に比べたら、大した数字ではない」(観察者)

 

「お前が僕に与えてくれるなら、僕もお前に与えてやろうと言うのだ。お前の欲するものを」
「僕はウラリス王国王子の、ボンシェン・ニコリ・ラ・テイスティピーチ=ウラリス」

「貴様のことなど、全てお見通しだ!」(ボンシェン・ニコリ・ラ・テイスティピーチ=ウラリス)

 

「最初はそれを期待してたよ。でも気づいてしまったんだ」
「俺は…俺がノッカーに倒された時に、これまで出会ってきた大切な人達を忘れてしまうのが…怖い」(フシ)

 

「だからといって、今生きてる人達の命を戦いの犠牲にするのも嫌だ」
「だから決めた。次、誰か大切な人がノッカーに殺されたら、その時は…」(フシ)

 

「言わなきゃ何も分からない。言って初めて分かることもある。誰が悪か?」(ボンシェン)

 

「次…目の前で誰か大切な人がノッカーに殺されたら、俺はやめるつもりだ、これを…」
「ノッカーにこの身体を全て渡して、奴等の襲撃を終わらせる」(フシ)

 

「残念だ、フシ。お前が今のお前を全て失っても、また一からやり直すだけだ」(観察者)

 

「フシ。この僕ボンシェンが、お前に新しい世界を与えてやる」
「自分を捨てるかどうか決めるのは、その後だ!」(ボンシェン)

 

4話

「(フシを使い果たしたら?) 自由を与えよう」(観察者)

 

「逃げるなよ。逃げてもボンは必ずお前を捕まえる」
「どこまでも、何度でも!」(ボンシェン)

 

「友達、恋人か…意味は知ってるけど、いまいちピンとこないな」(フシ)

 

「この世には、目に見えるものと、見えないものがある」
「そんな当たり前のことに気づくのに、随分と時間がかかってしまった」
「なぜなら、僕には全て見えているから。当然、将来も見えていた」(ボンシェン)

 

「国民に媚び売るのが、そんなに偉いのかよ!」
「僕はただ、いい僕でいようとしただけなのに。みんなのために!」(ボンシェン)

 

5話

「人を好きになるって、苦しいことなのか?」(フシ)

 

「俺に出来るのは、死んだ彼女になること。それと…」
「抜け殻の彼女を作り出すことだけだ」(フシ)

 

「僕がいい人だって? それは間違いだ」
「僕はただ、自分の目標のために君を利用している心の狭い男だ」
「お前もそうなんだろ? 黒いの」
「僕もあんたと同じさ。僕は王になる。それまでフシは離さない!」(ボンシェン)

 

「どうしてだか、私はあの時幸運だと思ったんです」
「正直に(女の子と)言ってしまったら、この幸運を逃してしまうと…」(トド、本名:アイリス)

 

6話

「ダメだ…やめろ、フシ。お前が自分の価値に気づいてしまったら、その時は…」
「きっと誰も、お前を支配できなくなる」(ボンシェン)

 

「人はみんな、何かに納得して、少しでも…笑顔を残して死ななきゃダメなんだ」(フシ)

 

「人間の不幸がどんなものかお前には分かるのだな。ああ、なんて偉くなったものだ」
「まるで人間になったかのようだ」(観察者)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
不滅のあなたへ 1-18巻セット (コミック)

 

→不滅のあなたへ
→不滅のあなたへ(フシ)
→不滅のあなたへ(観察者)
→不滅のあなたへ(マーチ&パロナ)
→不滅のあなたへ(グーグー&リーン)
→不滅のあなたへ(トナリ)
→不滅のあなたへ(ヒサメ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました