「BLEACH(ブリーチ)」東仙要の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」東仙要の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 尸魂界・潜入篇

38話

「戦いか…そんなものがなければ、人は醜い感情に惑わされることもなく、醜い悲劇も起こりはしないのに」

「私は戦いを、心底憎むよ」

 

尸魂界・救出篇

45話

「恨みはない。だが平和のためには消すもやむなし」
「鳴け、清虫(すずむし)」

 

「許せ、旅禍。無意味な戦いの、これが結末だ」
「眠れ。君達の戦いは、じき終わる」

 

51話

「無論、僕はいつもと変わらない。このめしいた目に映るのは、常に血に染まぬ道だけだ」
「君と歩む道は同じだと信じているよ、狛村」

 

53話

「更木剣八。私は、お前が十一番隊の前隊長を殺して、隊長の座についた時から確信にも似た強い不安を感じていた」

「この男は魔物だ。暴力を食らい血をすする。我々とは違う存在だ」
「そして、いずれ必ず平和を破滅させると」

 

「違う。気に食わぬなどと言っているのではない。許しがたいと言っているのだ!」
「恨みはない。だが、平和のためには消すもやむなし」

 

「無駄だ。私を捕らえることなど出来ない」
「たとえどれほどの手練であっても、突然光を奪われたら最後、そこにかすかな恐怖が生まれるからだ」

「かすかな恐怖は動きを半歩遅らせる。生まれた時から光を持たぬ私の動きには」

 

「なるほど…やはりお前は魔物。恐怖など、元よりないわけか」

 

「正義が足りぬと言うなら、私が正義そのものになろう」
「そして、世界の全ての邪悪を雲のごとく消し去ろう。私の正義の全てを懸けて」

 

「私は…私の正義の全てを懸けて、お前を止めなければならないのだ」

 

62話

「私のこの目に映るのは、最も血に染まる道だけだ。正義は常にそこにある」
「私の歩む道こそが、正義だ」

 

破面・出現篇

122話

「私は調和を乱す者を許すべきではないと考える。それだけだ」

 

「そうだ、大義だ。貴様の行いにはそれがない」
「大義なき正義は、殺戮に過ぎない。だが、大義のもとの殺戮は…正義だ」

 

破面・虚圏潜入篇

151話

「純粋な者は、それ同士引かれ合うものだ」
「その子が何について純粋なのかは、まだ測りかねるがな」

 

「まともな者なら、誰でも君(市丸)に警戒心は抱くさ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました