「魔都精兵のスレイブ」の名言・台詞まとめ

マンガ「魔都精兵のスレイブ」の名言・台詞をまとめていきます。

魔都精兵のスレイブ

1巻

「世界で男女平等という言葉は無くなっていた。魔都という異空間の出現によって──」(ナレーション)

 

「男は桃の恩恵をうけられない。生まれた時点で人生ハードモードさ」(和倉優希)

 

「もう襲われているとは、運の無い奴だな」
「私の後ろに隠れていろ、屈服の時間だぞ」(羽前京香)

 

「魔都災害の遭難者だな。魔防隊七番組組長・羽前京香だ」
「安心しろ、助けてやる」(京香)

 

「私一人ならどうとでもなるが…桃の恩恵、我ながら本当に外れの能力だったな」
「(総組長は夢?) ふざけるなよ。私は必ず組長達を束ねる、総組長になってやる」(京香)

 

「仕方ない。役に立たんだろうと男に試したことはなかったが、腹を決めるか」
「優希、ここから出る方法があるが、お前にも働いてもらいたい」

「ならば今から、お前を私の奴隷にする」(京香)

 

「助かるなら何でもするのだろう」
「屈服の時間だ」(京香)

 

「無窮の鎖(スレイブ)。素晴らしい、ここまで強化されるとは」
「さあ! 自分の力をふるってみろ、優希!」(京香)

 

「驚いたぞ、お前にこれほどの力があるとはな」
「私の奴隷として、これからも働き続けるといい」(京香)

 

「こうくるか、変態め」
「私は主として、奴隷が働いた分に見合った褒美を、任務が終わるたびに与える義務がある」(京香)

 

「私だって…こんなことになるとは思わなかった」
「これは私の意志にかかわらず自動的に身体が動く、能力の代償だ!」
「こういう行為とは無縁だと思っていた…が…」(京香)

 

 

「私の目標は魔防隊の総組長になり、醜鬼どもを速やかに絶滅させることだ。今の総組長は手ぬるい」

「お前なら私の能力を最大限に活かせる。これで私は総組長の座を狙える」
「私のために働け、優希」(京香)
「それなら…それなら俺は…ここでヒーローになりたいです!」(優希)

 

「あっちの世界で就職しても、窮屈で平凡な日々が待っているだけ……」
「ここにいればさっきみたいに醜鬼を退治できる。姉ちゃんの仇もとれるんだ」

「それに、京香さんに褒美がもらえるなら、頑張り甲斐があるってもんだ!」(優希)

 

「戦闘時には私の奴隷になってもらうが、普段はここの管理人として働いてもらう」
「男は魔防隊員にはなれん」(京香)

 

「大丈夫です! 寧は貴方のひとつ前に七番組にはいりました。先輩としてサポートしますから安心して下さい」(大川村寧)

 

「奴隷、兼管理人…」(優希)

 

「ご飯の支度をしなさい」
「魔都ではそうなのよ、というか感謝しなさい」
「男のあんたが自分達と同じ場所で、同じ物を食べるのを許可されているんだから、組長の慈悲でね」(東日万凛)

 

「(家事がメイン?) 奴らは一時間と間を置かず出る時もあれば、一週間以上出現しない時もある」

「だから次の出撃まで家事に専念しててかまわないぞ」(京香)

 

「まさか組長の言う事に文句があるわけじゃないわよね」(日万凛)

「女子しかいない寮だ。男の管理人を快く思わない者もいるだろう。だが家事の腕は立つし、私の能力にも必要だ。そこは皆に受け入れてもらう」

「何か不始末をやらかしたら、主である私が優希をねじ切る。それでいいな?」(京香)

 

 

「(ここがあの世?) 地獄のような場所ではあるだろう」(京香)

 

「え? これだけ? 数匹倒したぐらいじゃ、(褒美も)この程度なのか……!!」(優希)

 

「くっ、またも浮かれている恋人のような真似を、しなくてはならんとは……!!」(京香)

 

「醜鬼どもが奴隷の時は、豚肉を与えていれば満足していた」
「つまりだ……分析すると働きに見合った褒美は、奴隷が潜在的に欲しているものではないか?」

「変態が……こ…こんなのが褒美としていいのか…お前は…!」(京香)
「正直、凄くいいです……全ての疲れが吹っ飛んでいく……」(優希)

 

「月山大井沢事件、知ってるか? 私はそこの、ただ一人の生き残りだ」
「魔都の桃や醜鬼を資源だの研究対象だの言ってる連中もいるが、私は違う。こんな奴らのために人が苦しむなどあってはならない」

「速やかに潰す。それを実現させるためにも力が必要なんだ」(京香)

 

「……それに、お前相手ならば、(褒美も)不思議と嫌悪が少ない」
「能力を十分引き出せているし、相性がいいのだろうな」(京香)

 

「まぁ色々言ったが、犬や猫と風呂に入るのに照れる奴はいないだろ?」
「奴隷とああするぐらい…うん、たいしたことはない」(京香)

 

「この写真をバラされたくなきゃ、アタシの奴隷になってよ、管理人さん♪」(駿河朱々)
「俺……既に奴隷なのに……また!?」(優希)

 

「朱々はスリルを醜鬼に求めるな。舐めた戦いをしていると肉塊にされるぞ」(京香)

 

「(強力だった)一本角はまだ生きている……!」
「あいつだけは醜鬼の中でも特に許さん。刻んで倒してやる」

「戦いになったら優希もそう心得てくれ。今日はそれを伝えたかった」
「皆の仇は必ず討つ……」(京香)

 

「巣とは潰し甲斐があるな! 新たな生態も判明するだろう。これは七番組の大仕事だぞ」
「醜鬼の数を減らす好機! 功績を挙げれば総組長にも近づける」

「仇を討つため、私には更なる力が必要だ」(京香)

 

「活躍するチャンス! それにこれだけの醜鬼!」
「急いで運んだだけで、あの褒美だったんだ。巣を叩けばどれほどのモノが…!」(優希)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
魔都精兵のスレイブ 1-11巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました