「転生したら剣でした」の名言・台詞まとめ

アニメ「転生したら剣でした」の名言・台詞をまとめていきます。

転生したら剣でした

1話

「俺は、どうやら死んだらしい」
「しかし異世界で、なんとモフ耳美少女に転生…ではなく、転生したら剣でした」(師匠)

 

「彼女との出会いは偶然…いや、俺達にとって偶然を越えた奇跡だったんだ」(師匠)

 

「罪悪感とかあると思ったが…あれ、妙な満足感。ひょっとして剣としての仕事を果たしたからか?」(師匠)

 

「にしても装備者のいない剣って…孤独だぁ!」(師匠)

 

「私は…強くなりたい」
「力さえあれば…力さえ、あれば…私は、力が欲しい! 力が!」(フラン)

 

「装備者がいたらケガじゃ済まなかったぞ。もっと強くならないとな」(師匠)

 

「もうホント誰でもいい! 拾ってくれ! 頼むから! 俺って優良物件だよ!」(師匠)

 

「これで俺を装備するだけでメチャクチャ強くなれますよぉーー!!」(師匠)

 

「死ぬの? 死ねない! 強く…なる!」(フラン)
「使え! 俺を使え!」(師匠)

 

「感情が表に出づらい無口っ子か」
「そんなことより、俺を抜け! モフ耳よ!」(師匠)

 

「俺がお前を強くしてやる! 行くぞ!」(師匠)
「行く」(フラン)

 

「私、強くなりたい。絶対!」
「黒猫族は進化した者がいない」
「だから私は進化したい。進化は両親も果たせなかった夢だから」(フラン)

「ええ話や、分かった! 俺がお前を鍛えて強くして絶対に進化させてやる!」(師匠)

 

「これは成長したら周りがほっとかないなぁ。て、ダメだ! 許しませんよ!」
「フランに近づくなら、剣の俺を倒してからにしな!」(師匠)

 

2話

「何よりフランは優しい子。こんないい子が装備者になってくれたことに感謝だ!」
「俺は人生を懸けて…いや、剣生を懸けて、この子を強くしてやろうと思う」(師匠)

 

「冒険者は憧れ」(フラン)

 

「(町には)いろんな武器があるな。まっ、俺ほどの激レアはそうあるまい!」(師匠)

 

「俺って激レアな魔剣だと思ってたのに…俺より攻撃力高い剣、ゴロゴロいるんですけどぉ!」(師匠)

「師匠…師匠は私を助けてくれた、綺麗で凄い剣」
「スキルをたくさん持ってて使いこなす剣なんて他にない!」(フラン)

 

「フランはやっぱりいい子や」
「そうだな、スキルでフランのサポートをする。それこそが俺の存在価値だ!」(師匠)

 

「私は…冒険者に、なる!」(フラン)

 

「(理由は)黙秘」
「完全黙秘!」(フラン)

 

「おお! 冒険者になったぁ!」(フラン)

 

「黒猫族をバカにするな!」(フラン)

 

3話

「さっきギルドで、お嬢ちゃんの立ち回りを見てな、あんたみたいな実力者なら売ってもいいと思ったんじゃ」

「わしはわしの武具を、これぞと見込んだ冒険者にしか売らん。お前さんは合格じゃ」(ガルス)

 

「初めての防具、手に入れた!」(フラン)
「うんうん。強い上にかわいくなったぞ!」(師匠)

 

「名前は師匠。スーパーすごい剣!」(フラン)

 

「うぉーー!! すごい部屋!」(フラン)
「いや、そんなにすごくないぞ。普通だ」(師匠)
「こんな部屋、泊まったことない。夢みたい…」(フラン)

 

「師匠と出会ってから、ビックリがたくさん。師匠のおかげ!」(フラン)

 

「きっと俺は…お前が進化して一人前になるまで、俺が保護者だ。覚悟しとけ!」(師匠)
「うん、分かった」(フラン)
「きっと俺は、フランのためにこの世界に来たんだ」(師匠)

 

「何これ、奇跡。すごく美味しい!」(フラン)

 

「初めて回復魔術、使ってみた」(フラン)

 

「(ゴブリンスタンピード?) ちょっとここでがんばってみる」
「うん、修行したい。たくさん戦うことは臨むところ。それにすぐあるなら突き止めないと」(フラン)

 

「絶対に……逃げない!」(フラン)

4話

「今の私はまだ弱い」
「師匠に借りた力、ちゃんと使いこなせるようになりたい」
「だから…もっとギリギリの戦いが必要。ちゃんと強くなるために!」(フラン)

 

「逃げてちゃ強くなれない!」(フラン)

 

「俺は、フランを守ることばかりで、フランが傷つくのをただ恐れていた」
「だけど、フランが欲しいのは借りものの、見せかけの強さじゃない」

「傷と痛みに耐え、死線を乗り越えた先で手に入る、本物の強さだ」
「フランにはその覚悟がもう既にあったんだ」

「師匠の俺も覚悟を決めよう!」(師匠)

 

「回復と背中は任せろ!」
「フランは、前から来る奴ら全部責任持ってきっちりぶった斬れ!」(師匠)

 

「フランは、弱いだけの子猫じゃない」
「己の理想を目指し牙を研ぐ、猛獣の子だ」
「うちのフランは凄えぞ!」(師匠)

 

「ダンジョンわくわく」(フラン)

 

「先輩達には悪いが、うちのフランが手柄は全部いただくぜ!」(師匠)
「キングもクイーンも、全部倒す!」(フラン)

 

5話

「分かってる。無茶しないでダンジョンクリア」(フラン)

 

「師匠のバカ…ゴブリンキングと戦ってみたかったのに…」
「仕事、取られた…」(フラン)

 

「リーダー、いただき!」(フラン)

 

「フラン。生きてかえったら俺の一番の得意料理を食わせてやるからな」
「ああ、その名もカレーだ」(師匠)

「か…カレー! 何それ、聞いたことない」
「けど、カレーの響き…カレー、それはすごい期待!」(フラン)

 

「絶対に死なない」(フラン)

 

「エキストラスキルに暗黒魔術。得体の知れないスキルばかりだ」
「ランデルの話によれば、グレーターデーモンの脅威度はB」
「1人で国を滅ぼしかねない奴ってことだ」(師匠)

 

「そんな剣には負けない!」(フラン)

 

「師匠…」(フラン)
「大丈夫だフラン、安心しろ。すぐにくっつけた」(師匠)

 

「ごめん、油断した」(フラン)

 

「でも絶対勝つ! 絶対勝って…」
「カレー、食べる!」(フラン)

 

6話

「うん。確かに、今の私じゃ敵わないと思う」
「でも…あいつがアレッサの町に来たら、お店やギルドが壊されて、たくさんの人が死ぬかもしれない」

「それは…それはとても困る。だから…」
「力を貸して、師匠!」(フラン)

 

「フランは、自分の進化を目指して強くなってきた」
「だが、それだけじゃなくて、フランの中で、誰かのために立ち向かえる強さも育ってきているんだ」

「フランはきっと、まだまだ強くなる。師匠の俺が、足を引っ張ってどうすんだよ!」(師匠)

 

「フラン! 逃げるのはなしだ」
「力を貸してなんて言われたら、引くに引けねえじゃねえか」(師匠)
「師匠! ありがとう」(フラン)

 

「感じてるかもしれんが、このままじゃ奴は倒せない」
「だから、ここで賭けに出る」
「俺とフランの力を全て使った賭けだ。乗ってくれるか?」(師匠)
「うん、もちろん!」(フラン)

 

「悔しいけど…今の私じゃあいつを倒せない。だから!」
「私の全部、師匠に預ける!」(フラン)
「おう、任せろ!」(師匠)

 

「おい! グレーターデーモンさんよ」
「よくも俺の大事な大事なフランを傷つけやがったな」
「フランが受けた痛み…のしつけて返すぜ!」(師匠)

 

「脅威度Bの上級悪魔さんよ。大人しくフランの経験値に…なりやがれぇ!」(師匠)

 

「ああフラン君、勝手に殺さないでくれたまえ」(師匠)
「師匠、生きてる?」(フラン)

 

「ああ。俺は魔石を食らえば魔力が回復するし、自己修復もあるから多少欠けても平気だよ」(師匠)

「師匠のバカ。師匠にはすっかり騙された」(フラン)

 

「師匠、これで本当に終わり?」
「ダンジョン制覇ぁ!」(フラン)

 

「師匠ひどい。私が怒られてる間、ずっとスキルのこと考えてた」(フラン)

 

「うん、スキルも大事。カレーの次に大事!」(フラン)

 

7話

「こいつ(副団長)、許せない」
「斬っていい!?」(フラン)

 

「師匠…」
「この料理(カレー)に出会うために生まれてきた」(フラン)

 

8話

「青猫族は、黒猫族の…敵!」(フラン)

 

「フラン、大丈夫か?」
「今のお前は進化を目指す黒猫族の冒険者だろ?」
「グレーターデーモンとも剣を交えられるぐらい強くなった」
「こんな奴に、フランは負けない! 俺が保証する!」(師匠)

 

「何人…」
「今まで何人、黒猫族殺した?」
「(10人以上?) よかった…」
「遠慮なく殺せる」(フラン)

 

「お前は絶対許さない」(フラン)

 

「師匠。私は、黒猫族が虐げられてる今の状況を変えたい」
「進化したいのも、黒猫族でもやれば出来るんだってことを、生き残ってる仲間に伝えて、元気にしたいから」

「でも、こういう奴等を生かしておくと、ただでさえ少ない黒猫族がいなくなっちゃう」
「そうなってからじゃ…遅い」

「だからいずれ経験することだし、自分でやらなきゃダメだと思う!」(フラン)

 

「そうだった…」
「こんなにも命の軽い世界で、俺の住んでた世界の価値観を押し付けるのは違う…か」
「だったら、俺の役目は…」
「分かった! ただし殺す時は俺で斬れ! いいな!」(師匠)

 

「自己満足かもしれないが」
「せめてこの子の覚悟を少しでも一緒に背負ってやることが出来れば」(師匠)

 

「最近ギルマス呼びすぎ」(フラン)

 

「にしても、見境なく(魔石を)吸収してるから、スキルもすごい数になってきたな」
「だんだん把握するのが大変になってきた」(師匠)

 

9話

「フラン、相手にしなくていいぞ。問題は起こさないにこしたことはないからな」(師匠)

 

「(ゴミクズ剣?) それは聞き捨てならない」
「分かった、軽くもんでやる!」(フラン)

 

「師匠をバカにされた。思い知らせてやる!」(フラン)

 

「見たか! これがこの、スーパーすごい剣の力! 参ったか!?」(フラン)

 

「師匠、援護はしなくていい」
「自分の判断で戦って、ランクAにどこまで通用するか試してみたい」(フラン)

 

「あんなに嫌いだった分割思考まで使って、アマンダに本気を出させ」
「鞭技に風魔術、それに絶対防御のユニークスキルまで使わせたんだ」
「一矢報いたよな」(師匠)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
転生したら剣でした 1-12巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました