「歴史に残る悪女になるぞ」の名言・台詞まとめ

マンガ「歴史に残る悪女になるぞ 悪役令嬢になるほど王子の溺愛は加速するようです!」の名言・台詞をまとめていきます。

歴史に残る悪女になるぞ

1巻

「大好きな乙女ゲームの悪役、アリシア。大貴族の令嬢で漆黒の髪に黄金の瞳を持つ絶世の美少女」

「ヒロインを虐める悪者だけど、私は芯の強い彼女に憧れ、容赦のない毒舌に共感した」

「私がもし死んで生まれ変われるなら、断然悪役令嬢がいい!」
「…そう思っていたことを今思い出しました。私の名前はアリシア、七歳」(アリシア・ウィリアムズ)

 

「さようなら、今までの私」
「今から努力して、世界一の悪女になって歴史に残ってやるのよ!」(アリシア)

 

「世界一の悪女になるのよ。魔法も(修練して)完璧でないとね」(アリシア)

 

「腹筋百回! 腕立て五十回! きついわ! 全然筋肉ないんだもの! アリシアのひ弱!」
「でもやるのよ。剣術を習って、歴史に残る! 悪女になる!」(アリシア)

 

「朝! 今日も(早起き)悪女を目指して前進あるのみ」(アリシア)

 

「秘密ですわ」
「何か企んでいるみたいな態度じゃない? まさに悪女だわ!」(アリシア)

 

「馬鹿にしないでくださいと言ったはずです」(アリシア)

 

「妹に何があったのだろう。我儘放題で飽きっぽい、無邪気でかわいい妹だった」
「それから一年、あの子が鍛錬を欠かした日は一日もない」(アルバート・ウィリアムズ)

 

「今の私には目標がある」
「そのためには勉強も剣も、もっともっと努力しないとね」(アリシア)

 

 

「デューク様、またこっちを見てるわ。そんなに優しい瞳で見つめられると、正直落ち着かない」

「実は一番好みのタイプなのよね。でも恋に落ちたりはしない。だって彼はヒロインと結ばれると知っているから」

「恋愛の方はヒロインに譲るわ。私の夢は歴史に残る悪女なのだから!」(アリシア)

 

「(めかしこんで?) あら、私は初めてのお呼ばれですわ」
「悪…じゃなかった、淑女たるもの、訪問の際の身だしなみは大切ですわ」(アリシア)

 

「真面目!? いつそんな印象を与えたの? たしかに前は使用人に何もかもやってもらっていたけど…」

「ご冗談を。最低限のことをしているだけですわ」(アリシア)

 

「(国王の)質問の意図がわからない! これは何? 普通八歳の子供にこんな話しないわ」
「わざわざ国王様が私に会いに…何か試されているの…?」

「わかった、悪女試験だわ!!」
「立派な悪女になれるかどうか、神様からの課題なのね!」(アリシア)

 

「利益のために他者を利用するなんて、”良い子ちゃん”なヒロインは絶対に許さないわ」
「このままいけばいずれ確実に軋轢が生じる。今私は最高の悪役令嬢の軌道に乗っているのよ!」(アリシア)

 

「最も貧しいと言われるロアナ村。王様にはああ言ったけれども、全て本の知識でしかない」
「悪女たるもの、頭でっかちではよくないわ。ちゃんと自分の目で見ておかなくちゃね」(アリシア)

 

「そこで最大の問題、絶対に許可されないってことよ」
「こうなったら、こっそり行ってみるしかないわね!」(アリシア)

 

「長く守られた伝統が現代でも正しいとは限らない、そういう話じゃ」
「過去の歴史を学ぶのはなぜだと思う?」
「今をより良くするためじゃ。いくら本で知識を得たところで、未来に活かせなければ意味がない」(ウィル)

 

 

「ヒロインも今年(魔法学園に)入学しているはず」
「悪役令嬢として対立する日が待ち遠しいわね!!」(アリシア)

 

「このくらい常識でしょう。知らないとしたら勉強不足ですわね」
「…あら? あれで怒らないの? 心の広い人なんだわ」
「悪女らしいふるまいは、まだまだ研鑽が必要ね」(アリシア)

 

「人助けがしたいわけじゃないわ。悪女のすることじゃないもの」
「でもヒロインならきっと救ってた」

「この世界で最強なのはヒロイン。そしてそのライバルが悪役令嬢(わたし)」
「だったらヒロインにできて私にできないなんておかしいわ!」

「私がなるのはただの悪女じゃない、歴史に残る悪女なんだもの」(アリシア)

 

「これからはまだ子供だからなどと妥協はしません」
「世界一の悪女を目指して、全力で鍛錬に励みますわ!」(アリシア)

 

「貴族優遇の制度が嫌いですわ」
「ええ大嫌いです。馬鹿みたいなんですもの!」
「だってただ貴族だというだけで、無能な人間も上に立つことになるでしょう?」(アリシア)

 

「どれだけ優秀であっても、魔力がないというだけで平民には機会すら与えられない」
「魔力による身分制度に固執して、どれだけの人材が無駄になっているかと思うと、あまりの愚かしさに頭が痛くなりますわね!」(アリシア)

 

「(位を剥奪?) ええ、当然ですわ。私は運良くこの家に生まれただけです」
「自分が無能だとわかれば、優秀な人材を踏みつけてでも地位を保障されたいだなんて、無様なだけですもの」(アリシア)

 

「体調管理できてこその悪女よね」
「これからは決して無茶をせず、堅実に悪女道を進んでいくわよ」(アリシア)

 

「一つ勘違いしているようね。私は人助けなんて興味ないの」
「薬をあげたのは、あなたが有用な人材になると思ったからよ。賢い子だと聞いたもの」(アリシア)

 

「私には助けてしまった責任があるわ」
「だからあなたが本当に生きたくなかったというのなら…責任をとって私が殺してあげる」(アリシア)

 

「生きたいなら戦いなさい。あなたにその気があるのなら、私は全力で支援するわ」(アリシア)

 

「私は私のために、あなたを生かした責任をとるだけ。だって私、悪女なんですもの!」(アリシア)

 

「常から外れたものを人は恐れるものじゃ。それが強力であればあるほどな…」(ウィル)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
歴史に残る悪女になるぞ 1-3巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました