「仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする」の名言・台詞まとめ

マンガ「仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする」の名言・台詞をまとめていきます。

仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする

1巻

「…わかったわ。私の婚約は解消するから安心して…こうなってしまっては仕方がないし、生まれてくる子供に罪はないもの…」(クリスタ・フェルミ)

 

「私が結婚を延期していたのは…貴女(義母)とステファニアが家の財産を食い潰したからです」(クリスタ)

 

「貴女に任せたら今頃うちは破綻していたわ!」
「贅沢のために領民を苦しめるなんてもってのほかよ!」(クリスタ)

 

「いつも利口ぶってるくせに物分かりが悪いわね。お前にもうなんの権利もない、どうしようと私達の自由なの」(デボラ)

 

「やっと……借金も返して家も領地も立ち直ってきた。やっと結婚や…これからのことを考えられそうだと思ってた」

「なのに…私は何もわかっていなかった。何も守れていなかったんだ──」(クリスタ)

 

「一体何ができるだろう。私はこんなに無力なのに」(クリスタ)

 

「長々しい挨拶は結構だ」
「素直に言おう。俺に必要なのは妻ではない」
「跡継ぎだ」(ジェラルド・ベルヴェルク)

 

「俺は君を信用していない」(ジェラルド)

 

「大体俺にまともな結婚などできるはずがない」
「それに俺にも一応罪悪感はある。素顔も見せず心から愛せるとも思えない。そんな夫は女の方もごめんだろう」(ジェラルド)

 

 

「(こんな条件で)万が一にも来るはずがない。こんな取引が成立するわけが…」
「本当に来た。しかも…誰だあの清楚で上品そうな美女は…」

「見てくれだけが取り柄の尻軽? ろくでもないわがまま娘?」
「違う…聞いてたのとまったく…」(ジェラルド)

 

「この縁談…確かに何か色々とおかしい…」(ジェラルド)

 

「…無理もないが、そう警戒しなくていい」
「しばらく君には触れない」(ジェラルド)

 

「俺はなんてことを…何度もおかしいと思った。それなのに…」(ジェラルド)

「つまりは…クリスタ様のご様子に違和感を覚えながらも、緊張のあまり事実確認を怠り、大事なことをすっとばしてちゃっかり自分の欲だけは満たした……ということですね?」

「最低最悪ですね」(ダンテ・シュナイト)

 

「…ジェラルド様。結婚という人生の一大事を雑に扱うからこうなるのです」
「反省して許されるのなら、法も憲兵もいりません。そしていくら後悔しても、もう遅い。大切なのはこれからどう奥様に接するかでしょう?」(ダンテ)

 

「万が一にもこの仮面が外されてしまえば、この素顔を見られてしまえば…その目を曇らせてしまうかもしれないのだから」

「それがどんなに優しい人間だとしても…」(ジェラルド)

 

「ジェラルド様は…やっぱり噂のような人じゃないのかもしれない。でもどんな人なのかもわからない…」(クリスタ)

 

「あの時は本当にすまなかった…それと、君は自分の手を汚いと言ったが…」
「俺はそうは思わない。働き者の手を侮辱するつもりはない」(ジェラルド)

 

「フェルミ家では領主代理の役目を果たせず、ここでは一切働かず綺麗なドレスを来て何不自由なく暮らしている」

「肝心の跡継ぎだって…こんなの許されるの…? まるでお客様だわ…」(クリスタ)

 

「今は自分がやることなすことすべてに自信が持てない。今まで良かれと思ってやってきたことも…」

「きっと何もかも私の独り善がり…私って一体何なのかしら…」(クリスタ)

 

「クリスタ…なるべく公平であろうとするのは大切だ」
「だが…たとえそれが不正解だとしても、鬼にならなければならない時もあるんじゃないか?」

「自分の大切な物を守るためなら」(ジェラルド)

 

「…すまない。君は俺をおかしくする…」(ジェラルド)

 

「駄目だ。俺はもう絶対に仮面の下を見せない。たとえ相手がクリスタでも」(ジェラルド)
「ジェラルド様。奥様に素顔を明かさない言い訳に私を使わないでくださいね」(ダンテ)

 

「いずれお顔を見せてくださるかはジェラルド様がお決めになること」
「私はそれまでいつまでもお待ちいたします」(クリスタ)

 

「…クリスタ、君に見せたいものがある」
「これが顔を明かさなかった理由だ」(ジェラルド)

 

「わ…私を信じて下さったと…思ってもいいのですか…?」
「いっそ嫌いになれたらと思ったこともありました。信頼されなくても苦しまずに済むように」

「…でも無理でした。だって貴方は一緒に過ごして優しくしてくださったから…」
「だからジェラルド様に受け入れて欲しいと…望んではいけないのに、どうしても…」(クリスタ)

「君がこの家に来た時、何かの間違いかと思った。話に聞いていたのとあまりにも違うから」
「でもそれを認めてしまえば君を手に入れるわけにはいかなくなる…誘惑に負けたんだ」

「君が誰であっても手放したくないと思うほど、あの時にはもう惹かれていた」(ジェラルド)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする 1巻 (Kindle)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました