「カッコウの許嫁」海野幸の名言・台詞まとめ

アニメ「カッコウの許嫁」海野幸の名言・台詞をまとめていきます。

カッコウの許嫁

1話

「でもまさかホントにお兄ちゃんが別の家の子だったなんてね。通りでおかしいと思ったよ。誰にも似てないし、1人だけ勉強できるし、陰キャだし」

 

「やだな……」
「お兄ちゃん……いなくなったらやだよ……」

 

4話

「そうだね…世界が違うもん。血はつながってても全然違う……」

 

8話

「このまま結婚しちゃうの? 家から出ていったきりなの?」
「お兄ちゃんと……もうちょっと一緒にいたい」

 

9話

「だからって、許嫁がいるのに(デートは)ハレンチだよ!」

 

「逆に今は当たり前にいる家族も、ある日突然いなくなることもある」

 

10話

「何それ? ホントむかつく…妹扱いしないでよ」

 

「そう、ですね…あの2人、性格が真逆ですからね。家でも小さなことでしょっちゅうケンカしてますし。でも……」

「そういうところが逆に、すごく相性よく見えるんですよね」

 

11話

「無かったことになんて…出来ないよ」

 

13話

「うちも(テスト終わった)! もうしばらく数字もアルファベットも見たくない」

 

15話

「私はいいの!」
「私はいいけど…他の人に(お兄の悪口は)言われたくない」

 

「お兄とエリカちゃんも(花火)見てるのかな? 私じゃ、ダメなのかな?」

 

16話

「それ(話)はしたくない」
「どんな人なのか知っておきたいだけ」

 

「だ・か・ら、お祭りで会った瀬川さんって人、完璧超人じゃんって言ってんの!」
「そんな人、お兄じゃ手に負えないよ!」

 

「私決めた、お兄と同じ高校に行く」
「海野家はお兄のような下心丸出しのはしたない人に任せておけません!」

 

「ひろさんはお兄のこと、どう思ってるんですか?」

 

17話

「夢みたい。みんなで合宿なんて最高だよ! 私そういうの憧れてた」

 

「早速準備しなきゃ!」
「甘いよエリカちゃん。準備の段階で既に合宿は始まってるんだよ」

 

18話

「星、いっぱい見えるんだろうな…」
「見たかったな…私も、お兄と」

 

「(来るなんて)マジでバカじゃないの?」
「せっかくの合宿なのに帰ってくるとかさ」
「でも…ありがと」

 

20話

「大体お兄はお兄として自覚がなさすぎなんだよ。私のことなんて、いつも相手にしてくれないくせに…」

「じゃあお兄は…私が結婚してって言ったら、してくれるの?」

 

「バッカじゃないの?」
「本気にすんなし、ベッ」

 

21話

「だってそうでしょ。大体女の人がお兄のこと好きになる要素ある?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
カッコウの許嫁 1-13巻セット (コミック)

 

→カッコウの許嫁
→カッコウの許嫁(海野凪)
→カッコウの許嫁(天野エリカ)
→カッコウの許嫁(瀬川ひろ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました