「バブル」の名言・台詞まとめ

アニメ「バブル」の名言・台詞をまとめていきます。

バブル

「(危なっかしい?) 確かにそうだが…ここにいる奴はこれが生きがいのバカばっかなんだよ」(関東マッドロブスター・リーダー)

 

「さっきのジャンプ、向こう見ずを見せびらかしたろ、お前」
「(こないだ?) そんなの飛べちゃっただけだろ。もっと怖がれ」(ヒビキ)

 

「心臓に悪いですよ。なんでこんな危ないことを?」(マコト)
「そのために俺達(大人が)がいるんだろ?」(シン)

 

「いずれここは出ていく。でも今すぐは困る」(ヒビキ)

 

「音を聴く…泡の音を」(ヒビキ)

 

「外の世界は、あいつらにとって息苦しいのさ」(シン)

 

「世界は、崩壊と再生を繰り返してるって。集まって、爆発して、散らばって、また集まる」(マコト)

 

「ここは…音が優しいんだ」(ヒビキ)

 

「俺…音を嫌いになりたいわけじゃない。本当は、ずっと探してるんだ…あの音を」(ヒビキ)

 

「ヒビキ…ボコす」(ウタ)
「うん、行くぞ」(ヒビキ)

 

「うるせえよ、普通に」
「でも…今日のゲーム、俺だけじゃ絶対勝てなかった…ありがとう」(ヒビキ)

 

 

「俺…今日分かった。なんていうか…ずっと俺だと思ってたのは俺じゃなかった。ウタが来て、初めて俺になった。ウタが来てくれたから…ありがとう」(ヒビキ)

 

「人魚姫は王子様の姿を求めながら、海の上に浮かび上がった」
「人魚姫の胸は、今にも張り裂けそうだ。王子様を見るのも…今日が最後なのだから」(ウタ)

 

「タワーに行く」
「今すぐタワーに行く。ウタがあそこにいるんだ…行くぞ」(ヒビキ)

 

「ホントにウタがあそこにいるってのか!?」(カイ)
「ああ、一緒に来てくれ」(ヒビキ)
「しょうがねえな、今回だけだぞ」(カイ)

 

「シンさん! 行かせなきゃダメです。ヒビキとウタにしか分からないことがタワーにはある。それをあの子達も感じてるんです」

「東京バトルクールは、自主性重視でしょ!?」(マコト)

 

「俺が先行する!」
「お前らを連れ戻しに来たって言いたいところだが、どうしても行きたいなら経験者がいた方がいい」(シン)

 

「(危険?) お前の倍はここに挑戦してきた。信じてくれてもいいと思うぞ」(シン)

 

「フラッグ取ってこい、ヒビキ! 帰りはウタと一緒だかんな!」(カイ)

 

「ヒビキ…俺には届かなかった。でもヒビキ、お前なら…お前なら助けられる」(シン)

 

「あの時俺は、泡達の怒りに触れてしまったのかもしれない」
「そして、あの泡が…ウタが、俺を守ってくれた」(ヒビキ)

 

「時が動きだした」
「ここから先は崩壊か…それとも」(シン)

 

「人魚姫は、王子様を見つめて…まっしぐらに、海底(うなぞこ)に身を投げ出した」(ウタ)

 

「人魚姫は、そこにいるだけで幸せで…その日々を、何よりも…自分の命よりも大切に思っていた」

「だから…自分の体が海の泡となってゆくのが分かっても、少しも怖くはなかった」(ウタ)

 

「ヒビキに会えたから…私は、私になれた」
「これが…人の心。さみしいと思う…心。誰かを、愛おしいと思う…心」(ウタ)

 

「いつかこの世界が命を終え、地球が滅びたとしても、私達はまた、大きな渦の一つとなるのだろう。だから…」(マコト)

「いつか、また会おう」(ウタ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
バブル (Kindle)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました