「伝説巨神イデオン」ベス&カララの名言・台詞まとめ

アニメ「伝説巨神イデオン」ジョーダン・ベス(黒色)&カララ・アジバ(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

伝説巨神イデオン

1話

「(攻撃した?) うかつな。異星人の力も分かっていないのに」

 

2話

「その(武器の)ための(イデオンの)スペースだ。大丈夫だと信じるんだな」

 

3話

「(かも)知れない知れない知れない。その可能性を発見する間に、敵にやられたらどうするんだ?」

 

「(敵のパターンに似ている電波がある) 分かるか? 敵のスパイが入り込んでいるかもしれんのさ」

「敵がネームプレートでも付けてると思ってんのか?」

 

「(異星人といえば)手が4本、足が6本、肌がドロドロの醜い怪獣と思っていた?」

 

4話

「体を壊したら何も出来なくなるぞ。休めよ」

 

5話

「(攻撃したのは)あなた方を、危険な異星人と考えたからです」
「私が異星人だと分かった時から、あなたは私のことを危険な女だと思ったのと同じ」

 

「ここの異星人と戦うことはない。協力すべきだと思います」

 

「同じ知性を持った者同士、必ず理解し合えるはずです」

 

6話

「(2人の裁き?) 軽率だな。我々は敵のことをあまりにも知らない。それでは戦えん」
「この2人から、知っている限りの敵状を聞き出さねばならん」

 

「(尋問を)受けましょう、ジョーダン・ベス。みなさんのご質問にも」
「私は一刻も早く戦いをやめさせたいだけです」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

7話

「(助け合う?) 我々人類はそれほどまでに優しくはないぜ」

 

「自分の負けを認めたくない父なら、私1人の命などおそらく…」
「異星人より、身内の方が怖いのです」

 

「そんな相手かどうか、生き延びられたらよく考えるんだな!」

 

8話

「奴はサムライだ。踏み潰しちゃならん」

 

「礼儀には礼儀をもって応える。それがサムライだ」

 

10話

「父と姉に伝えて下さい。私はそのようなバッフ・クランの生き方を捨てたと」

 

「バッフ・クランの生き方が人の道の全てではないと私は信じている。そしてそのような人々もいるのだ」

 

11話

「私の姉がこの船を攻撃してるのです。こうなったら私は、皆さんと運命を共にするしかないでしょう」

 

12話

「私はこの戦いを悲しいものだと思うのです。ハルル姉さんだって損害を受けるだけなのですから」

 

「ありがたいと言わねばならんのかな?」
「しかし、私は奴隷ではない。あんたの指図は受けん!」

 

「カララ…私のような異星人でいいのなら?」
「ベスは…ベスは、サムライです」

 

14話

「(味方も)信じてくれんからさ」
「今までの異星人騒ぎといっても、異星人と直接出会ったわけじゃないしな。異星人に襲われたなんて話、向こうにとっちゃマンガだと思ってるよ」

 

16話

「戦場では命令系統は一本であるべきだ。今後は俺の命令で動け」

 

18話

「その代わり(大きな星は)偽の書類でも、そろっていれば物が手に入る」

 

21話

「明日は戦いがない! 今日限りだ! 手の空いている者は機銃を撃て!」

 

25話

「この作戦で1機残らず敵を叩くことが、我々の目的である。1機でも1艦でも残すことは、人類全体にとって危険である。諸君らの健闘を祈る」

 

「ノーマルエンジン最大出力だ! こんな調子じゃみんなで地獄へお出かけだぞ!」

 

「カララだってサムライの娘だ。自分の恋愛感情だけで自分の星を売る女性ではない」
「そんな女だと思いたくはない……」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

26話

「そういう個人的なことで目がくらんでいると、勝てる戦いも勝てなくなるぞ!」

 

27話

「自ら戦うことを放棄して、民族が守れるか」

 

「イデのエゴ…わがままな力なのでしょうね。愛などというものではなくて…」

 

29話

「でもバッフ・クランは態勢を整えて来ているのです。守るだけでは切り抜けられません」

 

30話

「よし、地球に向かう。我々の良心に恥じないようにな」

 

「よき力によってイデは現れる…そう伝説にはあった」
「しかし…私達のあなたへの憎しみはどうなる? 憎しみも悲しみも晴らせぬ我々は、あなたと同じに苦しく惨めでもある…」

 

31話

「俺1人が肉親の情に負けてみろ…それは俺のエゴかもしれんのだ」
「そんな小さなことにとらわれて、イデの力が強くなって、あの両親まで焼き尽くすことになるとしたらどうなる!」

 

32話

「我々はイデによって滅ぼされないと信じよう。レクランに対して、いや地球人に対して、カララやギジェのことを密告しようとした者が1人もいなかった」

「少なくともソロ・シップの中だけには、人の調和が生まれつつあると信じよう」

 

34話

「伝説は伝説です。英雄を見た人は1人もいないのですから」

 

「そうだ。良き心、悪しき心、それぞれそれなりのな。しかし、一つ大変な問題がある」
「いや、そうであったとしても……我々は、コントロールすることを知らない巨大な力を持っているということだ」

 

35話

「(相手が地球人でも)撃つしかないんだ…撃つしか。そうしなければ我々がやられてしまう」

 

「俺達は…イデにコントロールを拒否されたのかもしれんのだ。イデの力によって助けられたと考えてはいけない…俺はそう思う」

 

39話

「私は…新しい命のためになら、父親殺しの汚名もかぶりましょう」

 

伝説巨神イデオン 劇場版 発動篇

「コスモ。私達が育ててあげてきたよき心は、次に続く人が受け継いでくれます」

 

「お分かりになりませんか? 憎しみは亡びの道です!」

 

「そこまでおっしゃるなら…私は姉さんを殺し、赤ちゃんを産みます。ロゴ・ダウの異星人のベスの子を産みます!」

 

「イデの…イデの発現なのか…」

 

「コスモ…俺達は、やることが全て遅かったのかもしれん…」

 

「(メシア達は)道を間違えないだろうか?」
「もうあの子達の時代です、任せましょう」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
伝説巨神イデオン [Blu-ray BOX]
伝説巨神イデオン劇場版 接触篇,発動篇 [Blu-ray]

 

→伝説巨神イデオン
→伝説巨神イデオン 劇場版 発動篇
→伝説巨神イデオン(コスモ&カーシャ)
→伝説巨神イデオン(ギジェ&シェリル)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました