「劇場版 名探偵コナン」安室透&赤井秀一の名言・台詞まとめ

アニメ「劇場版 名探偵コナン」安室透(黒色)&赤井秀一(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

劇場版 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

「(警察と軍の比較は)条件次第だ」
「100m以内なら警察のシューターだ。射撃の正確さという点では、警察の狙撃手の方が上だからな」

 

「心配するな。俺がいる限り、お前にそんなまねはさせない……決してな」

 

純黒の悪夢(ナイトメア)

「わざわざこんな所まで、おしゃべりに来たのかな?」
「ええ、FBIに手を引けと言いに来たんですよ。キュラソーは我々公安がもらい受けるとね」

「嫌だ、と言ったら?」
「力ずくで奪うまで」

 

「言ったはずだぞ、安室君。狩るべき相手を、見誤るなと」
「ああ、奴ら組織を狩り尽くしてやるさ。貴様を制圧した後でな!」

 

「もう降参ですか? さあ、第2ラウンドと行きましょうよ」

 

「問題ない、(爆弾は)よくあるタイプだ。解除方法は分かるよ」
「警察学校時代の友人に、いろいろ教えられたんだよ。後に爆発物処理班のエースとなった男に」

「まっ、結局そいつは…観覧車に仕掛けられた爆弾の解体中に爆死したんだけどね」

 

「心配ないよ、あいつの技術は完璧だった。それを僕が証明してみせる!」

 

「あせりこそ最大のトラップだったな……松田」

 

「集中しろ。焦らず慎重に…そして急げ!」

 

「これ(通常のスコープ)じゃ、どでかい鉄の闇夜のカラスは落とせんよ」

 

「墜ちろ!」

 

ゼロの執行人

「警察はね…証拠の無い話には付き合わないんだよ」

 

「僕には…命に代えても守らなくてはならないものがあるからさ」

 

「梓さんは、いいお嫁さんになりそうですね」

 

「事故で処理されれば、礼状一つ取れなくなる」
「(違法)だからこそ、合法的な手段を残しておかないと…自分の首を絞めることになる。自ら行った違法な作業は、自ら片を付ける。それが公安だからだ」

 

「もちろんだ。ただし、どちらがもっとも日本を守ることになるかを、考えた上でな」

 

「毛利小五郎のこととなると、君は一生懸命だね。それとも…蘭姉ちゃんのためかな?」

 

「ご褒美だよ。爆破テロが事件化できたのは刑事部のおかげだ」

 

「僕には僕以上に怖い男が2人いるんだ。その内の1人は…まだほんの子供だがな」

 

「そのために協力者になって欲しい。こんな凄いものを開発する博士に」
「死んだ人間を蘇らせるのさ」

 

「みずからした違法作業は、自ら片を付ける。あなたにはその力が無い!」

 

「風見、至急動いてくれ」
「ああ…公安お得意の違法作業だ」

 

「どんなに憎まれようと、最後まで彼女を守れ」

 

「愛の力は偉大だな」

 

「僕の、恋人は……この国さ!」

 

「僕は立場上、公に捜査できないし…彼を事件に巻き込めば、君は必然的に協力者になる」
「そうすれば…君の本気の力が借りられるだろ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
劇場版 名探偵コナン緋色の弾丸 [Blu-ray]

 

→名探偵コナンのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました