「つぐもも」の名言・台詞まとめ

マンガ「つぐもも」の名言・台詞をまとめていきます。

つぐもも

1巻

「繭のように折り重なった帯の蕾が解けると、真っ白な少女が現れた」
「妖怪? 妖精? わかるわけない──なのに、懐かしい匂いがした」(加賀見一也)

 

「かわいそう? それは違いますな」
「みつあみめがね幼なじみという萌え要素のつまった委員長に、放課後一対一のお説教…っ。我々の業界ではご褒美です!!」(小山内治)

 

「本当の美少女は二次元にしかいませんがね」(小山内)

 

「他人(ひと)の所有物(もの)に手を出すな」
「これはわしのじゃ、愚か者」(桐葉)

 

「そのとおり。正絹爪掻本綴袋帯(きぎぬつめかきほんつづれふくろおび)『あやさくら』、その付喪神の桐葉じゃ」

「ワシを呼ぶ時は”様”をつけるんじゃ。わかったか、下僕」(桐葉)

 

「…ない」
「──がない。プリンが無いではないか、愚か者ォーー!!!」(桐葉)

 

「くだらない企てをしてる暇があるなら、5限目に提出する課題の推敲でもして下さい!」(近石千里)

 

「こんな回りくどい策は弄さんわ、ワシなら──しこたま殴ってしまいじゃろ」(桐葉)

 

2巻

「平穏なこの町で貴方の周りだけに怪異が起きている。それが何故かわかりますか?」
「貴方が呪詛(すそ)を引き寄せる源だからです。常なる人々、常なる世界にとっての禍事の種、それが貴方」

「呪詛による怪異を禍源(かげん)自ら打ち祓うのです。合理的でしょう」(くくり)

 

「(嘘は)ダメじゃ!! 境内で…しかも神前で! 交わされる言霊はこの上ない言質となる!」(桐葉)

 

「何でか? これが、これがワシの存在(い)る意味だからじゃ!!!」(桐葉)

 

「帯に戻って桐葉さん。僕が君を使うんだ!」
「主・加賀見一也が命じる。原形に戻れ”あやさくら”」
「うん、一緒に戦おう!」(一也)

 

「加賀見一也はすそはらいを引き受けます!!」
「これでいいでしょう。桐葉さんを放して下さい!」(一也)

 

「これは間合いの特訓じゃ! 間合いを制する者が勝負を制する! それは即ち帯の届く範囲・半径一丈一尺(4m17cm)!」(桐葉)

 

「何を言っとるんじゃ。ワシもちょっとは期待したがな、一也のあれはまぐれだったらしいぞ。信じられんが」

「今の一也はこの程度じゃ、先が思いやられる」(桐葉)

 

「逃げてばかりもいられんぞ一也! 考えろ! 相手はあまそぎじゃ。理解することが打開のきっかけとなる!」(桐葉)

 

3巻

「え…えっと、その…好きな人がいるんです。だからごめんなさい」(千里)

 

「そんなの…断れないじゃないですか」(千里)

 

「今言え。理由も分からず踊らされるのは好かん」(桐葉)

 

「(危険遊具を撤去?)身を守る術を自ら学んでこその安全じゃろうに…あべこべじゃ」(桐葉)

 

「ワシの知る限り幽霊なんてものはおらん。とするとその女生徒は、悪戯でなければあまそぎである可能性が高い」

「ならば事情を知るワシらが調べるのは妥当じゃろう」(桐葉)

 

「学校の怪談ですよ!! とりたてて何の特徴もないこの学校! 何の面白みもない平穏の最中、急に幽霊騒動ですよ! しかも2年前の事件がらみで!」

「燃えないほうがどうかしてますよっ」(奈中井ななこ)

 

「はは…これいつか見たような構図だよね。前は僕が守られる立場だったけど」
「…逃げられない」

「僕のせいだ、僕のせいなんだから僕がやらなきゃ駄目なんだ。僕が解決しなきゃ駄目なんだ!」(一也)

 

「加減して勝てる相手か! まずはななこを殺されないことじゃ! 優先順位を履き違えるな!」(桐葉)

 

「お前の弱点は、技と技の間に編み変えの時間がかかりすぎることじゃ!」
「今こそ克服してみせろ!」

「手数を増やせ! かみおにの手足を防御に回らせろ! そしてその隙をつき! かみおにが大勢を整えるよりも早く」

「乾坤一擲! 渾身の帯繰りを叩き込め!」(桐葉)

 

「もう自分が死ねばよかったなどと考えるな。それは姉の犠牲を否定する事になるのじゃ」(桐葉)

 

「今回の帯繰り…悪くなかったぞ、褒めてやる」
「じゃがなっ、ワシが逃げろと言うとるのに背きよったな、この愚か者が!」
「下僕のくせに!!!」(桐葉)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
つぐもも 1-28巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました