「小森さんは断れない!」の名言・台詞まとめ

アニメ「小森さんは断れない!」の名言・台詞をまとめていきます。

小森さんは断れない!

1話

「私、小森しゅり15歳。よく人にものを頼まれる」(小森しゅり)

 

「(小森は)頼まれやすい顔なのよね」(根岸まさ子)

 

「人のために何かが出来るの嬉しいから!」(小森)

 

2話

「しゅり! 重いものばっかり運ぶから、なんか仕草がおっさんぽくなってるよ!」(西鳥めぐみ)

 

3話

「すごく無茶なこと頼んでいい?」
「モテたい! なんとかして!」(めぐみ)

 

「まあ…それ(断れないの)がしゅりのいいところよね!」(めぐみ)

 

4話

「(レシーブは)ボールが受け止めて、とお願いしてると思えば? なんてね!」(めぐみ)
「出来た!」(小森)

 

「ホント!? さすが何でも屋!」(女生徒)
「ではない」(小森)

 

「みんな、すごい真剣……安請け合いすべきじゃなかった……」
「私なんか……」(小森)

「しゅりは人の役に立ちたくてここにいるんでしょ? それだけで十分どうどうとしてていいのよ」(めぐみ)

 

「何でも屋にはなれないが……がんばり屋にはなりたいと思った」(小森)

 

5話

「めぐみは変なことばかり頼むからよ。私の場合は……断らせないわ」(まさ子)

 

「でも、これだけは引き受けられないってものはある?」(まさ子)
「うーん……うーん……恋愛相談?」(小森)

 

「経験ないものね」(まさ子)
「まさ子ちゃんはあるの?」(小森)
「私はしゅり一筋よ」(まさ子)

 

6話

「お前、人の頼みを断れないお人好しらしいけど、俺は絶対お前なんか頼らないからな!」(大谷九郎)

「分かった。頼られない、任せろ!」(小森)

 

「俺は体が小さくて頼りなく見えるから、人に頼られる男になりたい」
「でも、なんかお前とは違う気がするな。俺は自己満足だろうから。お前はなんつうか…どんな頼みでも楽しそうなんだよな」(大谷)

「それは……その時、誰か近くにいるからだと思う。今だと大谷君……」(小森)

 

7話

「女子はプールか、うらやましいぜ」(大谷)
「スケベ」(小森)

 

8話

「友達のこと、全部分かってるわけじゃないんだな……」(小森)

 

10話

「友達に引っ張られて一緒の高校に、とならないように」
「小森、ちゃんと断るんだぞ」(先生)

 

「腐れ縁か……あったかい」(小森)

 

11話

「まさ子も大谷も風邪で休みみたいね」
「それに比べ、私はいつも健康……ヘックシュン!」
「バカな…バカであるはずの私がまさか!?」(めぐみ)

 

「ねえ、しゅり……」
「私達は、いつまで友達でいられるかしら? だんだん疎遠になったりするのかしら……」(まさ子)

「私も不安になるけれど…結局これしか言えない。大丈夫だよ、大好きだもん!」(小森)

 

「もうすぐ卒業なのに、(風邪で)1日休むのもったいないな。それに、なんか寂しい……」(小森)

 

「思えば不安になったり安心したり…でも平気。元気になれる薬は、きっとある!」(小森)

 

12話

「分かった! (変なのは)あいつ暇なんだよ。今日一度も頼まれてないんだ」
「いいこと? 本当にそうか?」(大谷)

 

「受験終わるまで手伝いはいい。自分のことをもっと考えろ」(しゅりの母)

 

「ねえ大谷君。人に頼られないってどんな気持ち?」
「私、多分寂しいんだと思う」(小森)

 

「小森。たとえば俺が困っていたら?」(大谷)
「助ける!」(小森)
「ああ、助けろ。つまり、頼まれなくたって困った人がいれば助ける…それでいいんじゃねぇ」(大谷)

 

「人に頼まれるってことは、信頼されてるってこと。だから嬉しい」
「だから私は今日も断れない…断らない!」(小森)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
小森さんは断れない! 1-10巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました