「盾の勇者の成り上がり(2期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「盾の勇者の成り上がり(2期)」の名言・台詞をまとめていきます。

盾の勇者の成り上がり(2期)

1話

「分かってるんですが、これ(気ぐるみ)を着てると落ち込んでても気づかれないから頑張れる、というか……」(リーシア)

 

「報告によると、伝説の魔物・霊亀が、その名を冠する王国・霊亀国において復活したそうです」

「数百年に一度、世界に未曾有の災害をもたらすと言われています」(ミレリア=Q=メルロマルク)

 

「リーシアさん、ちょっと奴隷になってみませんか?」
「尚文様の奴隷になれば、盾の勇者様の加護で、今より格段に能力が向上しやすくなると思います!」(ラフタリア)

 

「ラフタリア。俺はもう、誰かを強制的に奴隷にするつもりはない」(岩谷尚文)

 

「して下さい……私も、尚文さんの、盾の勇者様の奴隷にして下さい!」(リーシア)

 

2話

「失礼ですが、盾の勇者様とお見受けいたします」
「やはり……お願いです、どうか私を殺して下さい」(オスト=ホウライ)

 

「分かった。だが玉砕前提で刺し違えようなんて思うなよ。被害は最小限に食い止めたい。波に対処するっていう本来の仕事に支障をきたすからな」(尚文)

「尚文様、一言余計です」(ラフタリア)

 

「世界に犠牲を強いる選択……そういうことか、フィトリア」(尚文)

 

「いい加減にしろ! 心底どうでもいい。そういうこと(メンツ)はな、人間同士の戦争でやってくれ!」(尚文)

 

「私達の村を大切に思って下さるのは、すごく嬉しいです。でも、あの村さえよければと思って欲しくないです」(ラフタリア)

 

4話

「パーティーから追い出されて、一番力になりたい時に樹様のそばにいられなくて……私、何やってんだろうって」(リーシア)

「一緒にいられたとして、その時のあなたに何か出来たと思いますか?」
「今のあなたなら、何か出来ると思ったんです」
「弓の勇者様の仲間ではなく、盾の勇者様の仲間として霊亀と戦ったあなたなら」(オスト)

 

「そんなことないです……」
「慣れちゃダメです。こんなの、慣れなくていいんです!」(リーシア)

 

「嫌です! 私も一緒に!」
「もちろん、樹様も心配です。ですが……今私は、尚文さん達の仲間です。皆さんが行くなら、私も行きます!」(リーシア)

 

5話

「(協力は)断る! いずれまた殺し合わなきゃならない相手と誰が組むか!」
「だが……現状俺達に敵対しないのなら、お前らが何をしようと知ったことじゃない。勝手にやればいい!」(尚文)

 

「1人で抱え込まないで下さい。どうすればいいかは、みんなで考えればいいじゃないですか? だって私達、もう仲間なんですから」(リーシア)

 

「煽るなら、安全な場所から出てきて煽れよ」(尚文)

 

「お前と話してると、なぜか故郷を思い出すよ」(尚文)

 

「お前が何をしようと心底どうでもいい。だが自分の世界でやれ!」(尚文)

 

6話

「次から次へと力技で来やがって。だから脳筋はやなんだ!」(キョウ=エスニナ)

 

「終わりだぜ! そういうゲスいことはすんなって、俺達の眷属器が言ってんだよ!」(ラルクベルク=シクール、通称:ラルク)

 

「そうです…私は何も出来ない、ウザい奴です。だから、分かるんです」
「あなたも、私と同じだと」(リーシア)

 

「私だって弱い」
「けど…それでもあなたのような人には、絶対に負けません!」(リーシア)

 

「許したくはありませんけど、今降伏すれば助けてあげます」(リーシア)

 

「ラフタリア、フィーロ! 何している、行くぞ!」
「仲間の頼みなんだ。ラルク達なんかに任せておけるか!」(尚文)

 

「仲間…仲間ですか……もし生まれ変わることがあれば、今度こそ本当の仲間に」
「願わくば…盾の勇者達の行く先に、幸多からんことを……」(オスト)

 

7話

「た…確かにレベルが1に戻って体も縮んじゃいましたけど、尚文様の剣であることには変わりないので!」(ラフタリア)

 

「大丈夫?」
「ちょっと目を話した隙に、こんなとこまで来てんだもん。下手したら死んでたよ」
「絆…風山絆、四聖・狩猟具の勇者だよ!」(風山絆)

 

「ラフタリアちゃんとリーシアさんだっけ。いいね尚文は、大切に思ってくれる仲間がいて」(絆)

 

「こんな所(無限迷宮)にいるわけにはいかない。さっさとフィーロを見つけて、オストの仇を討たなきゃならないんだ」(尚文)

 

「やっぱ俺もさ、一生ここに入ってろって言われた時はこたえたよ。はぁ? こんな所にずっと1人って、かなりやさぐれたね」

「島中を探検しつくしたし、沖にも出ようとした。それでも自暴自棄になってさ、出られないならいっそって思った時もあったよ」

「けど、時間はたんまりあったからさ…じゃあ脱出方法を見つけるまで、何年だってあがいてやるって思ったわけさ」(絆)

 

8話

「私は尚文様の剣です。今は体が小さくても、どんなにレベルが低くても、絶対に守ってみせます」(ラフタリア)

 

「ラフタリア、お前が俺の剣なら守るのは盾の俺だろ」
「目一杯暴れてやれ、お前達の背中は俺が守る」(尚文)

 

「私、体が小さくなって、尚文様の役に立てないって思ってたけど…ちょっと嬉しかったんです」

「出会った頃みたいに、おぶってもらったり、なでてもらったり出来たから。最後まで私は、尚文様の剣として!」(ラフタリア)

 

9話

「あんた所にラフタリアを1人残すくらいなら、あいつの罠にでもなんでもハマってやる!」(尚文)

 

「俺が大事な仲間を見間違えるわけないだろ」(尚文)

 

「ご主人様はもういなくなったりしない?」(フィーロ)
「ああ…ずっとフィーロ達のそばにいるぞ」(尚文)

 

10話

「尚文様…きっと、怒ってますよね」
「でも…もう一度お会いするまで、私は絶対に死にません!」(ラフタリア)

 

「あなた達は、尚文様の…私達の敵です!」
「ですが…休戦状態はまだ続いてると思います。オストさんの仇を討ち、キョウの企みを阻止するまで、そのためには一刻も早くここから脱出しなければなりません!」

「だからもう一度協力しませんか?」(ラフタリア)

 

「絆を助けてくれたこと、心から感謝します。今度は私達が…あなたを尚文の元へ」(グラス)

 

「尚文様…必ず戻ります。必ず、あなたのおそばに」(ラフタリア)

 

「違う…そうじゃないんだ! 怒られたっていい…許されなくたっていい…もう絶対にそばを離れない」

「そして剣としてではなく、あなたの横に……並び立ちたい!」(ラフタリア)

 

「無駄な血は流したくありません。大人しく引いてくれませんか?」(ラフタリア)

 

「私の力不足で申し訳ありませんが、引いてくれないと命の保証は出来ないんです」(ラフタリア)

 

「動かないで下さい。動くと…あのかわいそうな虎達のようになります」(ラフタリア)

 

「尚文様…ただいま戻りました」(ラフタリア)
「ああ、おかえり……」(尚文)

 

11話

「波に乗じて尚文達を殺しに行ってた!? やってることが完全に悪役じゃないか!」(絆)

 

「ホントだとしても、そんな方法にすがるのは絶対に間違ってる!」
「俺等は別の道を探す! 尚文の世界も、俺達の世界も救う方法は、きっとあるはずなんだ!」(絆)

 

「お前とし合うのも悪かねえが、こうして一緒に戦う方がやっぱしっくりくるな、尚文」(ラルク)

 

12話

「申し訳ありませんが、ここで時間を取られるわけにはいきません!」(ラフタリア)

 

「お前は俺の大事な仲間に手を出した! 今すぐ殺してやるから黙ってろ、クソ野郎!」(尚文)

 

「お前達のおかげで、ラースシールドに、怒りに飲み込まれずに済んだ! だがこの怒りも、苦しみも、悲しみも、受け入れて前に進まなきゃいけない」(尚文)

 

「自分の役目は、自分で決める!」(尚文)

 

13話

「つらかったことより、楽しかったことを思い出すといいよ」(絆)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
盾の勇者の成り上がり 1-20巻セット (コミック)

 

→盾の勇者の成り上がり
→盾の勇者の成り上がり(岩谷尚文)
→盾の勇者の成り上がり(ラフタリア)
→盾の勇者の成り上がり(フィーロ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました