「カッコウの許嫁」の名言・台詞まとめ

アニメ「カッコウの許嫁」の名言・台詞をまとめていきます。

カッコウの許嫁

1話

「16年もこの家で育ってきたんだぞ。今さら新しい親なんて受け入れられるとおもうか?」(海野凪)

「知らない」(海野幸)

 

「でもまさかホントにお兄ちゃんが別の家の子だったなんてね。通りでおかしいと思ったよ。誰にも似てないし、1人だけ勉強できるし、陰キャだし」(幸)

「川で拾われたとか冗談で言ってたのにな、マジだったわ」(凪)

 

「やだな……」
「お兄ちゃん……いなくなったらやだよ……」(幸)

「バカだな、幸」
「いなくならないって。会ってガツンと言ってやる。そっちの家の子になるつもりはないってな」(凪)

 

「ねえ、私の彼氏になりなさいよ!」(天野エリカ)

 

「やめろぉ! そんなことしたら学校から親に連絡が行って、俺の精神面の心配をされたあげく、本当の両親にも相談され、責任を感じられてしまった結果、俺の身柄を無理やり引き取られかねんだろうがぁ!」(凪)

「必死かよ」(エリカ)

 

「写真ってさ……」
「その時の空気感が伝わるのがいい写真だと思って」(エリカ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「二度と天野さんに近づくな」
「ああいうのは痛い目に遭わないと分からないんだ」(凪)

 

「海野家家訓『売られたケンカは全て勝て!』」(凪)

 

「すっごい……私まだドキドキしてる」
「約束する。私も凪君みたいにガツンとやってやるわ」(エリカ)

 

「えっと……もう二度と会うことないだろうから言っておく。私こんなんだから友達いなくてさ。でもなんだか、デートしてるみたいで楽しかった」

「結婚相手が凪君だったらよかったのにな……なーんてね! さよなら!」(エリカ)

 

「俺はずっと心に決めていた」(凪)
「えっ、好きなタイプ? 私より頭がいい人かな」(瀬川ひろ)
「1位を取ったら、この女に告白すると!」(凪)

 

2話

「家を見せて欲しいの」
「どこよ?」
「えっ! あ……ここって倉庫じゃなかったの!?」(エリカ)

 

「これは俺の個人的な理由で結婚できないレベルじゃない。俺達、そもそも結婚なんて出来ないんだ。お互い住む世界が違いすぎる」(凪)

 

「私、言えなかった……」
「言えなかったの……もっと仲良くしたいって、どうして言えないんだろ?」

「本当のお父さんとお母さん、あんなに歓迎してくれて、すごく優しくしてくれたのに……私、どうしていいか分からなかった」

「嫌がられたらどうしようって、迷惑だったらどうしようって……何も、出来なかった。たった一言いうだけなのに……」(エリカ)

 

「仲良くしたいなんて言わなくていい」
「うちの親はそういうの気にしない。気を使わなくていい親なんだ」
「無神経だし、元ヤンだしな。だから、一緒にうちに帰ろう」(凪)

 

「うん、(嘘なのは)知ってるよ」
「親の目はごまかせないぞ。でもそれってつまり2人の関係は、まだ始まったばかりってことでもあると思うんだ」(天野宗一郎)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「いれ以上言いなりになってたら、マジで結婚させられるわ。だから、この家での決まりを作りましょうよ」

「『お互い一切関与しないこと』。どう?」(エリカ)

 

「進行方向が予測不能の速く動く生命体、マジで無理!」(凪)

 

「凪君見てたらやらなきゃって思った」(エリカ)

 

「お願いします。俺に勉強させて下さい!」
「そのゴミは、俺ににとっては宝の山なんです。教科書なくして今日という貴重な休日を過ごすことは出来ません!」(凪)

 

「家、見ただろ? (勉強は)いつか親を楽させてやりたい、と思って……」(凪)

 

「有名になれば、いつか届くのかなって?」
「どうしても届けたい人がいるんだ」(エリカ)

 

「海野凪くん……あなたには、絶対に負けないから!」

「次の実力テストで1位を取るのは私。言っておくけど今回のテストで1位を取れたのは、私が法事で学校を休んだからだから。受けてたら、絶対私が1位だったもん」

「それに、次の中間試験も期末試験も、全部勝つのは私」
「海野君には、絶対負けない! 以上です」(ひろ)

 

「でも……そこまで一生懸命な人、初めて見た」
「すごいなって思ったよ」(エリカ)

 

「そういうわけにいかないから。今日も1位、取ってきます」(ひろ)

 

4話

「こ…これは……吹いてるぞ、勝利の風が」
「(1位)それは……瀬川さんに告白するためだ」

「前に言ってたよね、『自分より頭がいい人が好き』って。だから俺は1位を取った」
「瀬川さんが好きです。俺と付き合ってくれますか?」(凪)

 

「うん…私、自分より頭がいい人が好き」
「確かに海野君は私を抜いて、1位を取ったもんね」

「でもそれ、今回だけだよね!」
「1勝だけじゃん! 通算1勝10敗1不戦勝、まだまだ私の方が上だから! なので今回の告白は受理されませんでした」(ひろ)

 

「そうか…後10回勝てばいいのか」
「ならば次のテストも俺が勝つ! その次もその次も俺が勝って10回俺が勝利したら、付き合ってくれますか?」(凪)

 

「こんなの初めて……こんなに楽しいの、初めてかも?」(ひろ)

 

「でもね…海野君とは絶対に付き合えないよ。私…許嫁がいるんだ」
「だから…誰ともお付き合いは出来ないの」(ひろ)

 

「そ…それ(残ったの)は……一人暮らしがしてみたかったの」
「凪君に比べて何も出来ない自分が嫌になった。だからせめて身の回りのことくらいは1人で出来るようにならなくちゃって……」(エリカ)

 

「年数マウント、マジうざい」(エリカ)

 

「そうだね…世界が違うもん。血はつながってても全然違う……」(幸)

 

「妹に会えて嬉しかった」
「それにね、私は1人だから兄妹っていいなって思ったよ」
「お互いのこと、よく知ってるんだなあって」(エリカ)

 

5話

「告白した時は明確な目的と心の準備期間があったから立ち向かっていけたが、予測できない状況にはすこぶる弱い」

「こんな時にリードできないとは、なんて情けない。ひねり出せ、弾む会話を!」(凪)

 

「(御朱印集めは)趣味といいますか……コレクターと呼んでいただきたいですね」(ひろ)

 

「やっぱり、海野君は楽しいな」
「これからも一緒に朝活、出来るかな?」(ひろ)

 

「いや待てよ、いいのかこれは?」
「許嫁と好きな人が仲良くなろうとしているのでは?」(凪)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
カッコウの許嫁 1-11巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました