「くノ一ツバキの胸の内」の名言・台詞まとめ

アニメ「くノ一ツバキの胸の内」の名言・台詞をまとめていきます。

くノ一ツバキの胸の内

1話

「男は怖いもの、恐れるべきもの……でも、なんでしょう? この胸の高鳴りは!?」(ツバキ)

 

「男って、すっごいアホなんだって。体はでかいけど脳は小さいらしい」(アジサイ)

 

「バカ者!」
「男を甘く見るな! いつも言っているだろう。奴等は力が強く、残虐性も高い。なめていると痛い目を見るぞ!」(ハナ先生)

 

「はい、もちろん! (男を)ぶっ倒すためです! 男は女の敵です。近くまで来ているこの好機を、みすみす逃す手はありませんよ!」(サザンカ)

 

「全く、サザンカ。アサガオまで巻き込んで、悪い子です」(ツバキ)

 

「男が……男が、すぐそこに……」
「ひと目、見てみたい」(ツバキ)

 

「男とは……バカでアホでうるさくて、汚くて間抜けで、でも決して甘く見てはいけない。近づいてはいけない、そう先生に教えられてきたのに……なぜなんでしょう?」

「最近、男のことを知りたいという思いが、胸の中で大きく……なんだか顔も熱いし、私はおかしいんでしょうか?」(ツバキ)

 

「丹田に力……『男』!?」(ツバキ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「まあ、(私は)天才だしね」(ベニスモモ)
「だからっていつもダラダラしていいわけじゃないでしょう! 1に努力、2に努力、3・4も同じく5も努力っすよ!」(トウワタ)

 

「なんでここだって分かったの?」(ベニスモモ)
「長い付き合いですから」(ツバキ)

 

「私はそうは思いませんけどね。努力してるのはかっこいいですよ」(ツバキ)

 

「だって(嘘は)……我慢できなくなって、思ってること全部言っちゃいそうだったんだもん。姉様に自分のせいだって、思って欲しくなかったから……」(サザンカ)

「下手な嘘ついて……ごめんなさい。午後になったらちゃんと話を聞いてあげますね」(ツバキ)

 

3話

「ケンカは醜いね」(キキョウ、ウイキョウ)

 

「どうしても(巻物)見たかったら」(ウイキョウ)
「奪ってみる?」(キキョウ)

 

「仲悪いコンビをいていると」(ウイキョウ)
「私たち本当に仲がいいんだなあって、しみじみ実感できるから」(キキョウ)
「ね!」(キキョウ、ウイキョウ)

 

「お前たち、最近男をバカにし過ぎだ。男は危険なのだということを、再認識する必要がある。男を見たらまず逃げる。それを体で覚えてもらうために、鬼を男として扱う」(ハナ先生)

 

「先生、お相手お願いします」
「先生と勝負できるなんて、滅多にないですから!」(ベニスモモ)

 

「隙が……全くない」
「いえ、せっかくサザンカがおとりになってまでつかんだ好機。私に、みんなの夕食がかかってるんです。なんとしても!」(ツバキ)

 

「皆に厳しすぎると思うか?」
「仕方ないのだ。またあの時のようになっては困るからな。男が怖いという嘘は、突き通さねばならん」(ハナ先生)

 

「男が怖いのは嘘だなんて、そんなの聞いてしまって……私、どうしたら!」(ツバキ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

4話

「ツバキ……全てを話そう」
「中途半端に知ったままでは、かえって口止めも出来ないだろう」(ハナ先生)

 

「『恋』という言葉がある。異性に『好き』という思いを寄せることだ」(ハナ先生)

 

「男女ってのは会ったら、何があるか分かんないからさ」(コノハ先生)

 

「その……こ…恋をすると、一体どうなるのでしょうか?」(ツバキ)
「そうだな……鼓動が強くなり、体が熱くなり、頭が白くなるような感覚……と聞いている」(ハナ先生)

 

「私ね、頼まれると嬉しいんだ。みんなのために動くのが、申班の……私の仕事だからね」(モクレン)

 

「モクレンのおかげで思い出しました。私の仕事は、しっかりすることですから」(ツバキ)

 

5話

「ま、見逃してよ」
「これを食べることによって、私が更にかわいくなるって考えたら?」(ヒナギク)
「安いもんだよ、ヒナギク」(キブシ)

「めっちゃ高いんだけど!」(アサガオ)

 

「私は自分よりかわいくない奴の言うことなんて聞く気ないし」(ヒナギク)

「黙って聞いていれば…好き勝手言ってくれちゃって……ふざけんじゃないわよ!」
「何が『自分よりかわいくない奴の言うことなんか』よ! あんたなんかより姉様の方が100倍かわいいわよ!」(サザンカ)

 

「じ…自分……」
「自分のことかわいいとか言うの、恥ずかしい……」(ツバキ)

 

「目が本気でしたから、きっと何か理由があるんでしょう」(ツバキ)

 

「そうよ、甘ちゃんよ! しょうがないじゃない! 甘えるの、心地いいんだもん!」(アジサイ)

 

6話

「うん、すごくかわいいです!」
「男はかわいくないと聞いたことがあります。これで大丈夫、みんなの所に行きましょう!」(ツバキ)

 

「えーっと……お…男には、股に棒のようなものが付いているらしいのですが……」
「その名も! ちん○ん!」

「ちん○ん……な、なんか…恥ずかしい……」(ツバキ)

 

「嫌ってるんじゃないよ! サザンカはね、人見知りなの。仲良くなったらめっちゃ偉そうにしてくるんだよ」(アサガオ)

 

「裸より顔の方が恥ずかしいって変なの!」(サザンカ)

 

7話

「僕ね……みんなと、もっと仲良くなりたいんだ」(リンドウ)

 

「サザンカがリンドウにちょっかいかけるのは、好きだからですよ…ねっ?」(ツバキ)

 

「リンドウは、私達の大切な仲間です」
「勝手なまねは、許しません!」(ツバキ)

 

「これからは……お面なしでちょっとずつでも慣れていきたい。あの…キッカケくれてありがとう、ヒナギク」(リンドウ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
くノ一ツバキの胸の内 1-7巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました