「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」の名言・台詞まとめ

アニメ「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」の名言・台詞をまとめていきます。

史上最強の大魔王、村人Aに転生する

1話

「敗北が知りたい……人は俺のことを魔王と呼ぶ。かつての友は、もはや俺のことを人間として見てはくれない。だから俺は、敗北を願うようになったのだ」(アード・メテオール)

 

「しかし俺を倒せるほどの敵がいなくなり、我が人生は……詰みの境地に至ったらしい」
「だが来世なら、別の運命を享受できるかもしれない。ならば……転生だ」(アード)

 

「そうだ……俺には夢が、野望がある! 転生して早10年。俺は、知力・体力共に友情の絆を結ぶにふさわしい人間に成長したといっていい」

「俺を畏怖の目で見ない人間を探し、対等な立場で友達を作るのだ!」(アード)

 

「なんだこのプレッシャーは!? バカな! 神々との決戦を向かえた時ですら、微塵の恐れいだかなかったこの俺が……緊張して腹が痛いだと!?」(アード)

 

「我が友になれ! さすれば世界の半分をくれてやろう!」(アード)

 

「いつどんな時も、誰が相手だろうと、穏やかに紳士的な態度を心がけることです。そうすれば、友達なんてものは自然と出来るものですよ」(ヴァイス)

 

「いっそ滅ぼしてやろうか、この世界」(アード)

 

「イリーナさんはもちろん、私にも指一本触れることは出来ませんよ」(アード)

 

「おのが選択を悔いるがいい」(アード)

 

「なんで……なんで助けたのよ! 私は死にたかったのよ!」
「嫌よ! 私の気持ちが分かるわけないわ! 独りぼっちで寂しくて、苦しくて、悲しくて……」(イリーナ・リッツ・ド・オールハイド)

「孤独がもたらす苦しみなら、私は誰よりも理解できますよ。だからこそ、私はあなたと友達になりたいのです」(アード)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「そうだ。イリーナちゃんと俺の、初めての共同作業ということにしたんだった。しかしあんなゴブリン退治など、息をするより容易いが」(アード)

 

「これから楽しみだね。アードと一緒でよかった!」(イリーナ)

 

「そのように格好をつけても、滑稽なだけですよ。お気持ちは理解できますがね」(アード)

 

「(価値は)あるよ! だって仲間だもん!」(イリーナ)

 

「勇気を出しなさい。そして過去と決別するのです」
「ジニーさん。あなたにとって今は、まさしく今は人生の分水嶺なのですよ」
「変わりたいのならば、意地を見せなさい」(アード)

 

3話

「私はアード君を独占しようと思ってませんし。むしろ、アード君はハーレムを作るべきだと思ってますからね!」(ジニー・フィン・ド・サルヴァン)

 

「あなた達が用意した策謀は、私にとってなんの脅威でもありません」(アード)

 

「あなた達のような雑魚に、いつまでもかかずらってはいられません。まだデートの途中ですので」(アード)

 

「あちらが飛ぶのであれば、こちらもそうすればよろしい」
「私は飛べるのだと、覚えておいて下さいませ」(アード)

 

「それにしても……魔族のレベルも落ちたものです」
「ただの通りすがりの……村人です」(アード)

 

「ご存知ないようなので、教えて差し上げましょう」
「私からは逃げられませんよ」(アード)

 

4話

「人間関係とはなんとも難しいものよ。どうやったらイリーナちゃんの機嫌が直るものか……」(アード)

 

「男の子はエッチな服を着てお願いすれば、なんでも聞いてくれるって教わったのよ」(イリーナ)

 

「お前が感じている苦痛は、我が娘に手を出した罪の重さと思え!」(ヴァイス)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

5話

「そんなことどうでもいいでしょう」
「イリーナさんを取り戻す。相手が誰であれ、考えるべきはそれだけです」(アード)

 

「私の辞書に、不可能という文字はありません」(アード)

 

「愛だの絆だの友情だの、生ぬるさに浸ったこの世界をぶっ壊してやりたいんだよ。こんな不愉快な世界、滅んでしまえばいい!」(エルザード)

 

「先ほど友達が出来ないとおっしゃいましたが……イリーナさんだけでなく、私だってあなたのことをお友達だと思ってますよ」

「イリーナさんが帰ってきたら、また一緒にバカなことをして笑い合いましょう」(アード)

 

「虫けらの皆様、ごきげんよう。この度はよくもやってくれましたね。一匹も逃がすつもりはありませんので……お覚悟を」(アード)

 

「ご安心下さい。この程度のトカゲなど、私の敵ではございません」(アード)

 

「そんなことはどうでもよろしい」
「大事なのは、彼女が誰よりも優しく、誰よりも強い勇気を持ち、敬愛に値する存在だということ」

「私のような人間には本当にまぶしい。まるで太陽のような御仁だ」
「それを化け物というただ一言の差別表現で切って捨てたあなたのこと、私は決して許さない」(アード)

 

「あなたの戦い方には絶対的強者特有の欠点が大きく出ている。苦戦した経験が無い者はどうしても戦闘が単調になりがちだ」(アード)

 

「私が思うに、強者には危機感が足りていない。あなたもまた、この期に及んでなお自分は死なないと思っているようです」(アード)

 

「ハッキリと断言しておきましょうか。この世に滅せぬものなど……どこにもありはしませんよ!」(アード)

 

「久方ぶりに踊ろうか、リディア」(アード)

 

「アーーード!! がんばれぇ! そんな奴に負けちゃダメだからねぇ!!」(イリーナ)
「貴様は一つ誤った。俺はもう、1人じゃない!」(アード)

 

「解析し、理解し支配する。それこそが我が真髄。俺は貴様の全てを理解した。魔法の構成術式だけでなく、心の本質さえも……」(アード)

 

「凶暴なる龍の王よ。絶望と共に死ぬがいい」(アード)

 

「リディア、此度は大義であった。我が魂の中へ戻るがよい」(アード)

 

「何考えてんのよ、あたしは。アードがあたしの秘密を知ったのに友達だって言ってくれた。強く、ならなくちゃ……」

「誰よりも強くなって、アードの隣に立つ。そしたら、きっと……」(イリーナ)

 

6話

「あたしは強くなった! リリー姉さんの力になれる! もう誰も犠牲にしなくて済むのだわ!」

「そろそろ村に戻らないと……さすがに3年もダンジョンにこもったのはやり過ぎだったかもだわ……」(シルフィー・メルヘヴン)

 

「大丈夫! あたしもジニーもアードと一緒に戦うもの!」(イリーナ)
「アード君はひたすらかっこいいところを見せて下さればいいのです!」(ジニー)

 

「(アードの)お友達よ! オンリーナンバーワン、ベストフレンドよ!」
「つまりあたしの上にあたし以上の友達はなく、あたしの下にはあたし以下の友達ばっかり! そんな関係!」(イリーナ)

 

「仕方ない、かくなるうえは…全身全霊を尽くして見事に負ける…これしか、あるまい!」(アード)

 

「悪いことしたら『ごめんなさい』でしょ! あんたが強いのはよく分かったわ! でもだからこそ、その力で人様を傷つけちゃダメよ!」(イリーナ)

 

7話

「いかんな、これでは負ける。弱気というのは、わずかなチャンスさえもかき消す」(アード)

 

8話

「定められしエンディングに変わりない。最後は道化が道化を演じきり、この物語は喜劇で終わる! とてもとても楽しみだ!」(アルヴァート・エグゼクス)

 

「聖剣は人を選ぶ。お前は選ばれなかったようだな」(アード)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
史上最強の大魔王、村人Aに転生する 1-6巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました