「亜人」の名言・台詞まとめ

マンガ「亜人」の名言・台詞をまとめていきます。

亜人

1巻

「発見されていない亜人も存在する。なにせ『死ななければわからない』のだから……今この場に亜人が存在する可能性もゼロとは言えんな」(先生)

 

「あの……亜人って……人間じゃないんですか?」(永井圭)

 

「いない……助けてくれる人間なんて……」(圭)

 

「わかってる、助けるよ」
「ケイ、俺は大丈夫だ」(海斗)

 

「でさ……あの……僕って……やっぱ、人間じゃないのかな?」(圭)
「……そのへんは興味ねーわ」(海斗)

 

「捕まったらどうなるんだろう……きっと……まず『本当に不死身』か調べられる。何度も何度も殺される。嫌だ……それだけは嫌だッ!!」

「……僕がトラックにひかれた時……ほんの一瞬……いや一瞬よりは長く、痛かったんだ……すごく!」(圭)

 

「我々は人間ではない。公務中は『公人』という別の生き物なのだ。それを深く認識しておけば、無用な感傷は消せる」(戸崎優)

 

「お前は人間だよ」
「少なくとも俺はそう思ってる。だからお前がオレ以外誰も知らない所に逃げれば……お前は人間のままだ」(海斗)

 

「『亜人のコミュニティ』大きく分けて2タイプだろう。ひっそり過ごすタイプ、もう一つは物騒なことをするタイプだ」

「まあそれもしかたないだろう、殺されて当然な人間は多いから」
「だが、もしその物騒なことが……及ぶべきでない人間に及んだときは……その時は……殺してやる」(圭)

 

2巻

「きっと君は亜人とわかってから、たくさんの人達にひどいことをされたと思う。だからと言って、人間をむやみに敵視するべきではない……と私は考えている」

「人間より人間らしく、それがモットー! 『静かに暮らす』それが私達の日常だよ」(佐藤)

 

「(永井君は)教育しなければねぇ……」
「人間への憎悪……復讐心……全てを育んでくれる場所が……永井圭を人間に差し出す」(佐藤)

 

「どうしたぁ? 僕ちゃん。俺みたいのにはなりたくなかったんじゃないのか?」
「そう、やっとわかったか。てめえは地獄も知らねーで、カッコつけてただけ。本当の自分になれ」(田中功次)

 

「コレをした……ら、カイに嫌われてしまうかもしれない……」
「彼だけは……裏切るワケにはかないんだと思う……」

「命を……懸けてくれたんだ……1コだけの……こんな僕に……」
「僕は……命を懸けることが出来ない。だから、命以外の全てを懸けなきゃあ……わりにあわない」(圭)

 

「さて、どうすれば城を落とせるか。単純! 敵の想定する火力を上回ればいいんだよ。今私達が持てる最大火力で押し潰す。小細工などいらない」(佐藤)

 

3巻

「だいいち、アンタらが僕にしたことを忘れたわけじゃないからな」(圭)

 

「なんで、他人を気遣えるんですか?」
「人の痛みなんて、わかります?」
「いえ、僕は上辺以外で人の心配なんてしたことがない」(圭)

 

「僕は誰とも関わってこなかったし、そんな必要なかったし、他人なんてどうでも良かった。かつ、やっぱり今でも他人なんてどうでもいい!!」

「でも、アンタは助けたい」(圭)

 

「あの日……あの日、私は再確認したんだ。どれだけ他人を不幸にしようと、自分の目的を達成すると」(戸崎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
亜人 全17巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました