「86-エイティシックス-」シンエイ・ノウゼン(シン)の名言・台詞まとめ

アニメ「86-エイティシックス-」シンエイ・ノウゼン(シン)の名言・台詞をまとめていきます。

86-エイティシックス-

2話

「鴨打ちなんだろ? 楽しめばいい」

 

4話

「この現状をあなたが作り出したのでもなければ、あなた1人の力で撤回できるものでもないということは分かっています」

「不可能なことを、しなかったと責められたからといって、気に病む必要はありません」

 

「最初の部隊で、他の奴等と約束したんです。死んだ奴の名前を、そいつの機体の破片に刻んで、生き残った奴が持っていよう」

「最後まで生き残った奴が、行き着く場所まで全員を連れて行こう、と」

 

5話

「あまり戦場にとらわれ過ぎると、俺のようになりますよ」

 

「少佐。この戦争は、あなた達が負けます」

 

「俺達は、時期に絶滅するでしょう。その時あなた達アルバは戦えますか? 兵役も戦費の負担も、自分以外の誰かに押し付けることを覚えてしまったあなた達が」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

6話

「遅いか早いかの違いだけだ、ここでは」

 

7話

「総員、構わないな?」
「少佐、もういいです。あなたが何をしても、もうどうにもならない」
「補充は来ない、ただ1人も、決して」
「俺達は全滅します。この部隊はそのための処刑場です」

 

8話

「俺達は別に、死にに行くのではありません」

「俺達はようやく、自分が行こうと思った所まで、行こうと思った道をたどって行けるんです。やっと自由になれるというのに、それをけなさないでもらえませんか?」

 

「その程度の時間稼ぎはしていきますから、だから……」
「少佐はそれまで、生き延びて下さい」

 

9話

「倒してから行く。片付けないと進めないし、進む気も無い。それに……逃してくれる気も無さそうだ」

 

10話

「死んだらそのまま消えるだけだ。意思も意識ももう残らない」

 

11話

「どうやっても回避できない部隊がいる。避けられないなら戦うしかない」

 

「バカだな……そんな武器で、レギオンに勝てる訳……」
「バカだ……本当に、バカだ……」

 

13話

「俺達はただ、運がよかっただけです。それをいいことにこのまま足を止めていたら、戦い抜いて死んだあいつらに顔向けが出来ない」

「平和なふりをして生きていくことは、俺達には出来ません。たとえ死ぬのに変わりはないとしても、死に方は選べる

「いずれ死ぬならその最後まで戦い抜くのが、俺達の選んだ生き方です」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

15話

「(新型は)共和国のジャガーノートよりは多少上等な、アルミの棺桶です」

 

16話

「今日の戦闘は、なるべくなら必要な時以外はつなぐな。慣れたつもりだったんだけど……正直今夜のこれはきつい」

 

「戦隊各員、聞いていたな。死にたくなければ着いて来い」

 

17話

「置いていかれてばかりだ、いつだって……」

 

「助けられたことは感謝しています。ですが、だからといって憐れまれるゆわれはありません。戦うなといわれる筋合いも……」

「他の奴だけ戦わせて戦場から逃げ、誰かに首をくくられるまで目をそむけて生きるような、共和国の奴等と同じものに成り下がってたまるか!」

 

18話

「帰りの心配よりも、今はモルフォを仕留めるのが先決だ」
「あれを放っておくつもりか?」
「それがどんな結果を招くか、言わなくても分かるだろ」

 

19話

「そうやって殺意を撒き散らしていれば、楽だよな」

 

「今日逃げたところで明日死ぬなら、意味が無い」

 

20話

「帰ってやるつもりがあるなら、わざわざ帰れない道に進むことなんかない」

 

「死ぬはずだった俺には、未来なんて長すぎて……」

 

「望むものがないのは、生きようと思っていないことだ。俺だけがまだ、まともに生きていない……ただの、死神だ」

 

21話

「失うのは怖くて、それでも救ってやりたいんだろ、お前の騎士を?」
「なら、生き延びて果たせ」

 

「戦ってる間は何もかも忘れられる。そうだな、それは楽だよな」

 

22話

「もういい……死者とは過去だ。生きている者が交わることは決して出来ない。残っていても、何にもならない、どこにも行けない」

「だから……もう消えていい」

 

「どうして、誰も彼も、俺1人を置いて、先に死んで、それでも最後まで戦い抜くのが俺達だと、誇りだとここまで……」

 

「いえ、このまま残ります。共和国を助けたいとは思いませんが、死なせたく人間も中にはいますから」

 

「まだ名乗れない、追いつくと言われたから。追いついて、たどり着いた先がこんな有様じゃあんまりだろ。進んだ先で彼女が見るべき景色は……こんな戦場なんかじゃない」

 

23話

「どうして戦うのかと前に聞かれたな。正直、まだよく分からない。俺には、お前が言ったような戦う理由なんて何もないから」

「けど、あいつらに……最後まで連れて行くと約束したあいつらに、見せたいものが戦場じゃないことだけは分かった」

 

「俺には、俺を置いて行く気のない奴等がいる。俺でいいと言ってくれる人がいる。だから、多分もう大丈夫。自分で行ける……ありがとう」

 

「分かってる。(死んだ)お前達のことも忘れてはいない。俺は……死神だ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
86―エイティシックス― 1-11巻セット (ノベル)

 

→86-エイティシックス-
→86-エイティシックス-(レーナ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました