「はねバド!」の名言・台詞まとめ

アニメ「はねバド!」の名言・台詞をまとめていきます。

はねバド!

1話

「勝つためには練習するしかないじゃん。あたし達、天才じゃないんだから」
「努力するしかないでしょ?」

「あたしは絶対、あいつに勝つ。でなきゃ、何のために……」(荒垣なぎさ)

 

「なのに、さっきあの子見て、あたし、怖くて。向き合って無いのは、あたしなんだよ」
「あたし……自分が出来ないのを、人のせいにして……」(なぎさ)

 

「やだから! 私、バドミントンなんてやらないから。やったって、何の意味も無いし!」
「たかがスポーツですよね? それも、部活のバドミントンなんか、何の意味も無いです」(羽咲綾乃)

 

2話

「周りが見えてない。それにスマッシュにこだわりすぎだ。外で見てろ!」(立花コーチ)

 

「怖いのか? 勝てる相手としかやりたくないのかい?」
「そりゃ、分かんねえだろ。勝負なんだからよ!」(立花コーチ)

 

「ネットに当たっても良い。ちょっとぐらいコースが甘くなってもいい」
「おまえのスマッシュは、ちょっとやそっとじゃ返されねえよ」
「お前は自分のスマッシュを信じていいんだ!」

「お前は、ただのバドミントン馬鹿なんだろ」(立花コーチ)

 

「何を迷ってたんだろう?」
「誰よりも練習してきたって、あたしが一番、分かってる!」(なぎさ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「全日本ジュニアの時のアイツは、完璧だった。今のあいつのプレーとは、次元が違った」(なぎさ)

 

「無様ですわね。かつてのライバルを視察に来たつもりでしたけど、がっかりですわ」
「羽咲さん。あなたはわたくしに勝てなくってよ!」(芹ヶ谷薫子)

 

「だてに幼馴染やってないわよ」(藤沢エレナ)

 

「頑張って勝ち続けたもん!」
「強くなればお母さんは帰って来てくれるって。そう信じて、勝ち続けたもん!」

「バドミントンをやる理由なんて、もう無いの」(綾乃)

 

「羽咲。バドミントン辞めるのはお前の自由だ」
「だけど、あたしはあの試合以来、お前に勝つために練習してきた」
「最期に1セットだけ、あたしと打ってくれ」(なぎさ)

 

「あたし、寂しかったんだよ」
「最近も綾乃がバド部のみんなにちやほやされるの見てて、ちょっと寂しかった」
「でも、それでも、綾乃はバドミントンやった方がいいって、そう思うよ!」(エレナ)

 

4話

「友だちごっこに意味なんてあるの?」
「それで、欲しいものは手に入るの!?」(コニー・クリステンセン)

 

「勝って、みんなの仲間になりたい!」(綾乃)

 

「覚悟してね。仲間なんて無意味だってこと、証明してあげるから!」(コニー)

 

「なに甘い玉、返してるの!?」
「やっと会えたんだから、もっと楽しませてよ!」(コニー)

 

「仲間なんていたって意味無いんだよ。お姉ちゃん」(コニー)

5話

「はぁ~、こんなもんか。やっぱり、あんたなんて有千夏の子供じゃない!」(コニー)

 

「分かんなくなっちゃった!」(綾乃)

 

「綾乃ちゃん、一人じゃないよ」
「私じゃ頼りないかもしれないけど、つらい時、その気持を分け合えるのがパートナーでしょ?」(泉理子)

 

「二人共相手を信じて、自分の持ち場を守れよ!」(立花コーチ)

 

「いつもこうでした」
「子供の頃、綾乃にとってシャトルを拾うのは、何より楽しい遊びだったんです」(エレナ)

 

「みんな、応援してくれてる。勝って、仲間になるんだ!」(綾乃)

 

「仲間なんていらない! 一人で勝って見せる!」(コニー)

 

「私、羽咲さんのこと嫌いだった。やる気なさそうにしてたのに、才能あるからって期待されて、部活に来なくなったら、みんなに心配されて」

でも、かっこよかった、さっきの試合。だから、言い訳なんてしないでよ!」(伊勢原空)

 

「もうすぐ日本に来るよ、ママ。私にとって、ママは何より大切な家族」
「あなたもそうだよね」
「仲間が出来たって結局、ママに認められなきゃ、バドミントンやる意味ないでしょ?」(コニー)

 

「私はあなたに勝って、ママに自分の価値を証明する。覚悟しておいて!」(コニー)

 

「お母さんなんて、もういらない……」(綾乃)

 

6話

「理子ちゃんて、去年どこまで行ったの?」
「ふ~ん。それじゃ、厳しいかな~?」(綾乃)

 

「望にとっては、ただの一試合かもしれないけど、私はこの試合に、全力で、本気で、全てを!」(理子)

 

「やっぱ、バドミントンって楽しいです!」(理子)

 

「分かってるから……理子の気持ち、分かってるから」(なぎさ)

 

「なぎさ。私……私、勝ちたかった! 勝ちたかった!」(理子)

7話

「負けた後、涙を拭くのに必要でしょ?」
「それとも、拭くのは鼻水だったかしら?」(薫子)

 

「あの時は悔しかったな~。でも、薫子ちゃんをボッコボコにするために練習してきたから、ワックワクが止まらないよ!」(綾乃)

 

「わたくし、仇を取るとか、興味ありませんの」
「バドミントンにおいて、力こそが正義。わたくしは、わたくしのために戦うだけですわ」(薫子)

 

「それについては、心配ご無用。この線をまたいだら、嫌でも切り替わりますから!」(薫子)

 

「今日は、遊びじゃないから気を付けてね。薫子ちゃん!」(綾乃)

 

「薫子ちゃんがいるから、今の私がある。ありがと!」(綾乃)

 

「惨めだよね~。何か拍子抜けしちゃった~!」
「甘いな~、エレナは。バドミントンはね、勝てばいいんだよ」(綾乃)

 

8話

「続ける意味なくない? もう勝ち目ないじゃん!」(綾乃)

 

「別に友だち作りたいから、バドやってる訳じゃないし」
「あのね、強くなきゃやる意味ないんだよ!」(綾乃)

 

「ここで指示だしたって、荒垣が実力以上のパフォーマンスを発揮できる訳じゃない」
「返って荒垣を混乱されるだけだ!」(立花コーチ)

 

「そんなの考えたって、分っかんねえよ!」
「コントロール出来てない! 壊せる! あいつのプランを、あたしのパワーなら!」(なぎさ)

 

「ここで、負けたら、あたしは、何のためにここまで? 頑張って、耐えて……」(石澤望)

 

「望! 全力で来なよ!」
眼中ない訳ないだろ。あたしは全力で望を倒す。全国をかけて!」(なぎさ)

 

9話

「私たち3人で家族になろうよ! ママと私と綾乃で、一緒に暮らそう!」(コニー)

 

「唯華。やっぱり、バドで話すしか無いんだよ。私たち、有千夏の娘だもん!」(コニー)

 

「綾乃。私と家族に、私のことを、認めて!」(コニー)

 

「無理だよ! 3人で家族になるなんてさ。今度は私がお母さんを捨てるんだから!」(綾乃)

 

「おい、いつまでしょげてんだ!」
「自分から会いに行って、振られて、落ち込んで、また一人になろうとしてんの!?」(志波姫唯華)

 

「おかえり、コニー!」(チームメイト)
「こっちの家族のこと、忘れないでよね!」(唯華)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

10話

「それは難しいんじゃないかな?」
「だってさ、今の渚ちゃんじゃあ、私と勝負になんないんじゃない?」(綾乃)

 

「その悔しさを知ってる彼が、大事を取れって言ってるってこと」
「きっと彼は、誰よりもあなたの気持ちが分かってると思う」
「その上でのアドバイスだってこと、分かってあげて」(美也子先生)

 

「頑張らなくていいんです!」
「もうこれ以上、頑張らなくていいです!」(海老名悠)

 

「でもよ、俺にもあるんだよ。諦めの悪さって才能が!」(葉山行輝)

 

「決勝は出ます!」
「全日本ジュニアであいつに負けた時、最後は諦めて、シャトルを追いませんでした」
「あの時あたしは、あたしに負けたんです」
「あいつと戦うってことは、あの時のあたしと戦うってことなんです!」(なぎさ)

 

11話

「でもあなたはもう、あたしがいなくても、バドミントンが出来る」
「だから、あたしは戻って来たの」(羽咲有千夏)

 

「あたし!? 好きだから、バドミントンが!」(有千夏)

 

「綾乃ちゃんは、今の綾乃ちゃんになるのにふさわしい努力を積み重ねて、今の力を手に入れている。それは、なぎさちゃんと変わらない」(美也子先生)

 

「勝ってくるよ。あたしは、あたしに勝ってくる!」(なぎさ)

 

「羽咲! 楽しもうぜ!」(なぎさ)

 

「あの時は、お前が強かったってだけじゃない」
「あたしが弱すぎたんだ! あたしの心が!」(なぎさ)

 

「人をなめくさることに掛けては天才的な羽咲さんが、慎重になってる!」(薫子)

 

「その選択肢を生み出すのは、あんたの迷いだ!」(なぎさ)

 

「案外、小賢しいバドミントンしてくるんだね、なぎさちゃん」
「スマッシュ、あまり見せたくないのかな!?」(綾乃)

 

12話

「あれに気を取られると、さらに後手に回ってしまう!」
「もう一度、攻めの姿勢!」(なぎさ)

 

「あんたがどんなプレーをしようが、いまさら驚かない」
「圧倒できるなんて、はなから考えてなかったんだから!」

「さあ、来い!!」(なぎさ)

 

「私はコニーよりも、なぎさちゃんよりも強い。でももう、戻ってあげないから!」(綾乃)

 

「でも、あの子にも見て欲しかったの。強さの先に見える風景を!」(有千夏)

 

「自分自身の怖さを履き違えましたわね。彼女の最大の怖さは、ラリー!」(薫子)

 

「楽しもうぜ、羽咲!」(なぎさ)

 

「キツイ時こそ、足を前に出しなさいよ!」(薫子)

 

「また、捨てられる! 強くならないと、必要の無い人間になっちゃう!」
勝たないと、誰からも必要の無い人間になっちゃう!」(綾乃)

 

「試合、投げないでよ!」
「私だって、決勝を戦いたかった。私だって、全国に行きたかった」
「あんたは、あたし達の分も背負って戦ってるんだよ!」(空)

 

「ホントだよ。あやのんなんて、あやのんなんて、ガンバレ~!!!」(悠)

 

「仲間っていいよな。でも、このコートに立ってるのは、あたしとあんたで、他の誰も入れない。ここは、あたし達だけの世界。やろうよ、バドミントン!」(なぎさ)

 

13話

「なんで戦ってんだろう?」(綾乃)

 

「ゼロポジション。その前のプレーでも、右手を使いました。おそらくあいつは、もともと両手打ち」
「隠していた訳じゃ無いと思います」
「それでも選んだのは、捨て身の覚悟!」(立花コーチ)

 

「なぎさ! 忘れちゃってない?」(理子)

 

「まずは、自分!」(なぎさ)

 

「そっか……なぎさちゃんに、勝ちたい!」(綾乃)

 

「負けたくない! ありきたりでも! 泥臭くても!」
「あたしは、あんたに勝つ!!」(なぎさ)

 

「オーケー、なぎさちゃん! 取れるものなら、取ってみてよ!」(綾乃)

 

「苦しくて……楽しくなって来た!!」(綾乃)

 

「昨日、何のためにバドミントをやってきたのって聞いたけど、今は私も、バドミントンが好き!」
「私、まだここにいる。ここが私の、スタートラインだから!」(綾乃)

 

「だって。なぎさちゃんと、早く打ちたいんだもん!」(綾乃)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
はねバド! 全16巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました