「ゼロから始める魔法の書」の名言・台詞まとめ

アニメ「ゼロから始める魔法の書」の名言・台詞をまとめていきます。

ゼロから始める魔法の書

1話

「スープより重大な問題が……あるようだな」(ゼロ)

 

「魔女が獣堕ちを襲うのに理由もクソもあるかよ!」(獣の傭兵)

 

「いかにも……我輩は魔女である。無意味より意味を見出し、無より有をを生み出す……泥闇の魔女」(ゼロ)

 

「毛皮の下に隠れた人間の顔も、我輩は嫌いじゃないぞ」(ゼロ)

 

「獣降ろしの呪術返りを見破れずして、魔女は名乗れない」(ゼロ)

 

「(目的は)探しものだ、本を盗まれた」
「世に2つとない貴重なものでな。悪用されるとまずいことになる」
「世界が滅ぶ」(ゼロ)

 

「我輩は、君を決して殺さない。護衛の後、君を人間の姿に戻す」(ゼロ)

 

「どこを怖がれというのだ? みごとな毛並み、鋭い眼(まなこ)、その口元は笑みにも似て愛らしい」(ゼロ)

 

「(名前には)興味が無い」
「我輩が名で呼ぶのは、下僕のみだ。傭兵は傭兵でいい」(ゼロ)

 

「我輩を襲っておいて、食われずに済むとは……運のいい肉の塊め」(ゼロ)

 

「なめるな、わっぱ。それは我輩の魔法だ。我輩の知恵であり、我輩の力だ。それを我輩に振るうなど……片腹痛い!」(ゼロ)

 

「言霊と贄をもって、召喚なくして悪魔の力を行使するその技術は、ゼロの書から始まる。我輩がそのゼロだ。その本は、我輩が書いた」(ゼロ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「人間は、都合の悪いことを全部魔女のせいにする。だから、ゼロの魔術師団が立ち上がったんだ!」(アルバス)

 

「無差別な虐殺が正当な報復ならば、無差別な魔女狩りもまた正当と言えるだろう」(ゼロ)

 

「我輩は嬉しいのだ、傭兵。こうして君と話すことが、どうしようもなく楽しい」(ゼロ)

 

3話

「やはり君はいい男だな」
「これは価値があるのだろ? 我輩は俗世にうとい。いくらでも理由を付けて、取り上げられたものを」(ゼロ)

 

「我輩、不愉快だ」(ゼロ)

 

「我輩の傭兵が、負ける訳がない!」(ゼロ)

 

「お前は人間相手じゃ負け無しだろうが……だが、獣堕ち相手の戦いはまだまだだ」(傭兵)

 

「魔女狩りで焼かれた人間は多い。そして、今後も無くならないだろう。魔女を魔女と見分けるのは、魔女にしか出来ないことだからな」(ゼロ)

 

4話

「獣堕ちには近づくなって教えてやってんだよ。ガキの頃から化け物扱いされて、化け物じみた性格になっちまう奴は多いからな」(傭兵)

「人が化け物を作る、か……」(ゼロ)

 

「もしも君が人で無いなら、我輩は世界が人でなしであふれるようにと願う」(ゼロ)

 

「我輩は穴蔵で生まれ、穴蔵で育った。外へ出たのはここ最近だ」
「本の海に引きこもり、研究にだけ心血を注げば、俗世にはうとくなるものだな」(ゼロ)

 

「君は、我輩1人では知り得なかったことをもたらしてくれるな」
「我輩は、君に会えてよかったと思う」(ゼロ)

 

「僕が憎いのは、全ての魔女が悪だっていう考え方だよ」(アルバス)

 

「我輩が(魔法の)修行をつけてやる。そうすれば、ずっと君といる理由も出来るしな」
「だから、そうだと言ったのだ。我輩、君といると楽しい」(ゼロ)

5話

「魔法は……こういう使い方も出来るのだな……」(ゼロ)

 

「わっぱよ、魔女は常に自分に良い結果を求めて動くものだ。仲間を殺したのはその男では無い。ソーレナの最後と同じ的外れ報復で、ソーレナの名を穢したいのか?」(ゼロ)

 

「魔法で生き返らせることは出来ない」(ゼロ)

 

「現実は理論通りに進まぬものだな、ゼロの名を冠した魔術師団よ。貴様らは、反乱を起こす等という愚劣極まる行為でゼロの名を穢した」

「下等な存在は、獣と戯れるのがお似合いだ」(十三番)

 

「一度ならず二度までも……これは我輩の傭兵だと言ったはずだ。一筋の傷でも付けてみろ。貴様をバラバラにして、悪魔の供物にしてくれる!」(ゼロ)

 

「断る! 我輩は待った、しかし貴様は戻らなかった……それが結果だ!」(ゼロ)

 

6話

「自分達だけが正義だと信じているのか? だから、戦争が起こるのだ」(十三番)

 

「規律無き魔女など害悪に過ぎない。暴れる者は粛清し、従う者は統率する。秩序を取り戻さなければならない」(十三番)

 

「我輩は一言も、味方とは言っていない」(ゼロ)

 

「我輩は外に出たかった。だが、世界は魔女を悪だと言う。ならば魔女だけでなく、誰もが使える技術を生み出せば、きっと世界は魔女を求め、受け入れる……そう思ったのだ」

「だから書いた……だが、書くべきではなかった」(ゼロ)

 

「全ての魔術師にとって、自分以外の存在は利用し消費するものでしかない。お前が今生かされているのは、使い道があるからだ」

「それが無くなった時、お前はただの魔術の道具に成り下がる」(十三番)

 

「さらばだ、傭兵。それなりに楽しかった。君など、雇うのではなかった……」(ゼロ)

7話

「みんな愛想笑い浮かべて、いろんなことに目つぶって、精一杯受け流して生きてんのよ。どうにもならないことに真正面からぶつかるほど、強くないからさ」(ロシェル)

 

「そんなもんだ……そんなもんだよ……」(傭兵)

 

「貴様の許しなど……必要ない!」(ゼロ)

 

9話

「俺に考えがある」
「正面突破は立派な策だ」(傭兵)

 

10話

「獣堕ちに魔女を怖がるなってのは無理な相談で、傭兵に他人を疑うなってのは死ねってのと同じ意味だ。それでも俺は無い頭で考えてお前の所に戻って来たんだ!」(傭兵)

 

「どうして戻った? 何が望みだ? 我輩が君に何を与えられる? なんだってくれてやる!」

「だからもう……二度と我輩から離れるな……」(ゼロ)

 

「無駄だ、怒りにとらわれた貴様には何も出来ない。怒りの感情を露わにすれば、ますます精神は劣っていく」(十三番)

 

「だから現実は忌々しい。不確定要素が多すぎて、理論通りに進まない」
「誤解に、報復に、報復の報復……新たな国が生まれる過程はいつの世も醜い」(十三番)

 

「そんな食い意地の張った、慎みのかけらねえ、わがままでうぬぼれ屋で非常識な魔女なんざ、理解できる訳ねえだろうが!」(傭兵)

 

「魔女から奪い集めた魔力で、勝てると思ったか? 我輩がゼロで、貴様が十三番である理由を忘れたか?」(ゼロ)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

11話

「才能の差では無いぞ、十三番。どちらがこの技術を生み出したかの差だ」(ゼロ)

 

「我輩は稀代の魔女だ。決して自分を守る備えは忘れない」(ゼロ)

 

「誰の味方でもない、それが事実だ」(ゼロ)

 

12話

「魔女は常に、自分にとって最もよい結果を求めて動くもの。一時の感情に流されるな」(ゼロ)

 

「魔術師の寿命は長い。お前はこれから何年も、何百年も、その後悔を抱えたまま生きるんだ。それが……お前の罰だ」(ホルデム)

 

「僕はお前を許さない。でも、僕は魔女だ。お前を利用して、おばあちゃんの望まなかった戦争を終わらせる」(アルバス)

 

「我輩は決して君を殺さない。我輩を、信じてはくれまいか?」(ゼロ)

 

「では言い直そう。これは命令だ、我輩を信じろ!」(ゼロ)
「まぁ、命令なら仕方ねえ」(傭兵)

 

「なるほど。(他の街に)行って確かめると?」(傭兵)
「それが魔法を生み出した、我輩の責任であり……義務だ」(ゼロ)

 

「我輩は、君が獣の戦士でよかったと思う。君は魔女が嫌いだから、我輩の美しさにも惑わされない。とても苦しいが、驚くほどに心地いい」(ゼロ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ゼロから始める魔法の書 全11巻セット (ノベル)

 

→魔法使い黎明期

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました