「うちのメイドがウザすぎる!」の名言・台詞まとめ

アニメ「うちのメイドがウザすぎる!」の名言・台詞をまとめていきます。

うちのメイドがウザすぎる!

1話

「はい! 白人美幼女に私の作ったフリフリのお洋服をとっかえひっかえ着替えさせて、キャッキャッウフフする求人はありますか!?」(鴨居つばめ)

 

「あの雪の妖精は、やはり冬の日の幻だったのか? それともただの臨死体験だったのか……」(つばめ)

 

「いい……いいね……いいよ、家政婦いい!」(つばめ)

 

「帰れ! この家に家政婦なんかいらない!」(高梨ミーシャ)

 

「全然大丈夫ですよ」
「模擬戦闘では泥水をすすってましたから、これくらい」

「はっ! 鴨居つばめ、元・一等空曹であります!」
「なお、現在は無職です!」(つばめ)

 

「最悪……あんな奴、絶対追い出してやるんだから」(ミーシャ)

 

「これ(メイド服)は私の戦闘服です!」
「後ろめたいことがない以上、堂々としてればいいんです!」(つばめ)

 

「あの女が来た、今までの家政婦たちとは訳が違う。行動パターンを把握して対策を立てなくては。しかし、奴に近づいたら最後……」(ミーシャ)

 

「勝てない、強敵すぎる……ダメだ! 私がこの家を守らなくちゃ!」
「やっぱり楽に抹殺する方法は無いか……」(ミーシャ)

 

「あの女は嫌いだが……カレーに罪はない!」(ミーシャ)

 

「なんなのお前!? なんでそんなに私に構うの!?」(ミーシャ)
「かわいいです、仲良くなりたいです、そういうことです」(つばめ)

 

「第二次成長前って生殖能力がない時点で、もうほぼ妖精じゃないですか?」(つばめ)

 

「はい! 近所の人には汚物を見るような目で見られました」(つばめ)

 

「あーもう! このバカメイド、うざすぎるぅぅぅーーー!!!」(ミーシャ)

 

2話

「はっ!? また呼吸をするように筋トレを!」(つばめ)

 

「お前が……お前なんかがママな訳ないだろ!?」(ミーシャ)
「それはそうですよ。お嬢様のこの白金の髪も、緑の瞳も、白い肌も、純粋なロシア美幼女だからこその奇跡!」(つばめ)

 

「(料理)思ったよりも簡単なんだな。ちょっと楽しい」(ミーシャ)

 

「美味しいですか?」
「私とお嬢様の愛の共同作業で出来たお料理は美味しいですか?」(つばめ)

 

「ウェイ勢はキャンプで何してんの? ていうか、キャンプの何が楽しいの? ご飯作ったり食べたりは、ちょっと楽しかったけど……」(ミーシャ)

 

「ママ……窓から見るより星がいっぱい……でも、ママがどこだか分かんないよ……」(ミーシャ)

 

3話

「今日もキモいな」(ミーシャ)

 

「なるほど……お任せ下さい」
「私がお嬢様と一緒に学校に通い、奇異の目を全て引き受けます!」(つばめ)

 

「学校のみんなはダメだ……」
「私の外見しか見ないから」(ミーシャ)

 

「残念ですがそういうものなんです。見たことないもの、かわいいもの、興味を引かれるもの……」

「悪気がなければ尚更です」
「お嬢様。仲良くなる前は外見で判断するしかありません。内面を知ってもらうには時間がかかります」(つばめ)

 

「そうか、私は……見た目以外を知ってもらう前に逃げちゃったんだ」(ミーシャ)

 

「好きな人のことを詳しく知りたいと思うのは、当然の感情では?」(つばめ)

 

「こんなうざキモい奴に日中ずっと粘着されるくらいなら、学校に行った方がマシ!」(ミーシャ)

 

「今日から私は学校に行く。つまり、この家をあの女に明け渡すことになる。しかし、これは敗北ではない。今は力をたくわえる時なのだ!」(ミーシャ)

 

「簡単に決めないで!」
「適当に(ハムスター)飼って死んじゃったら、すごく悲しいから……」(ミーシャ)

4話

「あなた達がどれほど束になろうとも、ものの数にも入りませんから」(つばめ)

 

「あいつのおかげでいたれりつくせりだけど……あいつのせいで心が全く休まらない」(ミーシャ)

 

「いい天気だ……ゲームしよ」(ミーシャ)

 

「あのね! 私の現状維持は、お前を抜いた上での平穏な生活のことなの!」(ミーシャ)

 

「達成困難なミッションこそ、攻略しがいがあるというもの。振り向かせてみせます、必ず!」(つばめ)

 

「へぇ!? クラスメイトがうちに遊びに来る! なにそのリア充イベント!」(ミーシャ)

 

「忘れていた! いや、心の安寧のため忘れるようにしていた、こいつの存在を!」(ミーシャ)

 

「お嬢様に関するデータ収集も私の趣味……もとい仕事です。ライバル……もといご学友の顔と名前は暗記済みですよ。届け、この思い!」(つばめ)

 

「幼女と幼女のキャッキャウフフ……尊い……尊い……」(つばめ)

 

5話

「高梨さん今日もかわいすぎて一瞬言葉が出なかった!」(クラスメイトA)
「本物の美少女を前にすると人間ってこうなるんだ!」(クラスメイトB)

 

「けど、おしゃれは根性と忍耐っしょ!」(森川ゆい)

 

「せっかくの、友達と休日ショッピングというリア充イベントなのに……邪魔されたくない!」(ミーシャ)

 

「恥ずかしくない!? そんな0.2秒でバレる変装!」(ミーシャ)

 

「私にもフリルの数だけ攻撃力が上がると思っていた時期がありました。しかしおしゃれに必要なのは、引き算なのです」(つばめ)

 

「そもそも幼女は愛でるもの。執拗に迫るなど言語道断です!」(つばめ)

6話

「出たな、世界中の女のロリコンを煮詰めて生まれた妖怪」(ミーシャ)

 

「私が一生涯お仕えするのは、お嬢様ただお1人と心に決めています!」(つばめ)
「決めるなよ!」(ミーシャ)

 

「私はゴミだからゴミ捨て場にいるのだ。なんの不思議が?」(鵜飼みどり)

 

「愚問だな。あんな世界中の女性の魅力を煮詰めて生まれたビーナスを、好きにならない者などいるのか?」(みどり)

「私とは違う価値観の星の人」(ミーシャ)

 

7話

「なんだよ! あいつがいなくなってせいせいするはずなのに……なんかすごくモヤモヤする。私が悪いみたいになってるし……」

「私だってあいつに嫌なことされたんだし、おあいこだ!」(ミーシャ)

 

「私を拒絶したのはミーシャさんです」
「私はあなたの人生に必要の無い人間だった、それだけのこと」(つばめ)

 

「必要ないなんて、そこまでは……お前がいて助かったことも、ちょっとだけ……ちょっとだけある……たとえば……ごはん、とか……」

「首にしたこと謝るから、頼むから、またごはんとおやつを作って欲しい!」(ミーシャ)
「撮影完了! 言質取りました!」(つばめ)

 

「お前は嫌いだけど……お前のごはんは、好きなの!」(ミーシャ)
「いつの世も、胃をつかむことこそ……最強の兵法」(つばめ)

 

「お前の圧で起きるより、自力で起きる方が爽快なことに気づいた」(ミーシャ)

 

8話

「電池が切れたようにおやすみに……かわいすぎますね!」(つばめ)

 

「(就職先は)なるべくきつくて理不尽に怒られて、誰からも感謝されず、労働時間と内容に見合わない低賃金の所がいい」(みどり)

 

9話

「お前用の遠慮など、この世に存在しない」(ミーシャ)

 

「本当にお嬢様は一人ぼっちですか?」
「必ず見つかります等と、無責任なことは言いません。でも、ここでお嬢様が諦めてしまったら、絶対に後悔します。だから、全力で探しましょう!」(つばめ)

 

「寒さに負けて無様に着ぶくれするとか、おしゃれ道からしたらあり得ないっしょ。寒さは根性でなんとかなる!」(ゆい)

 

10話

「下手に情報をもらせば、追いかけて来る可能性がある」
「ヤスヒロはあの女の執念を知らない」(ミーシャ)

 

「こいつはウザいが、カピバラ温泉には入りたい!」(ミーシャ)

 

「まさかこの状況で拒絶されるとは? 想像と違いますね」(つばめ)
「お前なんて年中無休で拒絶だ!」(ミーシャ)

 

11話

「そして今日は……わしわしとお泊り会だぁ!」
「お泊り会……英語で言えばパジャマパーティー、多分。リア充の中のリア充にのみ許された伝説に、ついに私は手を届かせた」(ミーシャ)

 

「私は常にお嬢様のおそばに控えております。そう、おはようからおはようまで」(つばめ)

 

「お前の存在自体そのものが恥だよ」(ミーシャ)

 

「もう余計なことはするな!」
「いつも通り美味いごはんとおやつを作ってくれれば、それだけでわしわしも私も充分なんだから……」(ミーシャ)

 

「大昔、偉い人はこう言った。明日やれることは明日やればいいと……」(ミーシャ)

 

「これ、何も考えずにノリと勢いで行動してフリーズするやつだ」(ミーシャ)
「森川さん、本当に脊髄だけで生きてるのかも?」(鷲崎みみか、愛称:わしわし)

 

「そこの2人! 弟達で鍛えられた本当の枕投げを教えてあげる!」(わしわし)

 

「幼女とは、その場にいなくとも尊べるものです。そう、あえて目にしないことで想像の翼が広がることも……」(つばめ)

 

12話

「それが真実であろうとも、頭に血がのぼっている状態では冷静に受け取れん。今は鴨居の気持ちを汲んでやってくれ」

「一時の激情でお前達の友情にヒビが入らないよう、あえて泥をかぶったあいつの心意気を無駄にするなということだ」(みどり)

 

「聡明なるお嬢様であれば、既にお気づきであることと思いますが……それでもあえて申し上げます。そこにお嬢様のお母様はいません!」(つばめ)

 

「微塵もブレない二尉に、今日に限っては何故か謎の安心感があります」(つばめ)

 

「それに、ちゃんと分かってるから」
「あいつは私を怒らせることはあっても、傷付けるようなことだけは絶対しない。ウザくて変態だけど」(ミーシャ)

 

「ならばなぜ逃げようとする?」
「お前のミーシャへの愛はその程度のものなのか!?」

「小賢しい理屈で自分を守ろうとするな! お前にとって自分よりも……世界の何よりも大事なものは一体なんだ!?」(みどり)

 

「そんなもの言われるまでもありません。私は誓ったのですから……いつの日かお嬢様が○○を迎えたとしても、一生お仕えしようと」(つばめ)

 

「違う、そんなことで私は怒ってなんかない。だって……この部屋にママがいないことくらい、もう分かってるんだ」

「誰かがこの部屋に入ったって知った時、私は……なんとも思わなかったんだ……」
「ショックだった……大事な場所に誰かが入ってしまったのに、自分が何も思わなかったことが……」

「ママのことも忘れて、毎日楽しく笑ってるんじゃないかってことが! そうしたら、そんな自分が嫌で嫌でしょうがなく思えて……」

「だから、誰も悪くない! わしわしも、森川さんも、お前も! 全部全部、私のただの八つ当たりだ!」(ミーシャ)

 

「なんだよ……お前、見つけるどころか、無くしてばっかりじゃないか……」(ミーシャ)
「いいえ、お嬢様。私もちゃんと見つけましたよ、光を」(つばめ)

 

「愛に理屈はいりません!」(つばめ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
うちのメイドがウザすぎる! 1巻 (Kindle)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました