「劇場版SHIROBAKO(シロバコ)」の名言・台詞まとめ

アニメ「劇場版SHIROBAKO(シロバコ)」の名言・台詞をまとめていきます。

劇場版SHIROBAKO

「(見極めは)必要だけど、知ってて忘れるのと、知らないで適当にやるのとでは違うでしょ」(藤堂美沙)

 

「私、頑張る時に頑張らなくてどうすんだって思ってるんですけど、そこまで頑張らなくてもって思われてる気がして……」(美沙)

 

「適当にやるとか出来ないっすよね。いつ仕事が無くなるか分かんないし」(今井みどり)

 

「悪名は無名に勝るっていうよ、ドンマイ」(美沙)

 

「やりたいことがあるなら、とにかくなんかジタバタしないとな。そうしないことにはなんにも始まらないし何も変わらない」(平岡大輔)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「好きだから、で作るのは尊いことだ。だけどそれだけじゃダメだ。自分は何を作りたいのか、作ることでどうしたいのか、それが無いと遅かれ早かれ挫折する」(丸川正人)

 

「僕は宮森さんたちには自信と自負を持ってアニメを作って欲しい。熱意と愛情と野心に満ちた、自分を成長させ見る者を楽しませる、そんなアニメを」

「今を生きる君達が未踏の大地に足を踏み出し、その姿を見せることで更に若い人々の道標になるような、そんな作品を僕は期待している」(丸川)

 

「立ち止まって後ろを振り返っている場合じゃない。前に前に君達は進まなきゃ」(丸川)

 

「仕事って、してもしても、頑張れば頑張るほど虚しいだけだよね……」(木下誠一)

 

「なんでって……一回死んだ『タイマス』が生まれ変わって日の目を見るんだよ。断る理由が無いんだけど」(舞茸しめじ)

 

「わたくしは現在、原画以外のお仕事は受けていないのです」

「わたくしの考えるアニメーターの本分は動かすことだからです。今動かす力を高めておかないと、この先10年先20年先に後悔するのが分かっています。だから専念したいのです」(小笠原綸子)

 

「しずかは自分の決定に責任を持たなきゃいけないってこと、失敗も成功もね。その自信と覚悟があるならやんなさい」(縦尾まり)

 

「師匠じゃない、商売敵だよ」(舞茸)

 

「チヤホヤされてるうちはまだまだひよっこ、炎上してからが本番だよ」(木下)

 

「木下さんからアニメ取ったら、ただの唐揚げもどきですよ」(矢野エリカ)

 

「大丈夫です。追い詰められて、にっちもさっちも行かなくなってからが本番です。知ってますよ私、監督はやれば出来る子だって」(矢野)

 

「そうか! 奇跡が起きるのを待ってても無駄なんだ。奇跡は起こす、起こせる! 自分の知恵と勇気と努力と血と汗と涙で勝ち取るんだ!」(木下)

 

「絵を描くって理屈じゃないんだね、本能なんだ。楽しい、嬉しい、僕がこんなことをしているのは、子供らにそれを教えてもらうためかもしれないな」(杉江茂)

 

「枠や限界を決めるのはよくないね」(舞茸)

 

「プロデューサーにとって一番肝心なことは、作品を完成させること。そしてそれを、お客さんに見てもらうことだ」(ロロ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
劇場版SHIROBAKO [Blu-ray]

 

→SHIROBAKO

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました