「暗殺教室」殺せんせーの名言・台詞まとめ

アニメ「暗殺教室」殺せんせーの名言・台詞をまとめていきます。

暗殺教室

1話

「数に頼る戦術は、個々の思考を疎かにする」
「一人ひとりが単純すぎます。もっと工夫しましょう」

 

「ただし、寺坂くん達は渚くんを、渚くんは自分を大切にしなかった。そんな生徒に暗殺する資格はありません」

 

2話

「才能の種類は一つじゃない。君の才能に合った暗殺を探して下さい」

 

「私は地球を滅ぼしますが、その前に君達の先生です。君達と真剣に向き合うことは、地球の終わりより重要なのです」

 

「でもね、笑顔が少々わざとらしい。油断させるには足りませんね」

 

3話

「業くん。先生はね、手入れをするのです。錆びてしまった暗殺者の刃を」

 

「ちなみに、見捨てるという選択肢は先生には無い。いつでも信じて飛び降りて下さい」

 

「健康的で爽やかな殺意。もう手入れの必要は無さそうですね」

 

4話

「罠にかかったふりをすれば簡単に暗殺者をあぶり出せます」
「ようするにあなたは、プロとして暗殺の常識にとらわれすぎだ。私の生徒達の方が、よほど柔軟で手強い暗殺をしますよ」

 

5話

「君の理科の才能は、将来みんなの役に立てられます。それを多くの人に分かりやすく伝えるために、毒を渡す国語力も鍛えて下さい」

 

「あの程度の生徒に屈しはしませんよ。私を暗殺しようとする生徒達はね」

 

6話

「自信を持てる次の手があるから、自信に満ちた暗殺者になれる。対して君達はどうでしょう。俺達には暗殺があるからいいやと考えて、勉強の目標を低くしている」

「それは、劣等感の原因から目をそむけているだけです」

 

「第二の刃を持たざる者は……暗殺者の資格なし!!」

 

7話

「蝿が止まるようなスピードと汚い手でうちの生徒に触るなど、ふざけるんじゃない!」

 

「学校や肩書など関係ない。清流に住もうが、ドブ川に住もうが、前に泳げば、魚は美しく育つのです」

 

8話

「人を知り、地を知り、空気を知る。暗殺を通して得たものは、生徒を豊かに彩るでしょう」

 

9話

「暗殺における協調の大切さが理解できたと思います」

 

10話

「経験が有ろうが無かろうが、結局は殺せた者が優れた殺し屋なんですから」

 

11話

「でもね、先生の方がちょっとだけ老獪です」

 

「性能計算では簡単に測れないもの、それは経験の差です。君より少しだけ長く生き、少しだけ知識が多い。先生が先生になったのはね、それを君達に伝えたいからです」

 

「先生の中の大事な答えを探すなら、君達は、暗殺で聞くしかないのです」

 

13話

「いいや。あなたの家族じゃない、私の生徒です!」

 

「迷わぬ教師などいない。本当に自分はベストの答えを教えているのか、内心はさんざん迷いながら、生徒の前では毅然として教えなくてはいけない。決して迷いを悟られぬよう、堂々とね」

「だからこそ格好いいんです、先生って職業は」

 

15話

「暗殺者なら、狙ってトップを取るのです」

 

16話

「大きな才能は、負ける悔しさを早めに知れば大きく伸びます」

 

「テストとは、勝敗の意味を、強弱の意味を正しく教えるチャンスなのです」

 

17話

「君達の、知恵と工夫と本気の努力。それを見るのが先生の何よりの楽しみです。全力の暗殺を期待しています」

 

18話

「ですが、君達は誇ってよい。世界中の軍隊でも、先生をここまで追い込めなかった。ひとえに、皆さんの計画の素晴らしさです」

 

19話

「見ての通り、彼らはただの生徒では無い。あなたの元には、15人の特殊部隊がいるのですよ」

 

「先生と生徒は馴れ合いではありません」

 

20話

「敗者だって自分と同じ、いろいろ考えて生きている人間なんだと。それに気づいた者は必然的に、勝負の場で相手のことを見くびらないようになる」

 

「敵に対し、敬意をもって警戒できる人。戦場ではそういう人を、隙がないと言うのです」

 

21話

「君達の横には、同じ経験を持つ仲間がいる。安心して引き金を引きなさい」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
暗殺教室 全21巻セット (コミック)

 

→暗殺教室

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました