「大正オトメ御伽話」の名言・台詞まとめ

アニメ「大正オトメ御伽話」の名言・台詞をまとめていきます。

大正オトメ御伽話

1話

「わたくし、名を夕月と申します。珠彦様のお嫁さんになるために、まかりこしました」(立花夕月)

 

「お背中流します」(夕月)
「構わないでくれたまえ!」(志磨珠彦)
「構います」(夕月)

 

「笑うとそんなお顔になるのですね」
「珠彦様に笑顔になっていただけて、私この髪のこと少し好きになれました」(夕月)

 

「たとえどんなお方で、どんなご事情があろうと、私は精一杯添い遂げるだけ。だって、私の大切なご主人様ですもの」(夕月)

 

「私も一緒に、夜ふかししてもよろしいですか?」(夕月)

 

「珠彦様、一緒に寝てもよいですか?」
「2人で初めてのお正月ですし、今夜くらいは、新年の朝を2人で迎えましょうよ」(夕月)

 

「一緒のお布団がよかったですか?」
「ダメですよ、私なんて初恋だってまだの乙女ですよ。そういうのは、結婚するまでお預けです。でも、必ず珠彦様に捧げますからね」(夕月)

 

「私は……そばにいて、いろいろな珠彦様を見たい、好きになりたい、そう思っております」(夕月)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「何がおかしいのですか!? ひとっつも、笑えませんよ!」(夕月)

 

「口にするだけで泣きたくなるくらいつらい言葉なら、言ってはいけません。ひどいことを言われて、ただでさえ傷ついたのに、なにゆえご自分で傷を増やすのですか!?」(夕月)

 

「でも、いいんです。今はもう、珠彦様が買って下さったこれで、頭がいっぱい」

「いつかこれは、恋人が初めて買ってくれた物になり、それから夫が初めて買ってくれた物になり、私の人生の中で、価値のあるものになっていく」

「いつか娘や孫にあげる日が来るのですかね?」(夕月)

 

「だって、前向きに考えた方が、心が楽ですもの」(夕月)

 

3話

「本当に、今この瞬間の世界そのものが、御伽話のようだ」(珠彦)

 

「いえ、ちっとも(嫌じゃない)。してさしあげたいなって思ったら、この体が動いてしまうんです。それだけですよ」(夕月)

 

「うん美味い、なんだか暖かい味だ」(珠彦)
「分かりますか? 想いがたくさんこもってますからね、な~んて」(夕月)

 

4話

「君一人くらい、(片手でも)支えられるさ」(珠彦)

 

「そんなことしたら、珠彦様がまた1人になってしまうじゃないですか!」(夕月)

 

「心強い味方がいれば、変わってもいいのだと思える日が来るから」(夕月の母)

 

「帰りません。私が何があっても、珠彦様のおそばにおります。私のことなら大丈夫、私はそんなにやわな女子(おなご)ではありません」(夕月)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

5話

「そりゃ、羅刹の一族と呼ばれる志磨の人間の私が、人のために働くなど、出来ないやもしれません。それでも……私は、人を助ける側の人間になりたい」(志磨珠子)

 

「こんな風に、珠彦様とお買い物が出来るのは、東京に行った時以来だなと思ったら嬉しくて!」(夕月)

 

「だって、今日は珠彦様のお誕生日ですもの」
「夫婦になる者なら、そのくらい分かっていて当然です!」(夕月)

 

「おめでとう……生まれて初めて言われたその言葉に、なぜか昔の自分まで救われたような気がした」(珠彦)

 

6話

「桔梗の花言葉は、変わらぬ愛なのだろ?」
「それなら、どんな形になっても、込められている想いは絶対に変わらない」(珠彦)

 

「一番許せないのは、あんなキレイな人と仲良くなったことです」
「もう私という者がありながら、困った人です」(夕月)

 

「ご存知ですか、珠彦様。桔梗には、誠実という花言葉もあるんですよ。珠彦様の、お人柄そのものでではございませんか」(夕月)

 

7話

「今は、結婚なんてとても出来ない。でも、いつか……」(珠彦)

 

「この一年、苦労だと思ったことはありませんよ。それどころか、珠彦様のおそばにいるだけで、幸せになっちゃっているんです。しかも毎日ですよ」

「だから私は、珠彦様と一緒にいたいです」(夕月)

 

「相変わらず自信は全く無い。でも……」
「寒い冬の後に春が訪れるように、少しずつ変わっって行きたい。そしていつか、君を守れる男になる」(珠彦)

 

8話

「これから(嘘を)本当のことにしたらええことや。ほんなら嘘ついたことにならへん」
「嘘はようないけど、ついた理由は立派やと思う」(白鳥策)

 

9話

「音楽やったら、白鳥ことりが詩や曲に姿を変えて、たくさんの人を励ますことが出来るんや。音楽なら、悩んでる誰かの所へ飛んで行ける」

「泣いてた誰かを笑顔に出来る、自信の無い誰かを勇気付けられる」(白鳥ことり)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
大正処女御伽話 全5巻 セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました